【FX】今週はドル高円安になる!?投機筋チャートから解説!

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

先日投機筋チャートを更新しました!

→ブログ版投機筋チャートで1年分を見る

今回はFXで今週ドル高円安に向かう可能性を、ドル投機筋チャートから考察していきます。

初心者投機筋チャート応用法について理解できるので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

今週はFXでドル高円安になる!?その根拠を投機筋チャートから解説!

リナさん
オーリーさん、こんにちは!いつも投機筋チャートの更新ありがとうございます!

オーリー
リナさん、こんにちは!投機筋チャートはこちらから見ることができます。

リナさん
Youtubeも見たんですけど、なんかドルが買われる・・・と仰ってましたよね?

リナさん
でも私イマイチ理解ができなくて・・・そこでわかりやすく教えていただけると嬉しいです☆

オーリー
わかりました!次に説明していきますね。

リナさん
はい!

スポンサーリンク

小口投機筋の円ロングを機関投資家が円ショートで対抗に来る!?

オーリー
最初に、ドル円のチャート円のポジション量を見ていきます。

リナさん
これはどう見ればいいんでしょうか?

オーリー
小口投機筋は前から円ショートに走っており、円ショートのポジション量が限界値付近で停滞しています。

リナさん
えっと、小口投機筋ってなんでしたっけ?

オーリー
小口投機筋は僕たちのような個人投資家のことで、大口投機筋・機関投資家・ヘッジファンド(※)に比べて資金力で圧倒的に不利です。

※大口投機筋・機関投資家・ヘッジファンドをまとめて「相場を操る御三家」と呼んでいます。

オーリー
なので小口投機筋のポジション量は、相場を操る御三家に狩られる傾向があるわけです。

リナさん
ふむふむ。それで、今後小口投機筋はどうなるんでしょうか?

オーリー
小口投機筋の円ショートが限界値付近ということは、これから円ショートを解消して円ロングになる可能性があるということです。

オーリー
もちろん小口投機筋が円ロングに走るとなると、それを狩りに相場を操る御三家が円ショートで対抗してくるかもしれません。

リナさん
相場を操る御三家の中で、円ショートを仕掛ける根拠はあるんでしょうか?

オーリー
機関投資家の円のポジション量は、5万枚付近の限界値で停滞しています。

リナさん
だから、機関投資家が円ショートに傾くかもしれないってことですね!

オーリー
ポジション量も切りがいい数字が意識される傾向があります。

リナさん
あ、5万枚ってかなり切りがいい数字ですよね。

オーリー
ここから機関投資家が円ショートに傾くことを考えると、先程の「小口投機筋の円ロングを円ショートで狩りにくる」根拠と辻褄が合ってきます。

リナさん
そういうことだったんですね!すごく勉強になります!

リナさん
えっと、じゃあ今週は円ショートになるってことでしょうか?

オーリー
その可能性を考えています。

リナさん
でも、さっきドル円のチャートと円のポジション量を出してましたよね?

リナさん
これってドルも今後どうなるか考えないと、ドル円の動きがわからない気がするんですが・・・・。

オーリー
次に今週のドルの動きについて、解説していきますね!

スポンサーリンク

ドルは今週、修正で買われていく可能性!?

オーリー
ドルについては、チャートから考察していきます。

リナさん
はい!

オーリー
こちらはドルの相対的な価値を示すドルインデックスのチャートになります。

リナさん
あ!これって移動平均線からの乖離・・・・ってことは、オーリーさんお得意の転換パターンじゃないんですか!?

オーリー
ドルインデックスは週足で移動平均線から大きく離れているので、グランビルの法則8番と見ることができます。
グランビルの法則8番についてはこちらをクリック!
グランビルの法則8番とは?
グランビル8番は右肩下がりの移動平均線に沿って価格帯が下降昇していく中、
移動平均線から大きく離れたポイントを買いで狙う目安としてみていきます。

グランビルの法則8番の特徴として、右肩下がりの移動平均線から大きく乖離した時、自立反発し移動平均線まで戻るという特性を狙ったものになります。

こちらもポイントは、大きく乖離しているというところです。もちろん、ここで売りで狙っていってはいけません。

買いシグナルとなるので注意しましょう!

リナさん
えっと、グランビルの法則8番って買いサインでしたよね?

オーリー
よく覚えてましたね!ドルインデックスが上がると、ドルは買われるということになります。

リナさん
じゃあ、他のドルとの通貨でも移動平均線から離れたりしてそうですね!

オーリー
ユーロドルも移動平均線から大きく離れており、こちらはグランビルの法則4番を形成しています。
グランビルの法則4番についてはこちらをクリック!
グランビルの法則4番は、上昇トレンド中で勢いよく移動平均線から乖離したポイントを狙っていきます。 つまり、相場が過熱し上昇トレンドが続く中売りを仕掛けるということになります。

初心者の方なら、みんなが買ってるから買うという心理で取引をするのはスムーズに取引できても、みんなが買っているポイントで売りを仕掛けるこの4番はどこが天井か?という不安感もあり中々手を出しずらいポイントでもあると思います。

一体どんな法則となるのか見ていきましょう!

グランビルの法則4番とは?
グランビル4番は右肩上がりの移動平均線に沿って価格帯が上昇していく中、
移動平均線から大きく離れたポイントを売りで狙う目安としてみていきます。

4番の特徴として、右肩上がりの移動平均線から大きく乖離した時、自立反発し移動平均線まで戻るという特性を狙ったものになります。

ここでもポイントは、大きく乖離しているというところです。もちろん、ここで買いで狙っていってはいけません。

売りシグナルとなるので注意しましょう!

オーリー
つまり、ドルは今週は修正という形で買われる可能性があると考えられます。

リナさん
じゃあ、ドル円は上がる・・・?下がる・・・・?どっちでしたっけ!?

オーリー
FXの通貨ペアは、後ろの通貨が買われると下落、売られると上昇します。

オーリー
なのでドル円が今週は上昇傾向で、ドル高円安になるかもしれないということです。

 

リナさん
全体的な動きを理解することができました♫すごくわかりやすかったです☆

オーリー
それは良かったです!

リナさん
私もっと投機筋チャートを検証したいと思うんですが、どこかで10年分見れると聞いたんですけど、どこから見れますか?

オーリー
こちらから見ることができます。

→MT4版投機筋チャートで10年分を見る

リナさん
ありがとうございます♫

オーリー
今回の内容はこちらの動画でも解説しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

リナさん
しっかり見てみます!今日もありがとうございました☆

 

今回はFXで今週ドル高円安に向かう可能性を、ドル投機筋チャートから考察しましたが、いかがでしたか?

これで初心者投機筋チャート応用法について理解できたと思います。

ぜひこれからのトレードに活用してくださいね!

 

無料サインツールプレゼント

 

公式LINEに友達追加すると
無料サインツール
《投機筋インジケーター》をプレゼント!

↓↓オーリーch公式LINE 友達追加↓↓

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク


おすすめの記事