【オーリーch公式ブログ】

こんにちは、オーリーです!

 

今日はチャートの基礎知識とも言えるロウソク足について解説していきたいと思います。

 

チャートを初めてみる初心者の方は、ロウソク足の見方もわからず複雑に感じがちですよね。

 

ロウソク足は値動きを読んだり、トレーダーの心理が組み込まれているのでどういった仕組みになっているのかを知ることはとても重要です。

 

ロウソク足をしっかり理解して、あなたもチャートマスターになりましょう♪

 

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

 ローソク足とは

それでは、まず「ローソク足とは何か?」をみていきましょう。

 

FX株式投資などで取引ツールを見てみると、こういった図を見ませんか?

 

こちらが実際にチャートでみたロウソク足です!

 

このチャートを見ていくと、緑の線や白い色のものが表示されていると思います。

 

これを基本的に縦の水準が通貨の価格を表しています!

 

そしてこの上下の動きと横に表示されているレートを見て為替の価格を見ていきます

 

オーリー
高いところにきたら売って、安いところで買ってという考えが取引に必要になりますがこの部分を見て判断するわけですね!

 

そして、次に横軸を見ていきましょう!

 

こちらは時間足を表しています!細かいところは後ほど説明しますが、ロウソク足1本単位で時間を計ることができます

 

表示設定にもよりますが、例えば1分足の設定でこのチャートを見ていくとなると、ロウソク足1本で1分という意味になります。

 

一本のローソク足にある価格の情報とは?

次に、一本のローソク足がどのようになっているのかをみていきましょう♪

 

ここでは日足(ひあし)といって、丸一日かけて作られるローソク足を例に説明します。

 

それでは以下の図をご覧ください。

図に書かれているように、ローソク足は、“始値・終値・高値・安値”の四つの価格情報でできています。

始値(はじめね):その日の最初に取引された価格。
終値(おわりね):その日の最後に取引された価格。
高値(たかね):その日取引された中でもっとも高い価格。
安値(やすね):その日取引された中でもっとも安い価格。

 

“始値・終値・高値・安値”は、必ず覚えちゃいましょう♪

 

一本一本のローソク足は、必ず、この4つの価格情報を含んでいます。

 

これだけだと、ピンと来ないと思いますので一つずつ掘り下げて見ていきましょう!

相場は一日の中で必ず“始値・終値・高値・安値”をつける

相場(為替レートの時価《価格》)は、止まることなく上へ下へと動き続けています

 

相場が動き続けるということは、一日のなかで、その日が始まったときの価格(始値)もっとも高い価格(高値)もっとも安い価格(安値)その日が終わったときの価格(終値)の四つの価格が必ず存在するということです。

 

こちらを見てみてください!

 

 

この一日が始まったときの価格が“始値”となります。

 

そして、相場は一日の中で上下に動き、18時に、この日一番高い価格(“高値”)をつけました。

 

24時を過ぎたあたりでこの一日の中で、もっとも安い価格(“安値”)をつけました。

 

最後に、一日の終わりの価格(“終値”)をつけて、この日の市場は閉じました。

 

オーリー
このように日足(一日の価格情報を示すローソク足)は、その一日のなかの“始値・終値・高値・安値”の情報を、一本のロウソクで判断できることになります!

 

下図をご覧ください。

オーリー
それぞれ、高値、安値、始値、終値が1本のロウソク足で形成されます!

 

また、始値終値価格水準で、ローソク足の“実体”がつくられます。そして、実体高値の差が“上ヒゲ”を、実体安値の差が“下ヒゲ”をつくります。

 

さて、あらためて以下の三つの言葉にご注目ください。

  • 実体
  • 上ヒゲ
  • 下ひげ

 

次にこの3つについて解説していきます!

実体とは

ローソク足の太いバーの部分を“実体”といいます。実体は、始値と終値の価格差をあらわしています。下図をご覧ください。

実体部分では、日足でいうと市場開始時の価格と、終了時の価格である終値が基準となって形成されます!

 

なので、この幅が広ければ広いほどその日一日の価格が始まった時と終わった時で差があるということになりますし、反対に狭い実体だとあまり変動がないとみることができます。

 

それでは、次にヒゲを見ていきます。

ヒゲとは

ヒゲを一言で表すと、高値と実体との価格差安値と実体との価格差となります。

前者を上ヒゲ、後者を下ヒゲといいます。

実体から高値のラインまで、ちょろっと伸びている細い線が“上ヒゲ”で、実体から安値の部分まで伸びている細い線が“下ヒゲ”ですね!

 

このヒゲと言われるものは、基本的に日足ならその日の中で一番の最高値が上ひげ部分の一番高いポイント、下ひげならその日もっとも最安値をつけたポイントとしてみることができます。

 

陽線と陰線について

実体について違いがそれぞれあるので掘り下げてみていきましょう!

まず、実体には2種類に分類することができます。それぞれ、陽線陰線といった言い方をしますが、この違いがこちらになります。

 

  • 陽線:終値が初値より高い価格で終わったローソク足でその日は相場が上昇したことを表します。

 

  • 陰線:終値が初音より低い価格で終わったローソク足でその日な相場が下降したことを表します。

 

このように、同じ実体ロウソク足でも違いがあるので覚えちゃいましょう♪

ローソク足は色々な時間軸を組み合わせて見る

さて、ここまでは、丸一日かけて作られる、日足(ひあし)といわれるローソク足を例にしましたが、他にも5分かけてつくられる5分足から、一週間かけてつくられる週足などさまざまな時間軸のものがあります

 

例えば、週足なら、月曜日に始値がついてから金曜日に終値がつくまでの5日間の価格で、ローソク足がつくられます。

これが、1分足なら、始値がついてから、終値がつくまでの1分間の価格で、ローソク足がつくられます。

 

このように、時間軸が変わるだけでも短期的な情報なのか、長期的な情報なのか?が変わってくるので時間足の種類についても見ていきましょう!

時間軸について

1つの時間軸のローソク足をみるだけでは、本当の意味で相場を理解することはできません。

 

どのようなトレードスタイルでも、勝つためには以下の8個の足は必ず利用するものだと考えておきましょう。

  • 月足
  • 週足
  • 4時間足
  • 1時間足
  • 30分足
  • 15分足
  • 5分足
  • 1分足

 

こちらが、主に使っていく時間足になります!

 

トレードの手法は様々ですが、時間軸をどのように考えて活用していくかはそれぞれです!

 

ただ、僕の場合は基本的にすべての時間足を見て相場を捉えていきます

 

オーリー
それぞれエントリー利食い売り増しなどのタイミングによって見ていく時間足を変えたり全体の状況を把握していくわけですね!

 

このロウソク足のプライスアクションに関して、相性のいい法則があります!

 

オーリーの手法の真髄にもあるグランビルの法則というものです!まだ、知らない方はチャートの方向感やエントリーのタイミングにも使えるのでぜひ見てみてください♪

⇒“手法公開”グランビルの法則について!

 

ということで、本日はロウソク足の見方について解説していきましたがいかがだったでしょうか?

 

基礎知識として必ず知っておいた方がいいことなので分からない方は復習して見てみてくださいね♪

 

億トレーダーが相場を実況中継!

日々チャンスを配信していますので、

ぜひ友達追加よろしくお願いします♫

↓↓オーリーchLINE@ 友達追加↓↓

友だち追加

おすすめの記事