渋谷の接種会場の行列はエキストラだったことが判明!米最高裁がワクチン接種を取り消せと判決か!?

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回はワクチン異物混入金属片からゴム片マスコミがすり替えて報道しているのが酸化グラフェンを隠すためということや渋谷接種会場行列エキストラであったこと、アメリカ最高裁ワクチン接種を取り消さないといけないと判決を出したことについて考察していきます。

テレビ新聞などが情報を流す情報戦争の中で「真実」の情報をつかむキッカケになると思うので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

ワクチン異物混入を金属片からゴム片にすり替えか!?

タカシさん
オーリーさん、こんにちは!ワクチンの異物混入のニュースに続報があるみたいです。

タカシさん
この前は金属片が混入していたと報じられてたのが、なんとゴム片に差し替えられたそうです。

オーリー
タカシさん、こんにちは!マスコミがこぞって金属片をゴム片と言うようになったのは、ある物質が入っていると特定されたくないからでしょう。

タカシさん
え、それは何でしょうか!?

オーリー
それは酸化グラフェンです。

タカシさん
あ!なんか酸化グラフェンはよく聞きますね!

オーリー
酸化グラフェンナノレベルでカミソリの刃のようになっており、これらが赤血球から身体の組織を細胞レベルで破壊していきます。

タカシさん
ぐえぇ・・・・そんな恐ろしい物質をワクチンに入れていたとは許せません!

オーリー
ワクチンで死亡した人の大半は酸化グラフェンが原因になっています。

オーリー
さらに酸化グラフェンは5Gによってつながってしまうので、5Gによって命を奪うことも可能になってしまいます。

タカシさん
もしかして、コロナ初期の頃に武漢で次々と人が倒れたのも、それなんでしょうか!?

オーリー
実際にコロナが存在する証拠はどこにもないので、5G照射によるものであれば十分にありえるでしょう。

オーリー
さらにワクチンが入った容器を振ると酸化グラフェンの異物が見えるのようになり、さらに磁性を持つことがバレないように超低温で保存しているわけです。

タカシさん
あ!通りで冷凍庫の電源が切れてダメになったり、接種者の身体に磁石がくっついたりするわけですね。

オーリー
そして酸化グラフェンの効果を弱める酒を妨害するために、酒類提供禁止となったわけです。

タカシさん
全部つながりましたね・・・・・本当にコロナワクチンは殺人兵器です!

タカシさん
あ!金属片のニュースがあれだけあったのに、渋谷の接種会場に若者が行列を作っていたというニュース、あれ本当だったんでしょうか!?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

渋谷接種会場の行列はエキストラだったことが判明!

オーリー
渋谷の接種会場まで若者が長い行列を作っていたというニュースですが、エキストラである可能性がかなり濃厚になりました。

タカシさん
やっぱりエキストラでしたか!

オーリー
すでに26日に行列をつくるバイトを募集していたことがわかっており、そこからエキストラを雇ってワクチン接種を促していたのでしょう。

タカシさん
もうマスコミもトランプさんたちに相当追い詰められているのに、しぶといですね!

オーリー
その次の日は接種会場はガラガラであったことから、これも結局はエキストラであった可能性に拍車をかけています。

タカシさん
あ!なんかまたニュースの兆候が変わって、金属片のニュースを受けて接種予約のキャンセルが出てきたみたいですよ!

オーリー
このタイミングで接種予約のキャンセルが出てきたことは大変いいことだと思います。

タカシさん
ですよね!正直、あのニュースが流れてもみんな打つなら、日本は終わりだと思ってました。

タカシさん
なんとかワクチン接種の抑止力になったみたいでよかったです!

オーリー
さらにアメリカの最高裁も、ワクチンに対して判決を出しました。

タカシさん
お!アメリカの最高裁も動いたんでしょうか!?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

アメリカ最高裁がワクチン接種を取り消さないといけないと判決!

オーリー
アメリカ最高裁はワクチンは安全ではなく、いかなる犠牲を払ってでも取り消さないといけないと判決を下しました。

翻訳

緊急:最高裁判所は米国での普遍的な予防接種をキャンセルしました

どこにもニュースに出ていません。映画の最後のシーンに近づいているようです。

家族、友人、親戚の皆さんに警告してください!ニュース速報!最高裁判所は普遍的な予防接種をキャンセルしました米国では、最高裁判所は普遍的な予防接種をキャンセルしました。ビル・ゲイツ、米国の主任感染症スペシャリストであるフォーチ、およびビッグ・ファーマは、過去32年間のすべてのワクチンが市民の健康に安全であることを証明できず、米国最高裁判所での訴訟に敗訴しました。

訴訟は、ケネディ上院議員が率いる科学者のグループによって提起されました。ロバートF.ケネディジュニア:「新しいCOVIDワクチンは絶対に避けなければなりません。次回のCovid-19ワクチン接種に関連する重要な問題に早急に注意を向けます。ワクチン接種の歴史の中で初めて、最新世代のいわゆるmRNAワクチンは、患者の遺伝物質に直接干渉するため、すでに禁止されており、以前は犯罪と見なされていた遺伝子操作である個々の遺伝物質を変更します。

コロナウイルスワクチンはワクチンではありません!注意!常にワクチンとは何ですか?それは常に病原体そのものであり、殺されたり弱毒化されたり、弱められたりした微生物やウイルスであり、抗体を産生するために体内に導入されました。コロナウイルスワクチンすらありません!それではありません!これは、「ワクチン」とされる最新のmRNAグループ(mRNA)の一部です。ヒトの細胞内に入ると、mRNAは正常なRNA / DNAを再プログラムし、別のタンパク質を作り始めます。

タカシさん
おぉおお!!全くそのとおりですよ!

オーリー
判決内容としては、コロナワクチンは従来のワクチンではなく遺伝子を組み替える遺伝子生物兵器であることも決定付けました。

タカシさん
これはひっくり返る大きなきっかけになるんじゃないんですか!?

オーリー
なので日本でもワクチンパスポートをいよいよ活用すると報じられていますが、アメリカ最高裁が判決を出したのでパスポート自体が無効になると思われます。

タカシさん
そもそもコロナが存在する証拠がどこにもないから、ワクチンが無効なのは当たり前ですよね!

オーリー
テレビがひたすら変異株とワクチンを煽っているだけなので、それに従わけなければ全部終わります。

タカシさん
全くそのとおりですね!ここから風向きが変わってほしいです!

オーリー
また次回以降もまとめていきますね。

タカシさん
はい!今日もありがとうございました!

 

今回はワクチン異物混入金属片からゴム片マスコミがすり替えて報道しているのが酸化グラフェンを隠すためということや渋谷接種会場行列エキストラであったこと、アメリカ最高裁ワクチン接種を取り消さないといけないと判決を出したことについて考察しましたが、いかがでしたか?

テレビ新聞などが情報を流す情報戦争の中で「真実」の情報をつかむキッカケとして、ぜひ活用してくださいね!

 

無料サインツールプレゼント

 

公式LINEに友達追加すると
無料サインツール
《投機筋インジケーター》をプレゼント!

↓↓オーリーch公式LINE 友達追加↓↓

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

おすすめの記事