終身雇用・年功序列が崩壊する社会で生き残る術とは?

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

前回は黒字リストラについて詳しく解説しておりました。

→前回の記事はこちら

今回は終身雇用年功序列が既に崩壊している理由、そして今後黒字リストラが拡大しつつある社会でどう生き残っていけるかお話していきます。

サラリーマンの方、フリーランスの方、トレーダーの方にとっても参考になると思うので、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

終身雇用・年功序列は既に終わっている!?今後社会で生き残るためには?

ケンジさん
オーリーさん、こんにちは!

 

オーリー
ケンジさん、こんにちは!

 

ケンジさん
前回は黒字リストラについて教えていただき、ありがとうございました!

 

オーリー
いえいえ^^
しっかり復習はできましたか?

 

ケンジさん
はい!
しっかり復習させていただきました!

 

オーリー
まだ前回の記事を見られてない方は、最初に読んでいただけると嬉しいです。

→終身雇用は崩壊か!?3分で分かる黒字リストラとは?

 

ケンジさん
ところで前回、
バブル時代は新卒採用や年功序列・終身雇用がマッチしてたと聞きました。

 

ケンジさん
なんでバブル崩壊後に
新卒採用や年功序列・終身雇用がミスマッチになったのか、
教えていただきたいです。

 

オーリー
わかりました!
次に説明していきますね!

スポンサーリンク

バブル時代、正社員が過剰に採用されていた。

オーリー
さて、1991年にバブル崩壊して
「どこまでも無限に成長する」という価値観は崩れ去りました。

オーリー
更に、企業の多くは「バブル時代に入社した社員」を抱えることになったんです。

ケンジさん
ほうほう・・・・。

 

オーリー
前回の記事でお話してましたが、
実はバブル時代の採用基準ってすごくザルだったんです。

 

ケンジさん
あ、なんか「説明会に来るだけで内定」とかあったみたいですね。

 

オーリー
そうなんです。
つまり、本来の能力に見合わない人も含めて
「過剰に」採用されていました。

 

オーリー
もちろんバブル時代の中では
「日本はどこまでも成長するし、入社してから定年まで教育して面倒を見ればいい」
とメリットがあったので問題はありませんでした。

 

ケンジさん
でも、それが通用しなくなったということですよね?

 

オーリー
そうですね。
実は日本では法律上、正社員は一度採用すると簡単に解雇できないんです。

ケンジさん
あ、確かに僕も正社員なので、それで守られてる感じですね。

 

ケンジさん
ということは、バブル時代に入社した人もそうそう簡単に解雇できない・・・
ということなんですね。

 

オーリー
そうですね。
更に、新しい社員を採用する余裕も無い状態が続きました。

オーリー
さて、この状態で来る問題は何だと思いますか?

 

ケンジさん
えっと・・・・あ!就職氷河期世代(ロスジェネ)に関連することですね。

 

オーリー
そうですね!
次にお話していきます。

スポンサーリンク

就職氷河期世代の就職が困難になったワケを解説!「失われた30年」にある背景とは!?

オーリー
さて、就職氷河期時代は「バブル入社組」で新入社員の大部分は埋まってました。

 

ケンジさん
なんか、椅子取りゲームでほとんど空いてる椅子は無い感じ・・・
ってことですか?

オーリー
そうなんです。
更に就職氷河期世代(ロスジェネ)は第二次ベビーブームで多く生まれた人達でした。

 

ケンジさん
えぇえ!??
そうだったんですか!?

 

オーリー
なので就職氷河期時代の就活生の人口は一気に増えました。

オーリー
しかし、バブル崩壊してからはもう多くの社員を採用するコストはかけられません。

 

オーリー
なので就職氷河期世代の学生にとって
わずかに残った正社員という椅子を、多くのライバルと奪い合う」状況だったんです。

ケンジさん
ひぇえええ!!

 

オーリー
つまり就職氷河期時代は、
下図のような就活生と会社のミスマッチが発生してたんです。

 

ケンジさん
うわぁ・・・・
これはもう地獄絵図ですね・・・。

 

オーリー
しかも、就職氷河期で就職できずに卒業した学生は
既卒(※)」となり、「新卒(※)」という肩書きが無くなってしまいます。

※新卒・・・就職活動している年度に卒業する学生のこと。

※既卒・・・学校卒業後に正社員として一度も就いたことがない人のこと。

 

オーリー
実はバブル時代に「新卒一括採用」が当たり前になりすぎて、
「新卒しか採用しないよ」という風潮は未だに残っています。

 

オーリー
なので就職氷河期時代に既卒でも、
優秀な人は既卒というだけで採用してくれない・・・
という事例が増えました。

ケンジさん
うわぁ・・・
そんな状況じゃ景気回復なんて見えないですよ。

 

オーリー
更に失われた30年間の間、
バブル入社組は昇進して年功序列で給料も増えている状況でした。

 

オーリー
しかし一方で、
若手はどんなに優秀でも給料は雀の涙・・・
という状況が続きました。

ケンジさん
まさに年功序列の弊害ですね。
これじゃ僕も「もっと会社のために働こう!」なんでモチベーションわかないですよ・・・・。

 

オーリー
これが失われた30年、景気が停滞した原因の1つになるわけです。

 

ケンジさん
つまり、まとめるとどうなるんですか?

