【FX・予想】機関投資家が豪ドルを爆買い!?3分でわかる投機筋チャートの活用法とは

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回はFXにおいて、投機筋チャートから豪ドル(AUD)が買われている根拠やAUDCADが熱い理由、そしてカナダドル(CAD)原油(オイル)との連動性について解説していきます。

初心者の方もこちらの記事を読むことで、投機筋チャートの応用的な見方や通貨ペア選定方法を理解できますので、ぜひ最後まではお読みくださいませ。

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

機関投資家がFXで豪ドルを爆買い!?

タカシさん
オーリーさん、こんにちは!

オーリー
タカシさん、こんにちは!今日はどうされたんですか?

タカシさん
Youtube見ましたよ!なんか豪ドル(AUD)が熱いらしいですね!?

オーリー
実は投機筋の動きを見てたら、豪ドルに面白い動きが見えたんです。

タカシさん
おぉ!すごく気になります!

オーリー
次に説明していきますね!

タカシさん
はい!よろしくお願いします!

スポンサーリンク

価格とポジション量の矛盾がポイント!

オーリー
実は豪ドル指数の投機筋チャートを見ると、機関投資家が豪ドルの売りポジションを解消していきていることがわかりました。

タカシさん
あ!機関投資家が一気に豪ドルの売りポジション減らしてますね!

オーリー
大口筋も長期的に豪ドルの売りポジションを減らしてきてましたが、ここに来て機関投資家も同じ動きになっています。

オーリー
特に注目したいポイントが、豪ドル指数は下がってるのに豪ドルのポジション量が減少しているところです。

タカシさん
えっと、豪ドルのポジション量が減る・・・・ということは買われているということですよね?

オーリー
そうですね。

タカシさん
豪ドル指数は下がると、豪ドルはどうなるんですか?

オーリー
豪ドル指数が下がると売り、上がれば買いの傾向になります。

オーリー
ここはドルインデックスと見方は同じなんです。

タカシさん
なるほど!じゃあ、豪ドルの動きって価格とポジション量が矛盾してたということなんでしょうか!?

オーリー
そうですね!実際にパラジウムも同じ矛盾点が出てから、価格帯も下落しました。

タカシさん
うわぁ!パラジウムもポジション量、ほぼ0じゃないですか!

オーリー
先週はいったん上がってしまいましたが、僕がまだ下がる可能性があると見ているのも、このポジション量が根拠です。

タカシさん
なるほど〜。

オーリー
話を戻しますが、ポジション量と価格帯の矛盾点から豪ドルは買われていく可能性が高いと見たんです。

タカシさん
これはすごくわかりやすいですね!

タカシさん
でも、さっきの話は豪ドル指数ですよね・・・・?

タカシさん
豪ドルのFXの通貨ペアはどれがいいんでしょうか?

オーリー
実はAUDCADがアツいと見ています。

タカシさん
え!?なぜAUDCADなんでしょうか!?

オーリー
次に説明していきますね!

スポンサーリンク

原油(オイル)とカナダドル(CAD)は連動している!?AUDCADがアツい理由とは

オーリー
実は原油(オイル)とカナダドル(CAD)は同じ動き、すなわち順相関になる傾向があります。

タカシさん
え!?原油とカナダドルが連動してるのは初めて知りました!!

タカシさん
でも原油ってこれから上昇すると仰ってたじゃないですか?

タカシさん
そこはどうなんでしょうか?

オーリー
原油は20ドル付近で推移してますが、実は持ち合いを下に超えてきたんです。

タカシさん
うわぁ!じゃあ、原油もっと下がる可能性あるってことなんでしょうか!?

オーリー
経済が冷え込んで産業も停滞すると、原油の需要が減って価格がより下がる可能性も考えられます。

オーリー
こちらの記事で詳しく解説しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

タカシさん
ありがとうございます!

タカシさん
つまり、原油がこれから下がればカナダドルも売られていく・・・・ということなんでしょうか?

オーリー
その可能性を見ています。そこに豪ドルの買いを組み合わせると、うでずもうの法則できれいなトレンドになることが考えられるわけです。

タカシさん
なるほど!

オーリー
ちなみにうでずもうの法則についてはこちらの記事で解説しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

オーリー
実際にAUDCADも移動平均線から乖離して、反発の形になっています。

タカシさん
おぉおお・・・・・投機筋や連動性から期待値の高い通貨まで絞れてしまうんですね!

タカシさん
じゃあオーリーさんもAUDCAD狙われるってことなんでしょうか!?

オーリー
僕はすでに原油とアメリカ株、パラジウムとたくさんポジション持ってるので狙わないです。

タカシさん
なんかもったいない気はしますが・・・・でも、オーリーさんにはオーリーさんのやり方がありますもんね。

タカシさん
でも、今日の内容すごく勉強になりました!

オーリー
それは良かったです!

タカシさん
あと、MT4版の投機筋チャートもあるんですよね?そこだと10年分のポジション量が見れると聞いたですが・・・・。

タカシさん
そこから入手できるんでしょうか?

オーリー
こちらから投機筋チャートを見ることができますので、ぜひご活用ください!

タカシさん
ありがとうございます!

オーリー
あと今回の内容はこちらの動画でも解説しておりますので、ぜひ復習としても見てみてください。

タカシさん
はい!しっかり復習しておきますね!今日もありがとうございました☆

 

今回はFXにおいて、投機筋チャートから豪ドル(AUD)が買われている根拠やAUDCADが熱い理由、そしてカナダドル(CAD)原油(オイル)との連動性について解説しましたが、いかがでしたか?

これで初心者の方も投機筋チャートの応用的な見方や通貨ペア選定方法を理解できたと思います。

ぜひこれからのトレードに活用してくださいね!

 

無料サインツールプレゼント

 

公式LINEに友達追加すると
無料サインツール
《投機筋インジケーター》をプレゼント!

↓↓オーリーch公式LINE 友達追加↓↓

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク


おすすめの記事