初心者がFX・株で勝てるためには?勝ち組の考えを解説!

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

FXでエントリーしたら含み損なり、損切りしたら思うように動いて「損切りしなかったら利益出せたのに・・!」ということはありませんか?

今回は勝ち組の考え方を、ショートカバー大衆トレーダーとの対比に触れながら解説していきます。

初心者もこちらの記事を読むことで、グランビルの法則天井エントリーすることの大切さやFX・株でチャートに振り回されずに勝てるコツを理解できますので、ぜひ最後までお読みください!

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

チャートに振り回されて勝てない!?勝ち組はどのように考えている?

タカシさん
オーリーさん、こんにちは~。

 

オーリー
タカシさん、こんにちは!どうされたんですか!?

 

タカシさん
実はアメリカ株ダウに、先週26226ドルで売りエントリーをしたんです。

タカシさん
そしたら一気に戻りで上昇して、今含み損地獄です・・・。

 

タカシさん
一体どうしたらいいんでしょうか?

 

オーリー
タカシさん、思いっきりチャートに振り回されてますね^^;

 

タカシさん
そうですね・・・この理不尽から一刻も抜け出したいです!

オーリー
今回は僕のエントリータイミングの考え方や、チャートに振り回されない方法を中心にお話していきます!

 

タカシさん
はい!よろしくお願いします!

スポンサーリンク

なぜチャートに振り回される?その仕組みを解説!

オーリー
さて、チャートが天井から暴落した後はどのように考えますか?

タカシさん
落ちてきた!今から売りのチャンス!」と考えていきます。

 

オーリー
なるほど。実は大衆トレーダーはここで駆け込んで売りエントリーを仕掛けます。

オーリー
するとチャートはどうなると思いますか?

 

タカシさん
えっと・・・・・チャートはもっと落ちますね!

 

オーリー
実は大衆が売りエントリーに駆け込むと、チャートは無情にも上昇する傾向があります。

タカシさん
うわぁ・・・それってアメリカ株ダウでの戻り上げじゃないですか!

オーリー
そうですね。この戻りで上昇することをショートカバーと呼びます。

 

タカシさん
ほうほう・・・ショートカバーと呼ぶんですね・・・(メモメモ)

 

オーリー
次に駆け込みで売りエントリーを仕掛けてショートカバーで上昇し、含み損になりました。タカシさんはどうしますか?

 

タカシさん
含み損に耐えられないので、損切りします。

 

オーリー
やはりそう来ましたね。大衆トレーダーが一斉に損切りをかけると、チャートはどうなると思いますか?

 

タカシさん
えっと・・・・あ、もしかしてチャートは無情にも落ちていく・・ということでしょうか?

 

オーリー
その通りです。つまり、「損切りしなければ利益を出せてたのに!(泣)」と理不尽なことが起こりがちなんです。

タカシさん
うぅううう・・・・痛いほど経験しました。

 

タカシさん
てか、僕も大衆トレーダーを抜け出したいです。一体どうしたらいいんですか?

 

オーリー
次に説明していきますね!

スポンサーリンク

チャートは大衆トレーダーが損するようにできている。

 

オーリー
さてタカシさん、アメリカ株ダウが次のように上昇しているときはどのように考えますか?

タカシさん
売りで入るのは怖いので、買いエントリーを考えますね。

 

オーリー
バブル相場、つまり月足レベルでグランビルの法則4番が出ているとき、大衆トレーダーはどんどん買いでエントリーします。

 

タカシさん
えっと、グランビルの法則4番って何でしたっけ?

 

オーリー
グランビルの法則4番についてはこちらで説明しています!
グランビルの法則4番についてはこちらをクリック!
グランビルの法則4番は、上昇トレンド中で勢いよく移動平均線から乖離したポイントを狙っていきます。 つまり、相場が過熱し上昇トレンドが続く中売りを仕掛けるということになります。

初心者の方なら、みんなが買ってるから買うという心理で取引をするのはスムーズに取引できても、みんなが買っているポイントで売りを仕掛けるこの4番はどこが天井か?という不安感もあり中々手を出しずらいポイントでもあると思います。

一体どんな法則となるのか見ていきましょう!

グランビルの法則4番とは?
グランビル4番は右肩上がりの移動平均線に沿って価格帯が上昇していく中、
移動平均線から大きく離れたポイントを売りで狙う目安としてみていきます。

4番の特徴として、右肩上がりの移動平均線から大きく乖離した時、自立反発し移動平均線まで戻るという特性を狙ったものになります。

ここでもポイントは、大きく乖離しているというところです。もちろん、ここで買いで狙っていってはいけません。

売りシグナルとなるので注意しましょう!

タカシさん
ありがとうございます!

 

オーリー
この時、大衆は「暴落なんて来るわけ無いよ〜。今がバブルなんだから買っておけ!」と考えます。

タカシさん
あぁ〜・・・僕もオーリーさんのYoutube見てなかったら、絶対に買いエントリーしまくってますよ。

 

オーリー
そして、次に起こることは分かりますよね?

