アメリカ大統領選挙の決着後、お金が量子金融システム(QFS)に切り替わる!?

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回はアメリカ大統領選挙決着が着いた後に、お金が「量子金融システム(QFS)」に切り替わるという噂について考察していきます。

時事的な知識としても活用できるので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

NYダウが初の30,000ドル超えへ!一方で量子金融システム(QFS)に切り替わる可能性がある!?

ユウタさん
オーリーさん、こんにちは!NYダウ、ついに30,000ドル超えたらしいですよ!

ユウタさん
オーリーさんの予想が当たっててビックリしました!さすがオーリーやや神!

オーリー
ユウタさん、こんにちは!嬉しいお言葉ありがとうございます^^

オーリー
今回NYダウは大きく30,000ドルを上回り、バブルとなっております。
 

アメリカ大統領選後に株価が暴騰する予想については、こちらの記事をご覧くださいませ。

ユウタさん
てか、30,000ドル超えって初めてですよね!歴史的瞬間見れて嬉しいっす!

ユウタさん
というか、もうアメリカ大統領選挙からかなり時間経ってますが、決着着いたでしょうか?

オーリー
この前、トランプ氏陣営が不正選挙を行ったドミニオン社のサーバーという大きな証拠を掴みました。

オーリー
現在は最高裁判所での裁判に持ち込む準備をしており、並行して支配者層の大量逮捕が進んでいます。

ユウタさん
おぉおお・・・・・でも、ニュースではこんなこと報道しないですよ?

オーリー
日本のマスコミは在日や中国、その上のCIAに牛耳られているので、このような真実は報道しません。
 

マスコミが在日や中国に牛耳られていることについては、こちらの記事をご覧くださいませ。

ユウタさん
え!?そうだったんですか・・・・。

ユウタさん
あ!話変わるんですが、僕の知人が「もうすぐ量子金融システムに変わるかもしれない」と言ってきたんです。

ユウタさん
その、量子金融システムって何でしょうか!?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

量子金融システム(QFS)はブロックチェーン・量子コンピュータを使った仕組み!?

オーリー
量子金融システム(QFS)についてですが、こちらは噂レベルの話もかなり多く出回っています。

オーリー
なので鵜呑みにせず、あくまでエンターテイメントとか「ありえる可能性の1つ」として聞いていただけると嬉しいです。

ユウタさん
わかりました!

オーリー
まず、量子金融システムとは量子コンピュータとブロックチェーンを組み合わせた、新しい金融システムのことです。

ユウタさん
えぇ!?なんかいきなり難しい言葉が出てきましたよ!?

オーリー
ブロックチェーンはビットコインなど仮想通貨などでも使われている技術で、送金履歴が残ることから不正ができません。
 

ブロックチェーンについては、こちらの記事をご覧くださいませ。

→【仮想通貨とは】初心者でも分かるビットコインとは?分かりやすく簡単説明!

ユウタさん
ふむふむ。

オーリー
そして量子コンピュータというのは、従来の1か0かで処理するのではなく、1と0を重ね合わせて処理する技術が使われています。

ユウタさん
なんか一気に難しくなってきました・・・!

オーリー
「今までとは次元が違うコンピュータ」と思ってくれれば大丈夫です。

ユウタさん
わかりました!

オーリー
実はすでに、銀行ATMが量子金融システムに切り替わったという可能性もあります。

ユウタさん
えぇ!?じゃあ、もう水面下では切り替えてるってことでしょうか!?

ユウタさん
というか、まだ一般的には発表されていないですよ!?

オーリー
まだ正式に、量子金融システムになるとは世間ではまだ発表されていません。

オーリー
ただ、トランプ氏陣営が進める大量逮捕がある程度終わってから、世界緊急放送で正式に発表するという噂もあります。

ユウタさん
え!?世界緊急放送!?

