【アメリカ大統領選挙・2020】14日の選挙人投票日にトランプ氏が「戒厳令」を発動する!?

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

14日トランプ氏戒厳令発動するという情報が流れていますが、今回は14日選挙人投票スケジュール戒厳令を発動させる世論形成についてお話していきます。

テレビ新聞などが情報を流す情報戦争の中で「真実」の情報をつかむキッカケになると思うので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

14日にトランプ氏が戒厳令発動は本当なのか!?

ケンジさん
オーリーさん、こんにちは!またまた大変な情報が拡散されてますよ!

ケンジさん
なんと14日にトランプさんが戒厳令を発動するみたいなんですが、本当なんでしょうか?

オーリー
ケンジさん、こんにちは!戒厳令軍部を法律や憲法の上に置くものです。

ケンジさん
つまり、軍部がトップに立つようにするのが戒厳令ってことでしょうか?
 

戒厳令については、こちらの記事をご覧くださいませ。

 

→トランプ氏がまもなく「戒厳令」を発動へ!?世界緊急放送ももうすぐか!?

オーリー
そうですね。なので立法・司法・行政が軍部に移るので、発動されるのはかなり緊迫した状況ということになります。

ケンジさん
なるほどですね!というか14日って今日じゃないですか!?

オーリー
アメリカ時間での14日ということは、日本時間だと明日辺りになります。

ケンジさん
あ、そうでしたね。

オーリー
では、なぜ14日に戒厳令が発動されると情報が流れているのかについて、考察していきます。

ケンジさん
よろしくお願いします!

スポンサーリンク

12月14日は選挙人投票日!

オーリー
まず、14日に大統領選挙にて選挙人投票が行われます。

ケンジさん
あれ?先月の投票とは違う感じですか?

オーリー
そうですね。先月11月3日の一般投票では州毎に多く獲得した立候補者が、割り当てられた選挙人票数をまるごと獲得するものでした。

オーリー
12月14日はその結果に基づいて選挙人が投票します。

ケンジさん
じゃあ、日本時間で明日には次期大統領が決まるということですか!?

ケンジさん
ニュースでは選挙人投票でバイデンさんが当選確実だと報道されているんですが・・・。

オーリー
まだトランプ氏・バイデン氏双方とも過半数270票を獲得していません。
 
マスコミを信じてはいけない理由については、こちらの記事をご覧くださいませ。

オーリー
しかも12月8日が州の選挙結果の確定期限日だったので、最低でも1月までは勝敗は見えない形となります。

ケンジさん
あれ?14日の選挙人投票はすぐに結果が出るんじゃないんですか?

オーリー
実は14日の選挙人投票の結果はすぐに公開されるわけでなく、ペンス副大統領へ渡されます。

オーリー
そして1月6日に初めて選挙人投票の結果を公表するわけです。

ケンジさん
なるほどですね!

オーリー
そしてペンス副大統領は唯一、大統領選の結果に対して拒否権を持ちます。

オーリー
なのでペンス副大統領が選挙結果を拒否すれば、下院投票に持ち込むことができます。

ケンジさん
ちなみに大統領就任式はいつになるんですか?

オーリー
大統領就任式は1月20日になります。

オーリー
なので大統領就任式が行われるあと1ヶ月弱の間に、トランプ氏による戒厳令発動や世界緊急放送が行われる可能性が高いわけです。
 
世界緊急放送の噂については、こちらの記事をご覧くださいませ。

ケンジさん
えっと、戒厳令発動日と14日の選挙人投票は何か関係があるのでしょうか?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

選挙人投票を確実に公平に行うために戒厳令が必要!?戒厳令発動に必要な世論も形成されている!

オーリー
アメリカの選挙人は各州の上院・下院の議員数に等しく選ばれ、合計535人存在します。

オーリー
その中で裏で中国共産党など支配層と取引している存在がいる可能性があります。

ケンジさん
つまり、賄賂とかで買収されている可能性があるってことなんでしょうか?

オーリー
そうですね。アメリカ大統領選挙の不正は中国共産党の介入があったことで発生しました。
 
大統領選挙の不正に中国共産党が介入していたことについては、こちらの記事をご覧くださいませ。

→洗脳から脱却しなければ日本は滅亡する!大統領選は「世界の命運」をかけた戦い!?

オーリー
さらに先日、最高裁がテキサス州の訴訟を棄却したことで法のトップまで腐敗していることが世間に露呈しました。

ケンジさん
まさかの最高裁が不正選挙に対する訴訟を棄却するって、あり得ないですよね!?

オーリー
国外の介入で不正選挙が行われたことは憲法違反で、最高裁も必ずこのことには触れる必要があります。

オーリー
ただ最高裁がこれを退けたということは、法のトップが「憲法を守る必要がない」と言ったことと等しいということです。

 
最高裁がテキサス州の訴訟を棄却したことについては、こちらの記事をご覧くださいませ。

オーリー
だから、アメリカ国内で「これはおかしいぞ!」と気づく人が多くなってきているわけなんですね!

ケンジさん
だからどんどん世論の流れが変わってきてる感じなんですね!

オーリー
戒厳令も闇雲に発動すると「トランプ大統領の独裁だ!」「バイデン氏に負けてるのに負け惜しみか」と批判を喰らうかもしれません。

オーリー
しかし不正選挙の明確な証拠、最高裁の腐敗といったことを世間に見せつけることで、戒厳令発動に納得の行く世論を形成できます。

ケンジさん
たしかに、不正や腐敗をどこまでも見せつけられれば、こりゃ戒厳令しかないでしょ!と感じますね。

オーリー
特に内部まで中国共産党の魔の手が入り込んだ状態で選挙人投票を行えば、無法地帯になる可能性もあります。

オーリー
なので戒厳令を発動して軍部主導で選挙人投票を行えば公正な選挙が行えるので、14日に戒厳令発動の説が騒がれているというわけです。

ケンジさん
これは納得出来ました!

オーリー
ただ14日に戒厳令発動というのはあくまで「予想」に過ぎず、もっと延期する可能性もあります。

オーリー
特にトランプ氏にとって血を流す方策はあまり取りたがらないので、戒厳令なしで平和的に解決する可能性もゼロではないです。

オーリー
しかし司法まで腐りきった状況なので、いつ戒厳令発動してもおかしくないことには変わりありません。

ケンジさん
まぁ絶対14日に発動とは100%思ってはないので、静観していきます。

オーリー
また新しい情報が入ってくるので、都度まとめていきますね。

ケンジさん
わかりました!今日もありがとうございます!

 

今回は14日選挙人投票スケジュール戒厳令を発動させる世論形成についてお話しましたが、いかがでしたか?

テレビ新聞などが情報を流す情報戦争の中で「真実」の情報をつかむキッカケとして、ぜひ活用してくださいね!

 

無料サインツールプレゼント

 

公式LINEに友達追加すると
無料サインツール
《投機筋インジケーター》をプレゼント!

↓↓オーリーch公式LINE 友達追加↓↓

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

 


おすすめの記事