ついにトランプ氏が最高裁へ訴訟へ!逆転勝利まで目前か!?
United States Supreme Court Building in Washington DC, USA.

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回はペンシルバニア州裁判所不正選挙棄却最高裁判所へ持ち込むトランプ氏の作戦ということと、公聴会から選挙人団投票トランプ氏逆転勝利可能性があることについてお話していきます。

時事的な知識としても活用できるので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

ペンシルバニア州裁判所の棄却はトランプ氏の作戦か!?

アユミさん
オーリーさん、こんにちは〜。私テレビ見てるんですが、もうトランプさんは勝ち目はないと報道されています。

アユミさん
でもオーリーさんのブログでは、トランプさんに勝ち目があるように報道されているじゃないですか?

アユミさん
なぜ、そこまでトランプさんに勝機があるように報道するんでしょうか?

オーリー
アユミさん、こんにちは!結論から言いますと、マスコミはとことん嘘の情報を流しています。
 
マスコミを信じていけない理由については、こちらの記事をご覧くださいませ。

アユミさん
え!?でもそんなのありえないですよね!?ニュースを見ることが勉強だと言われてたから・・・・。

オーリー
それはどこの情報源から入れてるによります。

オーリー
残念ながら日本のマスコミは在日など支配層に乗っ取らているので、意地でもトランプ氏が有利という報道はしないんです。

アユミさん
そんな・・・・・でも、ここで本当の情報を知っておきたいです。

オーリー
わかりました!次に説明していきますね。

スポンサーリンク

最高裁への訴訟と州議会の公聴会の動きを解説!

オーリー
まず不正選挙に関して、裁判への告訴州議会の公聴会の2つの動きがあります。

アユミさん
あ!なんかペンシルバニア州裁判所で棄却されたとニュースでは言っていましたよ。

オーリー
マスコミはペンシルバニア州裁判所で棄却されたので、トランプ氏が最高裁までたどり着くのは難しいと報道しています。

オーリー
しかしこれも本当はトランプ氏の作戦で、さっさと小さな裁判所は棄却させて最高裁へスピーディーに持っていく作戦なんです。

アユミさん
そうだったんですか!

オーリー
そして選挙結果の不正で審議中の州では、州議会にて公聴会が開かれています。

アユミさん
公聴会って何でしょうか?

オーリー
公聴会では不正選挙の関与した利害関係者から意見を聞きます。

オーリー
ここで不正選挙の証拠や違反を提示して、投票結果をどうするか判断するわけです。

アユミさん
なるほど〜。

オーリー
ペンシルバニア州議会では公聴会の結果、投票結果を取り消して州議会で選挙人団を選ぶことが決定しました。

アユミさん
えっと、その選挙人団が改めて投票するんでしょうか?

オーリー
そうですね。なのでペンシルバニア州で選挙人団投票でトランプ氏が勝てば、20の選挙人票数を獲得できます。

アユミさん
20はかなり大きいですね!

オーリー
他にもアリゾナ州での公聴会では、投票結果を近々取り消す決議案を出すということです。

オーリー
ミシガン州では投票結果は取り消さないということです。

アユミさん
あれ!?ミシガン州はバイデンさんが勝ったと報道してましたよ!

オーリー
実際にはミシガン州ではバイデンさんが勝ったわけではなく、まだ決まってないということです。

オーリー
ただ、引き続き公聴会で不正選挙の証拠を出しています。

アユミさん
いやぁ、まさか大統領選がこんなに長い戦いになるとは思わなかったですね〜。

オーリー
もしペンシルバニア・アリゾナ・ミシガンの選挙人団投票でトランプ氏が勝利した場合、現在の232票に47票が加わって279票になります。

オーリー
つまり過半数を獲得してトランプ氏が勝利となります。
・ペンシルバニア州 : 20
・アリゾナ州 : 11
・ミシガン州 : 16
現在のトランプ氏232票 + 上記3州の選挙人票数47票 =  279票

アユミさん
これは勉強になります!

オーリー
ただ、選挙人団投票でトランプ氏・バイデン氏両者とも過半数を1月6日までに獲得できなかった場合は、下院投票に持ち込まれて決定します。

オーリー
さらにペンシルバニア・アリゾナ・ミシガンの州議会や下院は、トランプ氏陣営の共和党が過半数を占めているので、トランプ氏に有利な状況でかなり希望があるという状況です。

オーリー
ただ、共和党にもトランプ氏を裏切る者も出てくる可能性はあるので、まだまだ油断は禁物かと思います。

アユミさん
なるほどですね。ちょっと私にとっては一回じゃ理解できないので、もう一度復習してみます。

アユミさん
あ!ちょっと気になったんですが、バイデンさんが愛犬と遊んで骨折というニュースありましたよ!

アユミさん
骨折されたのは辛いかもしれないけど、バイデンさんも回復されるといいですね。

オーリー
実はバイデン氏骨折のニュースも表面だけ見ていては、真実は読み取れないと思います。

アユミさん
え!?そうなんですか!?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

「バイデン氏が愛犬で遊んで骨折」のニュースの真相とは!?

オーリー
バイデン氏が骨折したというニュースは、実はGPS付きギプスを足に装着されたという説があります。

アユミさん
え!?なぜGPS付きギプスですか!?

オーリー
前回、バイデン氏は国家反逆罪となり大統領選を辞退する可能性はあることを話していました。

 
バイデン氏が国家反逆罪で大統領選を辞退する可能性については、こちらの記事をご覧くださいませ。

オーリー
ここからバイデン氏は米軍によって逮捕され、逃走防止のGPSを装着された可能性があります。

アユミさん
それを愛犬と遊んで骨折と報じるなんて・・・・。

オーリー
そもそもマスコミはこれまでバイデン氏を持ちあげる報道をしていたので、仮にこれが真実としてそのまま報道すれば国民からの信頼を失います。

オーリー
なので愛犬で骨折と言いくるめたかもしれないですね。

アユミさん
私、まだまだマスコミ信者なところあるので、受け入れるには時間かかりそうですね。

オーリー
今のマスコミがフェイクニュースを流し続けているのは、陰謀論やオカルトでもなく本当のことです。

オーリー
なので思考停止で鵜呑みにせず、しっかり検証していくことが大事です。

アユミさん
わかりました!私も自分で考える癖つけていきます。

アユミさん
今日もありがとうございました〜!

スポンサーリンク

今回はペンシルバニア州裁判所不正選挙棄却最高裁判所へ持ち込むトランプ氏の作戦ということと、公聴会から選挙人団投票トランプ氏逆転勝利可能性があることについてお話しましたが、いかがでしたか?

時事的な知識としてもぜひ活用してくださいね!

 

無料サインツールプレゼント

 

公式LINEに友達追加すると
無料サインツール
《投機筋インジケーター》をプレゼント!

↓↓オーリーch公式LINE 友達追加↓↓

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

おすすめの記事