オーリー
これに関しても噂レベルで情報が錯綜しているので、場合によっては量子金融システムも発表がないままこっそり切り替わる・・・ということもありえます。
 
世界緊急放送の噂については、こちらの記事をご覧くださいませ。

ユウタさん
まぁ、こればかりは神のみぞ知るってことですね。

ユウタさん
というか、量子金融システムの仕組みはざっくり理解できたんですが、そもそも金融の仕組みはどう変わるってことなんでしょうか?

オーリー
次に、これまでの金融システムについてお話していきますね。

スポンサーリンク

従来の金融システムは信用創造・利息による「搾取システム」だった!?

オーリー
ユウタさん、円は誰が発行していると思いますか?

ユウタさん
えっと、日銀ですよね?

オーリー
そうですね。日銀が日本で唯一「通貨発行権」を持っており、円を刷ってお金の流通量を決めることができます。

ユウタさん
これはしっかり理解できてます!

オーリー
しかしもう一つ、民間の銀行には信用創造という、無から預金通貨を増やせる特権があります。

ユウタさん
え!?そんなことがあるんですか!?

オーリー
例えばユウタさんが100万円をA銀行に預金するとしましょう。

ユウタさん
はいはい。

オーリー
銀行は預金者ユウタさんへの払い戻しに備えるために「支払準備率」に基づいて手元に残します。

オーリー
A銀行の支払準備率が1%とすると100万円に対して1万円支払準備金として、A銀行の手元に置きます。

ユウタさん
じゃあ、残り99万円はどうなるんですか?

オーリー
残り99万円は他の銀行に貸し出せます。

オーリー
ここでA銀行がB銀行に99万円を貸し出すと、A銀行はなんと199万円もの預金通貨を持つということになるわけです。

ユウタさん
えぇええ!?無から99万円も増えたってバグじゃないですか!

オーリー
この99万円が信用創造です。

オーリー
さらに同じ仕組みでB銀行がC銀行へ貸し出し、C銀行がD銀行へ貸し出し・・・と無限に繰り返すと、最終的に100万円は1億円に膨れ上がるわけです。
信用創造による複利
100万円 ÷ 支払い準備率 0.01(1%) = 1億円

ユウタさん
これってFXとか株で使う複利そのものじゃないですか!

オーリー
そうですね。さらに信用創造で貸し出したお金には利息もつきます。もちろん利息も複利で膨れ上がります。

オーリー
なのでごく一部の支配層が「お金を貸せば貸すほど、信用創造と利息で儲かるシステム」というわけなんです。

ユウタさん
まさか!不景気でも支配層がヘッチャラな理由って・・・・。

オーリー
ユウタさん、勘が鋭いですね!不景気になると、お金を借りる人が増えます。

オーリー
つまり、不景気を意図的に作り出せば国民は苦しんで支配層の懐が潤う、というのが真相です。

ユウタさん
うげぇ・・・・もう搾取システムじゃないですか!

オーリー
これが金融の真実です。国民は通貨発行権もなく信用創造もできないので、借金の返済と利息の支払いしか選択肢がないわけです。

ユウタさん
だから、働けど働けど豊かになれない仕組みだったんですね・・・・。

オーリー
この搾取システムはオカルトとか都市伝説でもなんでもなく、現実そのものということを理解してくださいね。

ユウタさん
認めたくないですが・・・・・これが現実なら仕方ないですね。

オーリー
ただ、これは従来の金融システムでの話であり、量子金融システムではこのような搾取システムや利息がなくなる可能性があります。

ユウタさん
ほんとですか!?

ユウタさん
でも、あまりにも現実がひどすぎて・・・そっちのショックが大きいです・・・。

オーリー
わかりました!次回、量子金融システムに切り替わるときに何が起こるのかについてお話していきますね。

ユウタさん
はい!今日もありがとうございました!

 

今回はアメリカ大統領選挙決着が着いた後に、お金が「量子金融システム(QFS)」に切り替わるという噂について考察しましたが、いかがでしたか?

時事的な知識としてもぜひ活用してくださいね!

 

無料サインツールプレゼント

 

公式LINEに友達追加すると
無料サインツール
《投機筋インジケーター》をプレゼント!

↓↓オーリーch公式LINE 友達追加↓↓

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

 


おすすめの記事