トランプ氏が「戒厳令」「反乱法」に署名か!?不正選挙の「真の黒幕」はバチカンだった!?

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回はトランプ氏がついに戒厳令反乱法署名した可能性があることと、不正選挙黒幕バチカンだったことについてお話していきます。

テレビ新聞などが情報を流す情報戦争の中で「真実」の情報をつかむキッカケになると思うので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

ついに戒厳令・反乱法の発動が可能になった!?

カナエさん
オーリーさん、こんにちは!もうツイッターとかでトランプさんの情報がすごい勢いで流れてきて、私すごく混乱しています。

カナエさん
一体今はどうなっているんでしょうか!?

オーリー
カナエさん、こんにちは!1月6日に米議会がバイデン氏を次期大統領と承認してから、トランプ氏のTwitterアカウントが停止されました。

カナエさん
それ、トレンドにも入ってました!もう世界がメチャクチャですよ・・・。

オーリー
今は支配層側(闇の勢力)が優勢に見える「闇の10日間」ですが、実際にはトランプ陣営が優勢なので安心してください。
 
闇の10日間については、こちらの記事をご覧くださいませ。

カナエさん
それなら少し安心しました・・・・!

オーリー
大統領の任期があと9日であり、これからトランプ氏の反撃が始まる可能性が高いです。

カナエさん
ほんとですか!?その詳しいところ教えて下さい!

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

トランプ氏が戒厳令・反乱法に署名へ!

オーリー
トランプ陣営のリンウッド弁護士Parlerによると、先日トランプ氏は戒厳令発令に署名したそうです。

 

戒厳令については、こちらの記事をご覧くださいませ。

→トランプ氏がまもなく「戒厳令」を発動へ!?世界緊急放送ももうすぐか!?

カナエさん
おぉおおお!!ついに戒厳令来るんですね!

オーリー
さらに先日、トランプ氏は反乱法にも署名した可能性もあります。

 

反乱法については、こちらの記事をご覧くださいませ。

→反乱法・戒厳令の準備が整う!?1月6日の事件はトランプ氏にとって想定内!

カナエさん
ということは・・・・・!

オーリー
ここからは軍部指揮でトランプ氏の反撃が始まることを意味すると考えられます。

カナエさん
もう議会がバイデンさんを承認したとき、私絶望してたんですよ・・・。

カナエさん
でも、これでもトランプさんが負けずに反撃できるなんて本当にすごすぎます。

オーリー
トランプ氏は宇宙軍「ガーディアン」と知的生命体、さらに高度な技術「ルッキンググラス」を駆使しているので、僕ら人類の叡智を超えた「5次元チェス」で戦っています。

オーリー
なのでトランプ氏と味方の弁護士のTwitterアカウントが永久凍結されたり、バイデン氏が不正バレバレなのに承認されることもすべて「想定内」なんです。

カナエさん
それは心強いですね!というか、人類の叡智を超えた技術を使ってるなら負けるはずがないと思います!

カナエさん
しかし、これまで戒厳令出すと言っておきながら、なぜこのタイミングで出せたのでしょうか?

オーリー
それは以前から言っていたラトクリフ長官のレポートの全文提出が完了したからです。

オーリー
このラトクリフ長官のレポートには不正選挙の証拠がまとめられており、このレポートの提出が戒厳令発動の後押しをしたんです。
 
ラトクリフ長官のレポートについては、こちらの記事をご覧くださいませ。

カナエさん
なるほどですね!

オーリー
そして先日、イタリアのバチカンで大停電が起きた可能性があります。

カナエさん
え!?なぜ停電なんですか!?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

不正選挙の真の黒幕は「バチカン」だった!?停電も関係がある可能性。

オーリー
先日、トランプ陣営のリンウッド弁護士がParlerで「停電に備えよ。トランプ大統領は緊急放送システムを使用する。」と発言しました。

オーリー
その直後にバチカンの停電が起こったという情報があります。

カナエさん
リンウッド弁護士、まさに予言者じゃないですか!

カナエさん
でも、なんでバチカンが停電したんでしょうか?

オーリー
それはローマ法王とその周辺を逮捕するためです。

オーリー
ただ停電に関してはデマであるという情報もあり、停電自体は確定はできません。

カナエさん
デマも飛び交ってて本当にややこしいですよねぇ。

カナエさん
でも・・・・なぜいきりなりバチカンとローマ法王が出てきたのでしょうか!?

