【株・今後】12年ぶりの弱気相場!?3分でわかる買い目線の考え方とは

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

本日、2008年リーマンショック以来に弱気相場と宣言されました。

今回は弱気相場とは何なのか、そしてオーリーがすでに買い目線で見ている理由を解説していきます。

時事的な知識としても役に立つと思うので、ぜひ最後までお読みくださいませ!

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

12年ぶりに弱気相場に突入!?

ケンジさん
オーリーさん、こんにちは!

オーリー
ケンジさん、こんにちは!今日はどうされたんですか?

ケンジさん
また一撃1億円達成されたんですね!!おめでとうございます!!

オーリー
ありがとうございます!実は今日、含み益1.5億円到達できました。

ケンジさん
えぇええ!?まだ伸ばすんですか!?

オーリー
今回、パラジウムは高みを目指していきます!!

ケンジさん
オーリーさん、さすがです!!

ケンジさん
ところでなんですが、なんか弱気相場に突入したとニュースでありました!

ケンジさん
その、弱気相場ってそもそも何でしょうか?

オーリー
次に説明していきますね!

ケンジさん
はい!

スポンサーリンク

弱気相場についてわかりやすく解説!一ヶ月でリーマンショックの8割の暴落幅に!?

オーリー
弱気相場とは、市場が下落を続けて反発する見方がほとんどない状況のことを指します。

オーリー
別名「ベアマーケット」と呼びます。

ケンジさん
ふむふむ・・。

オーリー
この逆の、市場がどんどん上昇していく状況は強気相場(ブルマーケット)と言います。

ケンジさん
なるほど!

オーリー
厳密に言うと、弱気相場は最高値から20%以上の下落を意味します。

オーリー
今現在、アメリカ株ダウは最高値から約23.6%下落となっています。

ケンジさん
えぇ!?早くないですか!?

オーリー
実は今の下落幅は、2008年のリーマンショック時の約77.9%まで到達しているんです。

ケンジさん
えぇ!?リーマンショックのときって、暴落にどれぐらい時間がかかったんですか!?

オーリー
2007年に最高値をつけて落ちて、真ん中辺り2008年でリーマンショックが起きて一気に下落しました。

オーリー
このときの弱気相場は約1年半続きました

ケンジさん
じゃあ、過去に1年半かけた暴落幅の約8割をたった1ヶ月で落ちたってことですよね!?

オーリー
そうですね。しかも重要なのは、今の下落はあくまで序章ということなんです。

ケンジさん
え・・・・・・・・それってつまり・・・・。

オーリー
つまりここからもっと落ちるとなると、リーマンショック以上の大不況になる可能性が考えられます。

オーリー
リーマンショックのときも1年半弱気相場が続いてたので、今回もそのぐらい弱気相場は続くことは覚悟した方がいいと思います。

ケンジさん
なんか・・・・今後の日本どうなるか怖いんですけど・・・。

オーリー
前回、日本がこれからの不況でどうなるか解説しておりました。

オーリー
詳しくはこちらの記事をご覧くださいませ。

ケンジさん
ありがとうございます!

ケンジさん
というかオーリーさん、アメリカ株どんどん落ちてますよね!?

ケンジさん
これって今から売り時じゃないですか!?

オーリー
実は僕は、かなり落ちたところから売りで入ることは考えてません。

ケンジさん
え!?それって一体どういうことなんでしょうか!?

オーリー
次に説明していきますね!
,

スポンサーリンク

オーリーはすでに株を買い目線!その理由とは?

オーリー
実は僕は、すでに買い目線に切り替えています。

ケンジさん
えぇ?買い目線!?でも、今から買うなんて危険じゃないですか!?

ケンジさん
だって今、みんな「株は売る時だ!」と言ってますよ!?

ケンジさん
今、ニュースでもようやく弱気相場に入ったと報道したじゃないですか!?

オーリー
大衆トレーダーはこの時ようやく「景気後退期に入ったから、株は売ろう」と考えて売りで入っていきます。

ケンジさん
でも、大衆に乗るのが一番安全ってみんな言ってますし・・・・・

オーリー
ケンジさん、その考え方こそ大衆トレーダーと同じ行動をする原因になってしまうんです。

ケンジさん
ギクッ!

オーリー
大衆トレーダーがようやく売り目線になったとき、僕は買い目線になっています。

オーリー
ただ、「今すぐに買いで入る」という意味ではないんです。

ケンジさん
えぇ!?それってどういうことなんでしょうか!?

オーリー
僕の買い目線というのは長期的なスパンです。

オーリー
つまり、落ちていく株を見ながら1年以上かけて底を探ることを考えます。

オーリー
なので僕が株を買う頃には、世間は「もう株は二度と上がらない」「一生下がり続ける」と言ってると思います。

オーリー
このときに最安値をつけた時に底から買うことで、また大きく利益を出せるということなんです。

ケンジさん
なるほど・・・・!つまりオーリーさんは常に大衆とは逆の考えをしてるということなんですね!

オーリー
大衆が一斉に押しかけてくると、その時点で勝負は一気に不利になります。

オーリー
重要なのは「人の行く裏に道あり花の山」、つまり「大衆と常に逆に動く」ことでチャンスを大きくつかめます。

オーリー
これはトレードだけでなく、ビジネスでチャンスを掴むにも役に立つ考え方です。

ケンジさん
オーリーさん・・・・僕、今までの行動振り返ってグサっとくるものありましたけど、ものすごく勉強になりました・・・・!

ケンジさん
ここでオーリーさんがすでに長期的な買い目線に切り替えてるなんて、本当にすごいと思います!

オーリー
嬉しいお言葉ありがとうございます!今回の内容はこちらの動画でも解説しております!

ケンジさん
今日もすごく勉強になりました!しっかり復習しておきます!

 

今回は弱気相場とは何なのか、そしてオーリーがすでに買い目線で見ている理由を解説しましたが、いかがでしたか?

時事的な知識としてもぜひ活用してくださいね!

無料サインツールプレゼント

LINE@を友達追加すると
無料サインツール
《投機筋チャート》をプレゼント!

↓↓オーリーchLINE@ 友達追加↓↓


 

億トレーダーが相場を実況中継!

日々相場の予想を配信していますので、
ぜひフォローよろしくお願いします♫

↓↓オーリーch Twitterフォローする↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク


おすすめの記事