在日米陸軍が首都圏を危険地帯へ認定!?アメリカ・中国との戦争も激化する!?

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回は在日米陸軍首都圏コロナ危険地帯認定したことがDS(ディー○ステート)カ○ールなど支配層大量逮捕するためということと、アメリカを始めNATO軍中国共産党攻撃する可能性についてお話していきます。

テレビ新聞などが情報を流す情報戦争の中で「真実」の情報をつかむキッカケになると思うので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

在日米陸軍が首都圏がコロナ危険地帯に認定!?その真意とは。

ケンジさん
オーリーさん、こんにちは!なんか大変なニュースなんですけど、在日米陸軍が首都圏をコロナ危険地帯に認定したらしいですよ!

ケンジさん
でも日本のマスコミはこんなこと伝えもしないんですが、本当は何が起こっているんでしょうか!?
 
マスコミを信じてはいけない理由については、こちらの記事をご覧くださいませ。

オーリー
ケンジさん、こんにちは!在日米陸軍が東京・埼玉・横浜・千葉の首都圏がを立入禁止とし、150キロ圏内も自由行動制限としました。

ケンジさん
え!?首都圏だけでなく150キロ圏内って、これはマジで裏ありそうですねぇ。

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

首都圏の地下は支配層の巣窟!?クラーケン・ギルガメッシュ部隊による大量逮捕が行われる!?

オーリー
このコロナ危険地帯に関しては、在日米陸軍が違反をすると懲罰対象となるぐらいのレベルです。

ケンジさん
そうなんですか・・・・でも、オーリーさんはブログでコロナは嘘と仰られてましたよね?

オーリー
そうですね。コロナウイルスは実際には存在しないので、マスコミでも必死に増やしている感染者数もPCR検査数を増やしているに過ぎません。
 
コロナそのものが嘘の根拠については、こちらの記事をご覧くださいませ。

オーリー
なので文字通り、コロナ危険地帯と解釈すると真意は見えてこないわけです。

ケンジさん
じゃあ、真相はなんでしょうか?

オーリー
それは首都圏を中心に潜むDS(ディー○ステート)やカ○ール・イルミナティなど支配層を一掃するためと言われています。
 
世界を牛耳る支配層については、こちらの記事をご覧くださいませ。

ケンジさん
えっ!?まさかの首都圏に支配層がわんさかいるってことですか!?

オーリー
実は、首都圏の地下には国民には知られていない支配層の地下施設が多く存在すると言われています。

ケンジさん
あ、なんか地下鉄との間に謎の空間があるというウワサは聞いたことはありますが・・・・。

オーリー
この地下施設では悪魔崇拝によって、多くの子供がアドレノクロム抽出のために監禁されていたりなど、とにかく闇だらけです。

 

悪魔崇拝など闇の手口については、こちらの記事をご覧くださいませ。

 

→アメリカ大統領選挙は100%操作されたものだった!?闇の手口についても解説!

 

ケンジさん
よく、これまで東京の下に気持ち悪い地下施設が存在したこと、長年バレずにいましたよね・・・。

オーリー
日本はマスコミ・医療利権・教育・芸能界など、ありとあらゆる分野に支配層の力が及んでいます。

オーリー
なので長年洗脳されて隠されてきてたわけですが、SNSの発達でこのような真実がどんどん明るみになっているわけです。

ケンジさん
たしかにマスコミとか検索エンジンも情報統制される中、なんとかツイッターやYoutubeなどで本当の情報得られますよね!

ケンジさん
あ!最近首都圏でやたら陥没がニュースになってましたが、まさかそれも・・・!

オーリー
その可能性もありますね。

オーリー
これらの支配層など闇勢力を一掃するために、ついに日本にもクラーケンギルガメッシュ部隊が放たれることになったそうです。

ケンジさん
あ!クラーケンって、パウエル弁護士によって有名になったものですね!
 
クラーケンについては、こちらの記事をご覧くださいませ。

オーリー
クラーケンやギルガメッシュ部隊による大量逮捕を順調に遂行するために、在日米陸軍が首都圏150キロ圏内での行動を制限した可能性が考えられます。

ケンジさん
なるほど!国民がパニック起こさないように「コロナ危険地帯」と表面上言っておいて、裏で浄化するって感じなんですね。

オーリー
そんな感じですね。

オーリー
さらに不正選挙の先頭に立った中国共産党と、アメリカとの対立もさらに激化する可能性が出てきました。

ケンジさん
それはどういうことなんでしょうか!?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

NATO軍が中国共産党に集中攻撃する可能性!?世界緊急放送も現実味を帯びてきている!?

オーリー
以前からお伝えしている通り、中国は不正選挙を使ってアメリカを乗っ取ろうとしています。

オーリー
しかし、中国共産党側にとっては不正の証拠が想像以上にバレてきているので、自らの生き残りで必死になっています。

ケンジさん
そりゃ、あれだけ不正選挙やっちゃバレますよ!

オーリー
もし中国共産党による攻撃が激化した場合、NATO軍による中国共産党への集中攻撃になる可能性もあります。

ケンジさん
ん?NATO軍とは何でしょうか?

オーリー
NATOは北大西洋条約機構のことであり、これらの加盟国の軍がNATO軍になります。

オーリー
実はNATO加盟国のどれかの国が攻撃された場合、攻撃した国をNATO軍で集中攻撃しても良いという決まりがあります。

ケンジさん
あ!つまり中国共産党がアメリカを攻撃したら、NATO軍が中国共産党に集中攻撃するという感じですね。

オーリー
特にトランプ氏は中国共産党が先導で行った不正選挙に関して、民主主義を守るためにも戦っています。

オーリー
なので、ここから大きな戦争になる可能性もゼロではないと思っています。

ケンジさん
いやぁ、もう大統領選挙から始まる出来事はどの映画よりもドキドキしますよ。

オーリー
これは前回お話しましたが、大きな戦争になる前に「戒厳令」を発令する可能性が高いです。

ケンジさん
あ!なんか戒厳令から噂の世界緊急放送につながるとか言われてますよね。
 
戒厳令世界緊急放送については、こちらの記事をご覧くださいませ。

オーリー
世界緊急放送は支配層に隠された真実を一斉に放送するというもので、まだ確実に行われるかはわかりません。

オーリー
ただネット上では「佐世保米軍基地の封鎖が合図」やトランプ氏の「Storm!」のツイートが合図といった情報が流れています。

オーリー
さらに今日の深夜のテレビで試験放送が行われたり、前半で話したコロナ危険地帯のようにかなり現実味を帯びてきているようには感じます。

ケンジさん
僕は世界緊急放送にあまり期待はしてないですが、でもあまりにもマスコミに洗脳されすぎな日本人を目覚めさせるには必要かなとも思っています。

ケンジさん
というか、頭いっぱいなので一旦整理したいです!

オーリー
わかりました!また次回に入ってきた情報をまとめていきますね。

ケンジさん
はい!今日もありがとうございました!

 

今回は在日米陸軍首都圏コロナ危険地帯認定したことがDS(ディー○ステート)カ○ールなど支配層大量逮捕するためということと、アメリカを始めNATO軍中国共産党攻撃する可能性についてお話しましたが、いかがでしたか?

テレビ新聞などが情報を流す情報戦争の中で「真実」の情報をつかむキッカケとして活用してくださいね!

 

無料サインツールプレゼント

 

公式LINEに友達追加すると
無料サインツール
《投機筋インジケーター》をプレゼント!

↓↓オーリーch公式LINE 友達追加↓↓

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク


おすすめの記事