オーリー
今回の不正選挙は中国共産党が絡んでいたとこれまでお話してましたが、真の黒幕がバチカンであったことが判明しました。

カナエさん
それは一体・・・・。

オーリー
実は1月6日のワシントンのデモに支配層側が意識を向けている間に、海外に潜入調査をしていました。

オーリー
その結果、なんと不正選挙のドミニオン社のデータがバチカンの人工衛星「レオナルディ」に集められていた証拠を掴みました。

カナエさん
だからローマ法王の逮捕につながったわけですね!

カナエさん
でもローマ法王の逮捕もデマという可能性はあるんでしょうか?

オーリー
これに関してもリンウッド弁護士がParlerでしっかりと明言はしていますが、まだ100%確実とは言い切れないので「可能性」として捉えてください。

オーリー
さらにローマ法王は悪魔崇拝に大きく関与していた人物であり、その件もあって逮捕となったかもしれません。

カナエさん
キリスト教総本山のトップが悪魔だったなんて・・・・・何もかもがひっくり返りそうです。

カナエさん
そういやバチカンって、イタリアの首都ローマの中にある小さな独立国家ですよね?

オーリー
そうですね。地理でも世界一面積が小さい独立国家として習ったと思います。

オーリー
なのでバチカン市国はイタリアに包括された独立国家という立ち位置です。

オーリー
話は戻しますが、実はバチカンが不正選挙の黒幕だとわかって問題が発生してたんです。

カナエさん
その問題とはなんでしょうか?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

戒厳令発令が遅れているのはNATOが関係している?

オーリー
実はアメリカもバチカンが存在するイタリアも、両者ともNATO(北大西洋条約機構)加盟国なんです。

カナエさん
あ!NATOも地理とかで習いました!

カナエさん
でもNATOがなぜ問題なんでしょうか?

オーリー
NATO加盟国が攻撃を受けた場合、国連の決議を経ずに攻撃を仕掛けた国に軍を向かわせられます。

オーリー
しかしNATO加盟国のイタリア(バチカン)が黒幕だと判明したことで、NATO加盟国同士という事情で戒厳令の発動が遅れていたんです。

カナエさん
つまり、アメリカとイタリア(バチカン)が互いにNATO加盟国である事情からもう少し不正選挙の証拠が揃わないと戒厳令を出せなかった・・・ということですか?

オーリー
カナエさん冴えてますね!なのでバチカンの決定的な不正選挙・犯罪の証拠を掴んだことで、戒厳令の発令が可能になったのだと推測できます。

カナエさん
ん?今デマ情報も多く出回っているなら、戒厳令の件もデマの可能性ありますよね?

オーリー
現在、すべての情報に対して「これはデマだ!」という声もあがっています。

オーリー
しかし今は「何がデマかデマじゃないか」で対立している場合ではないし、その対立も支配層側の分断工作である可能性もあります。

カナエさん
じゃあ、支配層側が敢えてデマ情報を流す可能性もあるってことですか!?

オーリー
その可能性も考えられます。

オーリー
なので重要なのは「真実の情報は自分自身で見極める」こと、そして最後までトランプ氏の勝利を祈ることだと思います。

カナエさん
そうですよね。もう自分で考えることが大事なんですね!

オーリー
これからも多くの情報が流れ、その中にはデマも混じってると思います。

オーリー
もちろんマスコミも総攻撃を仕掛けてくるので、まさに「情報戦争」のクライマックスかもしれません。

オーリー
その中でもブレずに、しっかり真実の情報を見極めてくださいね!

カナエさん
はい!今日もありがとうございました!

 

今回はトランプ氏がついに戒厳令反乱法署名した可能性があることと、不正選挙黒幕バチカンだったことについてお話しましたが、いかがでしたか?

テレビ新聞などが情報を流す情報戦争の中で「真実」の情報をつかむキッカケとして、ぜひ活用してくださいね!

 

無料サインツールプレゼント

 

公式LINEに友達追加すると
無料サインツール
《投機筋インジケーター》をプレゼント!

↓↓オーリーch公式LINE 友達追加↓↓

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク


おすすめの記事