こんにちは!オーリーです。

FXをこれから始めようという初心者の方にとって、リオット波動】という言葉を、少なからず耳にしたことがあるのではないでしょうか?

海外ではメジャーなエリオット波動はラルフ・ネルソン・エリオットが編み出した相場の理論で、単に相場の値動きだけではなく数年、数百年、数千年単位でみたサイクルをみていきます。

難しく感じがちなこのエリオット波動について、大切なポイントをわかりやすく解説していきますので、ぜひご活用ください!

 

エリオット波動とは何か

エリオット波動というのは一言でいうと

「相場にはサイクルがあり、値動きには一定のサイクルがある」という考えがあります。

 

このサイクルのパターンというのはいくつかありますが、まずは基本的な形から最初に図を見ていきましょう。

 

 

まず、上の図を見ると

1波・2波・3波・4波・5波5つの波で構成されているのがわかると思います。

次に、a波・b波・c波3つの波で構成されています。

 

この1波・2波・3波・4波・5波の5つの波を推進波」

a波・b波・c波「修正波」と呼びます。

 

つまり・・・

上昇相場では上がって、下がって、上がって、下がってという5つの連続した波動となり、
そのあと下がって上がって下がるという3つの波動が修正波として調整相場が続くとされてます。

エリオット波動『各波の特徴』

次に先ほどお話した推進波について、各波に特徴がありますのでそちらを解説していきたいと思います。

エリオット波動で『現在地が、今どの波となっているのか?』を理解するために知っておくといいですよ!

推進波とは

推進波とは、先程説明した通り1波・2波・3波・4波・5波5つの波から構成されます。

全体的な形はW字やM字になるのが特徴です。

 

 

修正波とは

3波形成といえば、上述で説明した「修正波」a波・b波・c波ですね!

全体的な形はN字や逆N字になるのが特徴です。

 

 

1~5波の特徴

▪第1波・・・

1波の初動はトレンド形成にあたって基準となる波となります。

比較的じわじわとした動きで少しずつ方向性をしめしてきます。

トレンドとは
トレンドとは、相場の方向性を見るのに使用する用語で、価格を切り上げていきながら上昇していく相場を上昇トレンド。
安値を切り下げながら下落していく相場を下降トレンドといいます。

 

 

▪第2波・・・

第2波の特徴としては1波の大半を打ち消す反対方向のかなり強い戻りとなることが多く、売買も徐々に収束していきます。

 

▪第3波・・・

そして、3波は基本的には強い上昇となり5つの波のなかでも値動きが一番長くなりやすくなります。

 

▪第4波・・・

4波目となると乱効果が続いたりと複雑な展開となることが多く持ち合いになりやすい特性があります。

 

▪第5波・・・

5波目はかなりの勢いで上昇し、バブル的な急騰となることが多くなります。

 

各波をどのように見ていくのか

ここまで理解できたらあとはスムーズですね!

まず、このように「既に5波形成がある」と分かれば初心者の方でも「これは推進波だ!」とわかります⏬

 

 

しかし、実際のチャートは下図のように5波形成の「3波目」までしか出てきていない状態で見ていく場合が多いです。

 

3波形成といえば、上述で説明した「修正波」のa波・b波・c波ですね!

つまり、この3波目までしか出てきていない状態から次の動きとして考えられるのは

・4波→5波が来る

・新たな1波が来て、推進波を形成する。

このどちらかになります!

 

 

実はオーリーも3波までしか出てきていないときは正直どっちに動くかわからないです笑

では、この推進波5波においてどこが重要になるのかというと「5波目」になります!

ポイント!
3波目が来て4波目が来た次に5波目が来るということは「次は高確率でa波が来てトレンド転換する」ということになります。

なので、初心者の方や、チャートを見る時間を取りにくいサラリーマンの方にとっては

この「5波」だけ重点的に見ていけば高確率でトレンド転換で狙うことができるわけですね!

 

修正波は狙わないが吉!

先程修正波a波・b波・c波について説明しましたが、ここで3波動目を狙っていくと考えていきましょう。

この状態では1波はa波、2波はb波、3波はc波の可能性もあります。

 

つまり・・・

3波目(c波目)を狙っていくということは次に1波として5波形成推進波が始まるのか、4波と来て5波目が来るか不確実というわけです。

 

初心者がこの3波で「上がるだろう(下がるだろう)」と狙って大損を喰らいがちなので、億トレーダーはこの修正波は狙わない!というわけです。

エリオット波動はフラクタル構造になっている!

先程まで、推進波は1波・2波・3波・4波・5波

修正波はa波・b波・c波になっていると解説しましたね。

では、次にこの波を更に細分化していきましょう!!

 

この時点で頭が混乱してきた方もいると思いますが・・・

 

実は1波・3波・5波a波・c波の中は5波形成(推進波)

2波・4波・b波3波形成(修正波)となっております。

 

このように、ある形を細分化して拡大すると同じ構造が繰り返し現れる形を「フラクタル構造」と呼びます。

 

この「フラクタル構造」を活用することで、拡大すれば月足の転換、拡大すれば1分足でも推進波と修正波で構成されていることがわかります。

ポイント!
つまり、上述で説明した「5波を重点的に狙う」ことができればスキャルピング・デイトレード・スイングトレードすべてに通用し、 更にFXや株、商品先物、仮想通貨どれにも通用するというわけですね!

 

ぜひ、これからは推進波の5波目を重点的に見ていきながらトレードしていきましょうね!

 

↓こちらの動画でも分かりやすく解説↓

【エリオット波動】FX株で億り人計画!ついにナスダック売り増しチャンス到来か!?【NASDAQ Crash】

ぜひ参考に見ていただけると嬉しいです!

 

 

億トレーダーが相場を実況中継!

日々チャンスを配信していますので、

ぜひ友達追加よろしくお願いします♫

↓↓オーリーchLINE@ 友達追加↓↓

友だち追加

おすすめの記事