一気にドル安が進行!?押し目買い・戻り売りに便利な「手法」を解説!【FX・初心者】

 

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回は押し目買い戻り売りチャンス掴むのに役立つグランビルの法則について解説していきます。

初心者FX押し目買い戻り売りでしっかりと勝つことができるようになるので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

押し目買いや戻り売りで役立つグランビルの法則について解説!

リナさん
オーリーさん、こんにちは!昨日ドユーロドル、一気に上がってきましたね!

リナさん
たしか以前、ドル売りが来てユーロドルが上がるって仰られてましたよね?予想当てられててすごいです!

オーリー
リナさん、こんにちは!嬉しいお言葉ありがとうございます^^

オーリー
今回ドルインデックスの下落に伴ってドル売りになり、ユーロドルが上昇しました。(※)
※FX通貨ペアでは○○○USDのように後ろの通貨が買われると下落、売られると上昇します。

 

以前のドル売り予想に関しては、こちらの記事をご覧くださいませ。

→【FX・初心者】これからドル売り加速へ!?オススメの通貨ペアについて解説!

リナさん
あと、ユーロドルって移動平均線から離れてて、これはオーリーさんの得意パターンですよね!

リナさん
私もぜひ狙ってみたいと思うんですが、何かコツとか教えてくれると嬉しいですぅ。

オーリー
わかりました!次に説明していきますね。

リナさん
はい!

スポンサーリンク

グランビルの法則4番・8番は移動平均線から大きく離れたサイン!

リナさん
そういや、移動平均線から大きく離れたパターンって、グランビルの法則?でしたっけ?

オーリー
そうですね!上に大きく移動平均線から離れるとグランビルの法則4番、逆に下に離れるとグランビルの法則8番になります。
 

グランビルの法則4番・8番については、こちらの説明をご覧くださいませ。

グランビルの法則4番・8番についてはこちらをクリック!
グランビルの法則4番は、上昇トレンド中で勢いよく移動平均線から乖離したポイントを狙っていきます。

つまり、相場が過熱し上昇トレンドが続く中売りを仕掛けるということになります。

初心者の方なら、みんなが買ってるから買うという心理で取引をするのはスムーズに取引できても、みんなが買っているポイントで売りを仕掛けるこの4番はどこが天井か?という不安感もあり中々手を出しずらいポイントでもあると思います。

一体どんな法則となるのか見ていきましょう!

グランビルの法則4番とは?
グランビル4番は右肩上がりの移動平均線に沿って価格帯が上昇していく中、
移動平均線から大きく離れたポイントを売りで狙う目安としてみていきます。

グランビルの法則4番の特徴として、右肩上がりの移動平均線から大きく乖離した時、自立反発し移動平均線まで戻るという特性を狙ったものになります。

ここでもポイントは、大きく乖離しているというところです。もちろん、ここで買いで狙っていってはいけません。

売りシグナルとなるので注意しましょう!

また、グランビルの法則4番を上下反転させた形がグランビルの法則8番になります!

グランビルの法則8番とは?
グランビル8番は右肩下がりの移動平均線に沿って価格帯が下降昇していく中、
移動平均線から大きく離れたポイントを買いで狙う目安としてみていきます。

グランビルの法則8番の特徴として、右肩下がりの移動平均線から大きく乖離した時、自立反発し移動平均線まで戻るという特性を狙ったものになります。

こちらもポイントは、大きく乖離しているというところです。もちろん、ここで売りで狙っていってはいけません。

買いシグナルとなるので注意しましょう!

リナさん
えっと、グランビルの法則4番が売りサイン、8番が買いサインってことですよね?

オーリー
そうですね!

リナさん
でもドルは中長期的に売られる可能性があるって仰られてましたよね?

リナさん
そしたらグランビルの法則8番が出ていても、買いで狙いにくいじゃないですか。

リナさん
その場合はどうすればいいんですか?

オーリー
中長期的に売られる、もしくは買われることがわかっていれば押し目買い戻り売りが活用できます。

 

 

押し目買い・戻り売りについては、こちらの説明をご覧くださいませ。

押し目買い・戻り売りについてはこちらをクリック!

オーリー
中長期的にトレンドを形成している場合、反動として修正で一旦戻る傾向があります。

オーリー
中長期的に上昇トレンドの場合、修正の底で買いで狙うことを「押し目買い」と言います。

 

オーリー
逆に中長期的に下降トレンドの場合戻り売りが使えます。

 

リナさん
なるほどですね!

オーリー
ちなみに中長期的なトレンドを見るには投機筋チャートが役立ちます。

リナさん
あ!Youtubeでも話題にされているものですね!どこから見れますか?

オーリー
こちらから見ることができます!

リナさん
ありがとうございます!

リナさん
でも押し目買いや戻り売りと言われてもコツがつかめないんです。

リナさん
どんな感じでエントリーすればいいんですか?

オーリー
押し目買いや戻り売りには、別のグランビルの法則が役立ちます。

リナさん
ほんとですか!?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

押し目買い・戻り売りにはグランビルの法則2番・6番を活用しよう!

オーリー
押し目買いにはグランビルの法則2番が役立ちます。

リナさん
グランビルの法則2番は初めて聞きました!

オーリー
特徴としては移動平均線が右肩上がりの状況で、チャートが一旦下に割り込んで再度Vの字で上昇する傾向があります。

リナさん
なるほどですね!

リナさん
でも移動平均線を下に割り込んでも、どんどん下落する不安があるんです。

リナさん
細かいエントリーのタイミングを見るのはどうしたらいんですか?

オーリー
エントリーのタイミングを細かく見るときは、時間足を拡大してグランビルの法則1番を活用してみるといいですね!

オーリー
グランビルの法則1番は移動平均線が緩やかに下降から上昇に転じるところで、チャートが下から上に急速に突き抜けるところがポイントです。

オーリー
ここが買いサインとなります。

リナさん
つまり、押し目買いでグランビルの法則2番を使うけど、細かいエントリーポイントを見定めるなら時間足を拡大して、グランビルの法則1番ってことですよね?

オーリー
よく理解されてますね!シンプルですが、かなり重要なポイントなのでしっかり理解しておきましょう!

リナさん
あと戻り売りの場合はどうすればいいんですか?

オーリー
戻り売りの場合はすべて上下反転した形でグランビルの法則6番と、エントリーポイントを見定めるにはグランビルの法則5番がオススメです。

リナさん
すごくわかりやすいです!ありがとうございます☆

オーリー
実はグランビルの法則について、昨年動画でまとめておりました。

リナさん
ほんとですか!?

オーリー
こちらの動画になるので、ぜひ見てみてくださいね!

リナさん
ありがとうございます!

オーリー
他にもグランビルの法則の応用方法があるので、また後の回で解説していきます!

リナさん
楽しみにしています!今日もありがとうございました☆

 

今回は押し目買い戻り売りチャンス掴むのに役立つグランビルの法則について解説しましたが、いかがでしたか?

これで初心者FX押し目買い戻り売りでしっかりと勝つことができるようになると思います。

ぜひこれからのトレードに活用してくださいね!

 

無料サインツールプレゼント

 

公式LINEに友達追加すると
無料サインツール
《投機筋インジケーター》をプレゼント!

↓↓オーリーch公式LINE 友達追加↓↓

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

 


おすすめの記事