ドル円のヘッドアンドショルダーはダマシになる可能性もある?投機筋チャートから解説。【FX・株】

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回はドル円ヘッドアンドショルダー形成したことやドル円ネックラインを下に割るか反発するかが重要であること、今週の短期的上げ目線で変わりないことについて投機筋チャートから解説していきます。

トレード初心者にもわかりやすく解説していくので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

ドル円はヘッドアンドショルダーを形成か。

リナさん
オーリーさん、こんにちは!ドル円、予想通りに落ちてきましたね!

オーリー
リナさん、こんにちは。ドル円は130円から下落となっており、日足でヘッドアンドショルダーとなっております。

 

ヘッドアンドショルダーについては、こちらの説明をご覧くださいませ。

ヘッドアンドショルダーについてはこちらをクリック!

オーリー
ヘッド・アンド・ショルダーは以下の図のような形のことを指します。

 

※上下逆のバージョンが逆ヘッドアンドショルダーで、買いサインとなります。

オーリー
仏像が三尊並んでいるように見えるため、 別称「三尊」とも呼びます!

 

オーリー
赤い線をネックラインと呼びますが、 右肩がネックラインを下に突き抜けてくると大暴落が起きやすいです。

リナさん
ヘッドアンドショルダーに形が出るとどうなるのでしょうか?

オーリー
ヘッドアンドショルダーは下落のサインと言われており、ネックラインを下に抜けると一気に落ちていく傾向があります。

リナさん
なるほどですね!

オーリー
またテクニカル分析考察で言っていたフィボナッチ161.8%のポイントも効いています。

 

フィボナッチについては、こちらの記事をご覧くださいませ。

→【株・FX】アメリカ株ナスダックに切り替えた根拠とは!?投機筋のポジション数からも紹介!

リナさん
いい感じですね!

リナさん
じゃあ、ここから一気にドル円暴落で円高一直線じゃないですか!

オーリー
しかしドル円の動きに関して少し警戒すべき点が出てきました。

リナさん
え、せっかくヘッドアンドショルダーも出てきてフィボナッチ161.8%も効いているのに、まだ警戒すべき点があったんですか!?

オーリー
次に説明していきます。

スポンサーリンク

ドル円のネックラインを下に割るか反発するかが重要?投機筋チャートから解説。

オーリー
こちらはドル円に対する円の投機筋チャートですが、大口投機筋・機関投資家・レバレッジファンドは共通して円の売りポジション量を限界値までためています。

オーリー
このことからいつ限界値から反発して中長期に円高になってもおかしくはない状況です。

リナさん
たしか投機筋チャートは限界値で反発しやすいんですよね?

オーリー
そうですね。ただここで懸念となるのが小口投機筋の動きです。

リナさん
小口投機筋は何でしょうか?

オーリー
小口投機筋は僕らのような個人投資家を指し、大口投機筋・機関投資家・レバレッジファンドといった相場を操る御三家に対して資金力は圧倒的に不利です。

オーリー
このことから小口投機筋は相場を操る御三家に狩られる傾向にあります。

リナさん
ということは小口投機筋の動きと逆に、相場を操る御三家は動くということなのでしょうか?

オーリー
小口投機筋も円の売りポジション量を解消してきていますが、相場を操る御三家はここを狩りにさらに円の売りポジション量を増やす可能性もあります。

リナさん
となるとさっきのヘッドアンドショルダーの件はどうなるのでしょうか!?

オーリー
ドル円につけたヘッドアンドショルダーについて、ネックラインと4週間前の投機筋ラインが重複しています。

リナさん
ということは4週間前の火曜日の終値ということですね!

オーリー
相場を操る御三家の円の投機筋チャートを見ると、4週間前は全体的に円の売りポジション量を解消してきていました。

オーリー
しかしヘッドアンドショルダーの頭でドル円が上昇したことから、御三家は円の含み損を抱えた可能性があります。

リナさん
ふむふむ。

オーリー
そして現在ネックラインと4週間前の投機筋ラインに戻ってきたことで、円を建値決済した可能性も考えられます。

オーリー
そうなればネックライン兼4週間前の投機筋ラインを下に割るのか、上に反発するかでドル円の展開が決まります。

リナさん
一体ドル円はどちらに動くんでしょうか!?

オーリー
もし下に割ればヘッドアンドショルダーが綺麗に決まりますが、上に反発した場合はダマシとなりドル円は再度高値を更新していくことが考えられます。

オーリー
なので今週の注目点はネックライン兼4週間前の投機筋ラインからどちらに動くかというところでしょう。

リナさん
私もここに注目してみます!

リナさん
あと株もかなり下がってきましたが、どう動くのでしょうか!?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

今週の株は短期的な上げ目線で変わりない。

オーリー
前回株は短期的な修正で押し目買いのチャンスと予想しましたが、先週は相変わらず下落傾向にありました。

オーリー
ただアメリカ株の1つであるS&P500は、まだ同じトレンドの長さで反発するテクニカル分析は有効だと思われます。

リナさん
なるほどですね。

オーリー
またリーマンショックから始まった上昇トレンド全体に対して、先週金曜日でフィボナッチ23.6%が機能しています。

オーリー
なので今週も引き続き短期的な上げ目線は有効だと考えています。

リナさん
でも長期的にはまだ下がるんですよね?

オーリー
長期的な目線についてはこちらの記事で解説しています。

リナさん
ありがとうございます!

リナさん
あと私も投機筋チャートをもっと使ってみたいんですが、どこから見れますか?

オーリー
こちらから見ることができます。

リナさん
ありがとうございます!

オーリー
またブログと投機筋チャートの更新通知は下記メルマガも登録して頂けると届くようになります。

リナさん
私も登録してみます!

オーリー
今回の内容はこちらの動画で解説しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

リナさん
また復習として見てみます。今日もありがとうございました!

今回はドル円ヘッドアンドショルダー形成したことやドル円ネックラインを下に割るか反発するかが重要であること、今週の短期的上げ目線で変わりないことについて投機筋チャートから解説しましたが、いかがでしたか?

トレード初心者にも理解できたかと思います。

ぜひこれからのトレードに活用してくださいね。

 

 

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

おすすめの記事