FXでこれからアツい為替は?大儲けか?大損か?願掛けました。

https://www.youtube.com/watch?v=glBRxsGeaW0&t=19s

今、FXで南アフリカランドが今すごく熱い!

FX・貴金属でプラチナと南アフリカランドは連動している

今、オーリーは貴金属でプラチナを803.37ドルでエントリーしながら様子見しています。

そして、このプラチナは南アフリカ共和国で算出されています。

つまり何が言いたいかというと、プラチナと南アフリカ共和国の為替通貨である南アフリカランド(ZAR)は連動するというわけです!

貴金属の連動性でいうと、プラチナが買われれば南アフリカランド(ZAR)は買われ、プラチナが買われれば、金も買われます。

そして、金が買われればドルは売られていきます。

この為替通貨と貴金属の連動性から、南アフリカランドドル(USDZAR)に着目していきたいと思います!

南アフリカランドドル、USDZARの動き

まず、こちらが南アフリカランドドル(USDZAR)のチャートになります。

既に、南アフリカランドドル(USDZAR)は13.82746の安値を割り込もうとしています。

ちなみにこの13.82746はサポートラインといい、過去に同じような価格をつけて反発しているところがあると思いますが、その反発している価格を結んだ水平線を意味します。

サポートラインで反発すると、そのサポートライン以下には下落しにくくなる傾向があります。

逆に、サポートラインより下に突き抜ければまるで重石が外れたように一気に落ちていきます。

つまり、サポートラインを見ることによって、為替や株、仮想通貨、商品先物においてどこで下降トレンドから上昇トレンドに反発していくのかが分かるということですね!

つまり、13.82746はサポートラインを下に超えてきたら、一気に落ちていくと考えることができるわけです!

しかし、南アフリカランドドル(USDZAR)は既に15.683の天井から見ていくと今から売りで入るには既に出遅れていると考えられます。

プラチナの場合は、日足でもちょうど778.03ドルの底にいたので、803.37ドルからエントリーしていたわけです。

ちなみに、2019年1月1日の最安値は、リーマンショック時の2008年と最安値と同じ価格になっています。

つまり、プラチナにとっては最安値をつけていたので、

FXで南アフリカランドを狙うよりも、期待値が大きいと判断し、商品先物で貴金属のプラチナで買いで狙ったというわけです。

期待値についてですが、例えば移動平均線からそこまでチャートが離れてないときは「期待値はそこまで高くない」と考えていきます。

初心者は期待値が大きくない、移動平均線からあまり離れていないところから大きなロットで入りがちですが、

億トレーダーは移動平均線から大きく離れて期待値が大きくなったところで入るわけです!

FXでトルコリラが売られ、南アフリカランドが買われている

さて、ここでトルコリラ(TRY)が突然でてきましたね!

なぜオーリーはここでトルコリラを出したのかというと、トルコリラと南アフリカランドは高金利通貨として、また同じく資源国通貨として似ているからですね!

さて、ここで見ていきたいのが「南アフリカランドとトルコリラはどちらの方が買われているのか?」ということです。

この互いの力関係を見るには、為替通貨の「TRYZAR(トルコリラ南アフリカランド)」を見ていけば分かります。

早速、TRYZAR(トルコリラ南アフリカランド)のチャートを見ていきましょう。

ここから見ると、数年に渡ってトルコリラ(TRY)が売られて南アフリカランド(ZAR)が買われているのがよく分かります。

なぜ為替通貨でZARJPYではなく、USDZARを選んだのか

初心者の方では、南アフリカランドはスワップ金利が高いという理由で、南アフリカランド円(ZARJPY)を買われる方も多いと思います。

しかしアメリカ株ナスダック、アメリカ株ダウ、日経平均株価の動きから見ると、株価は2019年は全体的に修正局面、つまり全体的に落ちていくと考えています。

また、ドル円(USDJPY)のチャートを見るとUSDJPY(ドル円)は「三角持ち合い」という、「だんだん値幅の振り幅が小さくなっていきながら収束」していく動きになっていました。

この中で去年は上に突き抜けていくと考えてきたら、114.428円の水平線、いわゆるレジスランスラインで跳ね返されてしまいました。

しかし、この三角持ち合いを抜けてくると非常に早く暴騰したり

暴落する傾向があります。

FXでUSDJPY(ドル円)が三角持ち合いを下に抜けて落ちていけば、円買いが来ることが考えられます。

つまり、株価が売られることで、いつ円買いが来てもおかしくないわけですね!

ここから考えると、億トレーダーとしてはFXで南アフリカランド円(ZARJPY)を狙うよりは、南アフリカランドドル(USDZAR)を選択するわけですね!

今後はFXでドル売りになっていく!

オーリーのFX為替・貴金属のポジションは現在このようになっています。

ここでおわかりになると思いますが、EURAUDが含み損となっております。

EURUSDのチャートを見ると分かりますがEURUSDは大きく爆上げしています。

つまり、ユーロ(EUR)が買われてドル(USD)が売られているわけです!

一方、EURAUDのチャートは少し上がっています。

ここから見ると、初心者は「しっかり上がっているAUDUSDの方に切り替えたらいいのでは?」と考えると思います。

では、なぜ僕はEURAUDを保有し続けるのかというと、まず、AUSUSDは1月3日に0.67621ドルまで一気に下がりました!

オーリーは正月三が日で寝てる最中に0.69198ドルに到達してしまい、AUDUSDで損切りを喰らいました!

本来、この打診売りで損切りにかかったならばAUDUSDでもっと上を狙うはずと考えますが、オーリーはスワップ金利も貰えるEURAUDでFXでのAUDUSDの損失80万円分を取り返そうと考えました。

僕はここで悔しすぎたので、損切りに喰らったAUDUSDと同じく2ロット、1.60811ドルでEURAUDで入り直したわけです。

また、FXでEURAUDで保有しているもう一つの理由はスワップ金利が貰えるからですね!

スワップ金利というのは、例えば豪ドルAUDの金利が高く

ユーロEURの金利が低い場合、EUEAUDを買うと金利差の分だけ証券会社に支払い、売ると金利差の分だけ貰える形になります!

また、スワップ金利は毎日貰えるため、たとえEURAUDの値動きがあまりはっきりしなくてスワップ金利でどんどん利益が膨らむというわけでですね!

このように、億トレーダーはスワップ金利で稼ぐことも考えて

通貨ペアを選定するというわけです!

オーリーでも、AUDUSDを狙っているときは他の通貨が良く見えてしまう、つまり「隣の芝は青い」ということが起きていたわけです(汗

ただEURAUDを狙っている以上、AUDUSDが良く見えてしまっても、取引する為替通貨をコロコロ変えないと決めています!

もちろん、ドル売りが来るということは今後ドル(USD)がつく通貨で取引していくことも視野に入れていますが、とりあえず南アフリカランドドル(USAZAR)の様子を見ていきながらも、引き続きEURAUDとプラチナを保有していきます。

億トレーダーが相場を実況中継!

日々チャンスを配信していますので、

ぜひ友達追加よろしくお願いします♫

↓↓オーリーchLINE@ 友達追加↓↓

友だち追加

おすすめの記事