 

タカシさん
無情にも暴落する・・・ということですか?

 

オーリー
そうです!今回のアメリカ株ダウは「静かに暴落が始まった」んですよ。

タカシさん
確かに、大きなニュースも無く暴落しましたよね。

オーリー
このように、チャートは大衆トレーダーが損するようになっています。

オーリー
ちなみにアメリカ株ダウの暴落が始まった様子は、下記の記事で詳しく解説しています!

→株価暴落は静かに始まった!?【2019・予想】今後の展開について解説!

 

タカシさん
はい!ぜひ読んでみますね。

 

タカシさん
じゃあ、僕も大衆トレーダーを抜け出さないとですね・・・・。

タカシさん
オーリーさんはエントリータイミングをどこで考えているんでしょうか?

 

オーリー
次に説明していきますね!

スポンサーリンク

 

大衆トレーダーを抜け出すために!勝ち組の考え方を伝授!

 

オーリー
実は、大衆トレーダーがアゲアゲムードで買いエントリーを仕掛けている時、僕はグランビルの法則4番の天井で27232ドルでエントリーしました。

 

タカシさん
そこから見事に暴落したんですよね!?本当にオーリーやや神です!

 

オーリー
ありがとうございます^^そして暴落したのが明確に見えて、大衆は売りエントリーに駆け込みます。

オーリー
この時、僕はどのように考えていると思いますか?

 

タカシさん
うーん・・・・「もっと利益伸ばそう」と考えている感じですね?

 

オーリー
それもありますが、実は既に買い目線に切り替えているんです。

 

タカシさん
買い目線・・・?

 

オーリー
つまり、「グランビルの法則8番で買いでエントリーするポイント」を考えているということです。

タカシさん
えっと、グランビルの法則8番って何でしたっけ?

 

オーリー
グランビルの法則8番についてはこちらで説明しています!
グランビルの法則8番についてはこちらをクリック!
グランビルの法則8番とは?
グランビル8番は右肩下がりの移動平均線に沿って価格帯が下降昇していく中、
移動平均線から大きく離れたポイントを買いで狙う目安としてみていきます。

グランビルの法則8番の特徴として、右肩下がりの移動平均線から大きく乖離した時、自立反発し移動平均線まで戻るという特性を狙ったものになります。

こちらもポイントは、大きく乖離しているというところです。もちろん、ここで売りで狙っていってはいけません。

買いシグナルとなるので注意しましょう!

タカシさん
ありがとうございます!

タカシさん
じゃあ、大衆が売り目線になったらオーリーさんは既に買い目線・・・ということになるんでしょうか?

 

オーリー
その通りです。つまり、大衆トレーダーとは常に逆を行くということなんです。

 

タカシさん
なるほど・・・・じゃあ、大衆が怖がってエントリーできないポイントが大きく利益を出すチャンスということなんですね。

 

オーリー
そうです!だからFXや株で勝ち続けるためには、大衆トレーダーのように振り回されてはいけないということなんです。

 

タカシさん
すごく勉強になります・・・!あ、オーリーさんがアメリカ株ダウで天井でエントリーできた根拠を教えてください!

 

オーリー
僕がアメリカ株ダウにエントリーした根拠については、下記の記事で解説しています!

→金から見た根拠はこちら!

→恐怖指数から見た根拠はこちら!

→10月の法則から見た根拠はこちら!

→今後のアメリカ株ダウの動向はこちら!

タカシさん
ありがとうございます!

 

タカシさん
あ、そういえばオーリーさんのYoutube見てて「信じられない出来事は、信じた者のみ起こる」の言葉を思い出しました!

 

タカシさん
今回の内容を理解したら、すごくしっくり来ました!

 

オーリー
嬉しいお言葉ありがとうございます!大衆トレーダーが暴落を信じない中でも、根拠を持って暴落を信じれば利益を出せる・・ということです。

 

タカシさん
とても腑に落ちました!

 

オーリー
ちなみに今回紹介したショートカバーで含み益が減ったときに、損した気持ちを克服する方法を下記の記事で解説しています!

→プロスペクト理論に勝つ手法とは?【今後の株価・2019】金とドルの動向も説明!

タカシさん
ありがとうございます!しっかり自分の糧にしていきます!

 

 

今回は勝ち組の考え方を、ショートカバー大衆トレーダーとの対比に触れながら解説しましたが、いかがでしたか?

これで初心者グランビルの法則天井エントリーすることの大切さやFX・株でチャートに振り回されずに勝てるコツを理解できたかと思います。

ぜひこれからのトレードに活かしてくださいね!

 

億トレーダーが相場を実況中継!

日々相場の予想を配信していますので、
ぜひフォローよろしくお願いします♫

↓↓オーリーch Twitterフォローする↓↓

無料サインツールプレゼント

LINE@を友達追加すると
億トレーダーが作ったサインツール
《オリスキャ2》をプレゼント!

↓↓オーリーchLINE@ 友達追加↓↓


最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

 

おすすめの記事