 

オーリー
上記の説明をまとめるとこうなります。

 

バブル崩壊後、本来は人材の流動性を高めて就職氷河期世代も採用すべきだった。

しかし時代に合わなくなった新卒一括採用・終身雇用・年功序列を放置し続けた結果、経済停滞の要因の1つとなった。

→黒字リストラは「失われた30年」のツケ払い

 

ケンジさん
なるほど・・・・・。

 

オーリー
今回黒字リストラがトレンド入りしましたが、
経済を活性化させるなら「社員の流動性を高める」という事に行き着くんです。

 

ケンジさん
次に詳しく説明お願いします!

 

オーリー
わかりました!

スポンサーリンク

年功序列・終身雇用崩壊の中で、生き残るためにできることは?

オーリー
実はアメリカなど海外の雇用形態は、ほとんどが「成果主義」なんです。

ケンジさん
成果主義・・・・
つまり、結果を出す人ほど有利になる感じですか?

 

オーリー
そうなんです。
なので海外では会社勤めでも
自分から動かなければ簡単に解雇される
んです。

オーリー
ただその代わり、採用に関しても意欲的なので
海外では人材の流動性が高いのが当たり前なんです。

 

ケンジさん
えぇ!?それは意外でした!

 

オーリー
実は日本は「新卒一括採用・終身雇用・年功序列」にこだわりすぎて 人材の流動性が低く
ガラバゴス化していた状況なんです。

 

ケンジさん
まじですか・・・・・!

 

オーリー
なので日本もこれから黒字リストラで成果主義になりつつある流れで、
会社にぶら下がるだけでは生き残れなくなると考えてます。

ケンジさん
なぜ、そんなことが言えるんでしょうか?

 

オーリー
まず1つめに、2019年5月にトヨタ社長は「終身雇用を守るのは難しい
と宣言しました。

日経ビジネス『「終身雇用難しい」トヨタ社長発言でパンドラの箱開くか』より引用

 

ケンジさん
えぇ!?
あの大企業のトヨタの社長さんが!?

 

オーリー
つまり、大企業ですらこれから終身雇用は保証できない
ということを示唆しているんです。

 

ケンジさん
なるほど・・・・・。
じゃあ中小企業や零細企業は尚更ですよね・・・・。

 

オーリー
2つ目に、バブル入社組の多くは50代になっています。

 

オーリー
年功序列でバブル入社組の給料が自動的に増えると、
会社にとっても負担になります。

 

ケンジさん
あ・・・・ここからの展開が読めました。

 

ケンジさん
黒字リストラの拡大の可能性が大きいということですね。

 

オーリー
そうです。
この2つから既に終身雇用・年功序列は崩壊している・・・
と考えることができるわけです。

 

オーリー
なので黒字リストラの拡大で、
今後は「会社にぶら下がる人」はどんどん解雇の流れになるかもしれないわけです。

 

ケンジさん
えぇ!?
じゃあこれから生き残るならどうしたらいいんですか!?

 

オーリー
それは会社勤め・フリーランス・トレーダーなど・・・どれにも共通することは
自分のスキルを磨き続ける」ことです。

ケンジさん
ほうほう・・・・・
具体的にはどういうことなんでしょうか?

 

オーリー
例えば会社勤めなら、
自分から積極的に仕事を得ながらスキルを磨いていくことが重要になると思います。

ケンジさん
つまり、
指示待ちではなく、自分から積極的に動かないと生きて生きない
ということなんですね・・・・。

 

オーリー
そうですね。
他にも自分でお金を稼ぐスキルを身につけるのも一つの策だと考えてます。

ケンジさん
あ!FXとか株とかですね!

 

オーリー
FXや株など投資に関する知識を勉強するのもいいと思います。

 

ケンジさん
うわぁ・・・・
僕も今から意識変えていかないとですね・・・・。

 

ケンジさん
僕、今回のお話を受けて気が引き締まりました!

 

ケンジさん
オーリーさん、ありがとうございました!!

 

今回は終身雇用年功序列が既に崩壊している理由、そして今後黒字リストラが拡大しつつある社会でどうしたら生き残っていけるかお話しましたが、いかがでしたか?

サラリーマンの方、フリーランスの方、トレーダーの方にとっても参考になったと思います。

これから社会で生きていくためにも、ぜひ参考にしてくださいね!

億トレーダーが相場を実況中継!

日々相場の予想を配信していますので、
ぜひフォローよろしくお願いします♫

↓↓オーリーch Twitterフォローする↓↓

無料サインツールプレゼント

LINE@を友達追加すると
無料サインツール
《投機筋チャート》をプレゼント!

↓↓オーリーchLINE@ 友達追加↓↓


最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

 

 

 


おすすめの記事