6月雇用統計は良い結果に!投機筋の手法が的中!【FX】

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回は先日発表された6月雇用統計結果考察を行っていきます。

初心者雇用統計の読み方について理解できるので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

6月雇用統計の結果を考察!

ケンジさん
オーリーさん、こんにちは!先日「ヘッジファンドがダウ平均株価の火曜日の終値を意識してくる」と仰ってたじゃないですか?

ケンジさん
ドンピシャで効いてましたね!本当にオーリーやや神!

オーリー
ケンジさん、こんにちは!雇用統計で「ダウ平均株価が火曜日の終値に向けて動く可能性がある」と言いましたが、予想通りになりましたね。

オーリー
先日の記事で詳しくお話しておりましたので、ぜひご覧くださいませ。

ケンジさん
その投機筋の火曜日の終値がなぜ意識されるか、もっと知りたいです!

オーリー
僕の投機筋の手法についてはこちらの記事で解説しています。

→【FX】投機筋の手法を公開!「火曜日の終値」が重要!?

ケンジさん
ありがとうございます!

ケンジさん
ところでオーリーさん、先日発表された雇用統計って7月のデータになるんですか?

オーリー
雇用統計は前月のデータが発表されます。

ケンジさん
それってどういうことでしょうか!?

オーリー
雇用統計は1ヶ月分のデータを集計するので、対象の月が終わってから集計となります。

オーリー
なので6月の雇用統計は、7月に発表という形になるわけです。

ケンジさん
そういうことだったんですね!

ケンジさん
それで6月の雇用統計、かなり結果が良かったらしいんです。

ケンジさん
よければわかりやすく解説していただけると嬉しいです!

オーリー
わかりました!次に説明していきますね。

スポンサーリンク

6月雇用統計は予想よりも良い結果へ!

オーリー
まず、6月雇用統計の予想・結果は以下のようになります。
6月雇用統計 予想・結果
予想 結果 差(結果 − 予想)
非農業部門雇用者数 変化 +300万人 +480万人 +180万人
失業率 12.3% 11.1% −1.2%

ケンジさん
予想よりも結果が圧倒的にいい感じになっていますね!

オーリー
6月は予想よりも良い結果だったので、ちょうど発表後のタイミングでダウ平均株価が火曜日の終値に届きました。

オーリー
まず雇用統計ではたくさんの項目が発表されますが、特に大事なのが「非農業部門雇用者数」「失業率」になります。

オーリー
この2つが「予想よりも良い or 悪い」で相場は動く傾向があるわけです。

ケンジさん
なるほど〜・・・予想よりも結果がどうだったかで動くんですね。

オーリー
2018年には前月よりも結果は良かったのに、予想より悪かったせいでナスダックが大暴落したことがあります。
2018年9月雇用統計の結果
予想 結果
非農業部門雇用者数 変化 +18.5万人 +13.4万人 −5.1万人
失業率 3.8% 3.7% −0.1%

ケンジさん
あ!これはオーリーさんがナスダックで6700万円利益出されたときでしたね!

オーリー
逆に2020年4月の雇用統計は、前月より圧倒的に結果が悪かったのに予想より良かったので株価が爆上げしました。
4月雇用統計 予想・結果
予想 結果
非農業部門雇用者数 変化 −2,200万人 −2,050万人 +150万人
失業率 +16% +14.7% −1.3%

ケンジさん
うーん、これって雇用統計は予想次第でいくらでも都合よく動かせちゃいそうですよね・・・・?

オーリー
以前、そのことについて深く考察しておりました。

オーリー
詳しくはこちらの記事をご覧くださいませ。

→3分でわかる雇用統計の「闇」とは【FX】

ケンジさん
ありがとうございます!

ケンジさん
あ!6月雇用統計も5月に比べて結果良かったじゃないですか?

ケンジさん
これでニュースとかでは「労働市場は回復してきている」と言われてますが、妙に違和感を感じるんです。

ケンジさん
なんというか、実体経済は悪くなっているのに株価だけ上昇しているというおかしい状況なので・・・・。

ケンジさん
この辺の考察もしていただけると嬉しいです!

オーリー
わかりました!次に説明していきますね。

スポンサーリンク

一見非農業部門雇用者数は良い結果で回復してきているように見えるが・・・・。

オーリー
こちらが6月と5月の雇用統計の結果を比較したものになります。
6月と5月の雇用統計比較
5月 6月
非農業部門雇用者数 変化 +250万人 +480万人 +230万人
失業率 13.3% 11.1% −2.2%

ケンジさん
これだけ見たら、非農業部門雇用者数が一気に増えた感じですよね。

オーリー
ここで注目してほしいのは、非農業部門雇用者数は「1ヶ月での変化」ということです。

ケンジさん
あ!そこ気づかなかったです・・・!

オーリー
2020年4月は非農業部門雇用者数が2,050万人減少しました。

オーリー
そこから5月に+250万人、6月は+480万人と増加しました。

オーリー
ここで見て欲しいのは「5月・6月でコロナ禍で減少した非農業部門雇用者数がどれだけ回復できたか」ということです。

ケンジさん
ふむふむ。

オーリー
実はこの2ヶ月間で非農業部門雇用者数の回復率はたった35.6%になります。

ケンジさん
これって、3.6割しか回復していないということですよね?

オーリー
そうですね。なのでコロナ禍による大量失業が大きく回復したかといえば、そうでもないということがわかります。

ケンジさん
これはニュースなど表面上だけ見てたらわからないですよね・・・すごく勉強になりました!

ケンジさん
あ!そういえばYoutubeで高評価1,000超えたら、投機筋のポジション量の情報元出すと仰ってましたよね?

ケンジさん
僕もしっかり高評価押しておきました!

オーリー
ありがとうございます^^高評価1,000超えたので、次回に公開していきますね!

ケンジさん
わかりました!次回も楽しみにしています!

ケンジさん
今日もありがとうございました!

 

今回は先日発表された6月雇用統計結果考察を行いましたが、いかがでしたか?

これで初心者雇用統計の読み方について理解できたと思います。

ぜひこれからのトレードに活用してくださいね!

 

 

無料サインツールプレゼント

 

公式LINEに友達追加すると
無料サインツール
《投機筋インジケーター》をプレゼント!

↓↓オーリーch公式LINE 友達追加↓↓

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク


おすすめの記事