ついに大統領選挙の決着で「世界の命運」が決まる!首都圏が緊急事態宣言へ!?
73736577 -

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

ついにアメリカ大統領選挙決着がつきますが、今回は1月6日に起こりうる大統領選でのシナリオや同じタイミングでの首都圏緊急事態宣言についてお話していきます。

テレビ新聞などが情報を流す情報戦争の中で「真実」の情報をつかむキッカケになると思うので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

ついにアメリカ大統領選が決着へ!「世界の命運」が決まる!

コウジさん
オーリーさん、こんにちは!ついにアメリカ大統領選の決着がつきますね!

オーリー
コウジさん、こんにちは!日本時間だと1月7日の深夜に大統領選の結果がほぼ決まります。

コウジさん
というか、11月から不正選挙とかでかなり引っ張ってきましたよねぇ。

オーリー
アメリカ時間1月6日に、12月14日に行われた選挙人投票の結果が公表されます。
 
選挙人投票については、こちらの記事をご覧くださいませ。

コウジさん
といっても、もうバイデンさんの就任式は正式に中止になったということもあって、結果はトランプさん勝ちですよね!?

 

バイデン氏の就任式中止については、こちらの記事をご覧くださいませ。

→バイデン氏の大統領就任式が中止に!?ペンス副大統領辞任のニュースは嘘!

 

オーリー
僕もトランプ氏が勝つ確率が高くなったとは感じますが、一方で予想の斜め上の展開になる可能性もあります。

オーリー
特に今回の大統領選はアメリカ国内だけでなく中国共産党や支配層との戦いなので、6日の決着は「世界の命運」が決まるといっても過言ではないです。

コウジさん
マジですか・・・・!というか、ついに首都圏も明日から緊急事態宣言出してきますよね!?

コウジさん
これもまさか、大統領選絡みじゃないでしょうか!?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

大統領選決着のタイミングで首都圏が緊急事態宣言へ!

オーリー
1月7日より東京・神奈川・埼玉・千葉が緊急事態宣言の対象となります。

オーリー
この1都3県では飲食店が20時までの時短営業で、それに違反するとメディアで公表するとなっています。

コウジさん
え、飲食店だけっておかしくないですか!?

コウジさん
だって、飲食店がダメで満員電車はOKって・・・・こんなの矛盾してますよ!

オーリー
コウジさんの仰る通りです。ここまで来ると、多くの人がコロナがいかに都合よく政治利用されているのか察すると思います。
 
コロナが嘘であることについては、こちらの記事をご覧くださいませ。

コウジさん
たしか今年は成人式も中止になってますよね?人生で一回しかない晴れ舞台なのに、それを中止にするなんて・・・。

オーリー
そもそもコロナを政治利用して国民を奴隷化したい支配層はトランプ氏陣営によってかなり弱体化されており、今は残党の悪あがきという状況です。

コウジさん
そうだったんですか・・・・!でも悪あがきするにしろ、国民がいつも辛い思いをして犠牲になるなんて許せないです!

オーリー
一見この緊急事態宣言は支配層の残党の悪あがきのように見えますが、これも大量逮捕のためと大統領選のパニックを防ぐための対策という可能性もあります。

コウジさん
たしかに、ここで正式にトランプさんが勝ったら支配層側が何をやらかすかわからないですもんね。

コウジさん
あ!大統領選の決着で注目すべき点を教えてくれると嬉しいです!

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

6日の大統領選決着でどのようなシナリオになる!?

オーリー
今、アメリカの首都ワシントンD.Cにトランプ氏の支持者が次々と集まってきています。

コウジさん
えっと、たしかトランプさんが1月6日にワシントンでのデモを呼びかけてましたよね?

オーリー
そうですね。6日の選挙人投票の公表に関して最も重要な人物がペンス副大統領です。

コウジさん
なぜ副大統領が重要なんでしょうか?

オーリー
ペンス副大統領は唯一、選挙結果への拒否権を持ちます。

オーリー
そして今回、ペンス副大統領は「不正に選ばれた選挙人を拒否する権限」もあります。

日本語訳

副大統領には、不正に選ばれた選挙人を拒否する権限があります。

コウジさん
それは心強いですね!

オーリー
6日の展開は、以下のパターンが想定できます。

・州からの合法票の報告がない場合 
 → 不正票排除でトランプ氏が合法的勝利

・ペンス副大統領が選挙結果に対して拒否権を発動し、トランプ氏バイデン氏両者とも過半数を取れない場合
 → 下院投票で勝者を決定

・ペンス副大統領がトランプ氏を裏切った場合
 → トランプ氏が戒厳令(※)を発動する可能性あり
   ※戒厳令についてはこちらの記事をご覧くださいませ。

・トランプ氏によって大統領選そのものが中止となる

コウジさん
なるほどですねぇ、でも大統領選そのものが中止になる可能性というのはなんでしょうか!?

オーリー
すでにバックでは支配層が消えた世界での法律であるNESARAGESARAの準備が整っております。

オーリー
これが発動するとNESARA・GESARAの宣言後120日以内に大統領選挙を行うとあるので、そうなると大統領選中止 → アメリカ合衆国解体の可能性も想定できるわけです。
 
NESARAGESARAについては、こちらの記事をご覧くださいませ。

コウジさん
これがまさに斜め上の展開ですよね・・・・!

オーリー
もちろん、NESARA・GESARAの宣言がトランプ氏が正式に再選されてから行われる可能性もあります。

コウジさん
こればかりは、もう神のみぞ知るってところですね。

オーリー
日本時間の深夜、いよいよ世界の歴史が大きく動くと思います。

オーリー
また明日の記事で大統領選の動向をまとめますので、ぜひ見てみてください!

コウジさん
わかりました!僕も最後までトランプさんを応援して、大統領選の行方を見守ります!

コウジさん
今日もありがとうございました!

 

ついにアメリカ大統領選挙決着がつきますが、今回は1月6日に起こりうる大統領選でのシナリオや同じタイミングでの首都圏緊急事態宣言についてお話しましたが、いかがでしたか?

テレビ新聞などが情報を流す情報戦争の中で「真実」の情報をつかむキッカケとして、ぜひ活用してくださいね!

 

無料サインツールプレゼント

 

公式LINEに友達追加すると
無料サインツール
《投機筋インジケーター》をプレゼント!

↓↓オーリーch公式LINE 友達追加↓↓

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

おすすめの記事