こんにちは!オーリーです。

本日はFXの取引をするなかでも基本的なインジケーターの解説をしていきたいと思います。

そこで今回は、チャートを見る上で基礎的な分析ツールの一つとなる、移動平均線の使い方と設定方法について初心者にも分かりやすく解説していきます!

移動平均線とは

移動平均線は、株式相場・外国為替相場・金相場など様々な金融商品の流れを捉えることができるメジャーなテクニカル分析の1つです。

移動平均線とは
移動平均線は、簡単に説明すると一定期間の平均価格設定し、線で結んだものになります。

例えば20日移動平均値は20日分と設定した平均価格となります。

そして、々の平均価格を線でつないだものが20日移動平均線となります。

▪平均価格(ここでは終値の平均)を使用することで、目先の大きな変動に惑わされることなく、

現在の相場の方向性(トレンド)がどちらを向いているのか(上がっているのか、下がっているのか)を見ることができます。

 

▪トレンドについては安値高値をそれぞれ結んでいくことによって、相場が今上昇している局面なのか?

それとも下降している局面なのかを見極め、相場の方向性をみていくことができます。

トレンドの見方については、上昇トレンドの場合は安値を結び、反対に下降トレンドの場合は高値を結んでみていきます!

 

話がそれましたが、移動平均線ではどのように考えていくのかをみていきましょう!

 

例えば現在のアメリカドルの対円レートを

1ドル=100円、5日移動平均線の水準を80円、25日移動平均線の水準を120円とします。

 

平均価格が80円ですので、

過去5日以内にアメリカドルを買っている投資家はプラス(評価益がでている)となっていますが、過去25日間で米ドルを買った投資家はマイナスが出ているわけです。

※あくまで平均値で算出しています。

 

そして例えば、

過去25日間でアメリカドルを買った投資家は、損益がプラスマイナス0の水準つまり120円まで戻れば、損益を確定したいと考える傾向にあります。

こうした心理状態の投資家が増えると、
1ドルは25日移動平均線の水準である120円よりアメリカドル高円安には向かいにくくなると考えることができます。

レジスタンスライン・サポートラインとは

次に重要なポイントを解説していきますね!

移動平均線は、投資家の心理状態がチャートに現れているといっていいほど読み解きやすいものになります。

 

例えば、強い上昇が続いている場合、投資家の心理状態としては、

「できれば安いところで買いたい」

と考えていくのが一般的な心理といえます。

 

そのような心理状態のなか、過去に5日移動平均線まで下げると、決まって上昇する動きが頻繁に見られていたとすると、

5日移動平均線まで我慢し、この水準で買いに動く人が多くなるということですね!

つまり、結果的に、5日移動平均線が心理的な重要な節目となるわけです。

 

こうした効果を持った移動平均線を「サポートライン」と言います。

一方、この逆で、その水準に達すると上昇が止まる効果を持った移動平均線を「レジスタンスライン」と言います。

 

なので、相場において期待されていたサポートラインを価格が割り込んでしまうと、

「もっと下がるかもしれない」

という不安感が強まり、一気に暴落する可能性があります。

 

その反対にレジスタンスラインが価格が越えると、さらに上げ幅を拡大する可能性があります。

ポイント!
このように移動平均線の動きのなかだけでも、
レジスタンス・サポートラインをみていくことを意識すれば、反発するポイントや抜けたときの想定ができるのでリスクを管理しやすくなりますよね。

移動平均線を複数使ってみる方法

次に、移動平均線には複数の期間のものを組み合わせることにより、相場の転換となる部分のサインとしてみていくことができるます。

その方法について解説していきます!

デッドクロスとゴールデンクロスとは

相場の転換となるサインの一つに下記のものがあります。

ゴールデンクロス(買いシグナル)
デッドクロス(売りシグナル)

シグナルの見分け方はこちらです↓

▪期間の短い移動平均線が、期間の長い移動平均線を上に越えるとゴールデンクロス

▪反対に、期間の短い移動平均線が、期間の長い移動平均線を下に抜けるとデッドクロス。

 

ゴールデンクロスは下落のあとに出る現象です。

期間の長い移動平均線は、下落する以前から買っていた人が多いため、売りたいという重りがあるといえます。

期間の短い移動平均線が越えてくるということは、この重りが除かれたということで、上がりやすくなります。

反対に、デッドクロスは上昇のあとに出る現象です。

これまで安心して買っていた人の価格を、短期間で割り込むことにより、下がりやすくなりますね。

 

このように移動平均線は多角的に相場をみることができ、相場の転換点をみることができるので世界中のトレーダーがひとつの目安として活用していますよ!!

 

誰でも初心者のころは、何からはじめていいのかわからないというところからスタートするわけですが、単に思いつきで取引をしていてもただのギャンブルとなってしまいますよね。

 

トレーダーの中でも時間足や期間を設定し、手法に組み込んでいる人も多いと思います。

僕もその一人で、メジャーだからこそ多くの投資家が見ている指標となれば多くの情報がそこにはあると考えています。

 

今回の【移動平均線】のように、チャート分析の基礎をしっかりおさえて、今相場がどのように動いているのか?を意識して取り入れていきましょう!

 

億トレーダーが相場を実況中継!

日々チャンスを配信していますので、

ぜひ友達追加よろしくお願いします♫

↓↓オーリーchLINE@ 友達追加↓↓

友だち追加

おすすめの記事