バイデン氏の大統領就任式が中止に!?ペンス副大統領辞任のニュースは嘘!

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回はバイデン氏大統領就任式中止になったこととペンス副大統領辞任ニュースである根拠、さらにイギリスEU離脱ブレグジット」が完了したことについてお話していきます。

テレビ新聞などが情報を流す情報戦争の中で「真実」の情報をつかむキッカケになると思うので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

バイデン氏の大統領就任式が中止決定!

リナさん
オーリーさん、こんにちは!またまたすごいニュースですが、バイデンさんの大統領就任式が中止になったそうです!

リナさん
これはトランプさんの勝ち確実ですね!

オーリー
リナさん、こんにちは!現在、バイデン氏の就任パレード式の設備が撤去されています。

リナさん
これは日本のマスコミは報じたんですか?

オーリー
残念ながら日本のマスコミは報じてないです。

リナさん
もし報じたら、これまでバイデン次期大統領と言ってきたことがバレますからねぇ。

オーリー
そもそもバイデン氏が不正を行ったことがいろんな州で認められており、バイデン氏が次期大統領になることは世間が許さない状況になっています。

リナさん
そうですよね!すでにいろんな罪を背負った人が大統領になるべきではないと思います!

オーリー
さらに共和党でもバイデン氏の勝利を認めないといったこともあり、世間の流れからもマスコミの嘘が暴かれる日はもうすぐと感じます。

オーリー
そしてペンス副大統領に関しても、嬉しい情報が流れています。

リナさん
おぉ!一体どんなニュースなんでしょうか?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

ペンス副大統領の辞任は嘘!?1月6日に大きな権限を発動か!?

オーリー
ペンス副大統領は1月6日の選挙人投票の結果確定日に大きく権限を持っており、唯一結果に対する「拒否権」を持ちます。
 
アメリカ大統領選挙において1月6日が重要であることについては、こちらの記事をご覧くださいませ。

リナさん
それならかなり重要な役割を担っているということですね!

オーリー
しかし、以前ペンス副大統領が支配層に脅されててトランプ氏を裏切る可能性があることもお話していました。
 
ペンス副大統領が裏切る可能性については、こちらの記事をご覧くださいませ。

オーリー
その背景もあり、ペンス副大統領が辞任するというニュースも流れています。

リナさん
え・・・・今頃辞任ってヤバくないですか!?

オーリー
しかし一方でペンス副大統領の辞任はまったくの嘘であるという情報も流れています。

リナさん
おぉ!でも、結局辞任するのかしないのかがこれだけではわからないですね。

オーリー
実はペンス副大統領の主任スタッフが以下のようにツイートしました。

日本語訳
ペンス副大統領は、前回の選挙での不正投票と不正行為に関する何百万人ものアメリカ人の懸念を共有しています。副大統領は、下院と上院の議員が法の下で持っている権限を使用して異議を唱え、1月6日に議会とアメリカ国民に証拠を提出する努力を歓迎します。

リナさん
おぉお!しかもペンス副大統領の主任スタッフのツイートであれば、かなり確証がありますね!

オーリー
もしもペンス副大統領が本当に辞任するのであれば、主任スタッフもこのようなツイートはしないと思います。

オーリー
なので僕はペンス副大統領はこのまま1月6日に大きな権限を発動する可能性は十分にあると考えてます。

リナさん
えっと、1月6日は日本時間で1月7日ですよね?

リナさん
なのであと3日ぐらいで大統領選の決着がほぼついてしまう・・・・もうドキドキです!

オーリー
12月22日には占星術で「風の時代」に移ったこととトランプ氏は1月1日にstorm法に署名したことも合わせ、世論の動きも良い方向へ加速しています。
 
12月22日に風の時代に移ったこととstorm法については、こちらの記事をご覧くださいませ。

オーリー
さて、ここで1月1日にもう一つ大きな変化があったのは知ってますか?

リナさん
えっと・・・・・ちょっとわからないです。

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

2021年1月をもってブレグジットが完了へ!

オーリー
2021年1月1日をもって、イギリスはEUから完全に離脱しました。

リナさん
あ!去年ブレグジットについてブログで解説されてましたね!
 
昨年1月のブレグジットの関する記事はこちらをご覧くださいませ。

オーリー
2020年1月にイギリスのEU離脱「ブレグジット」の手続きが行われ、約1年間が移行期間でした。

オーリー
そこから今年1月1日に正式に「ブレグジット」は完了したことになります。

リナさん
ちなみに完全なブレグジット完了で何が変わるんでしょうか?

オーリー
2020年の移行期間中、EU圏内との取引にかかる関税(※)はかからないという特例措置がありました。
※関税・・・輸出入のときにかかる税金。

リナさん
えっと、EU圏内は関税はかからない、で正しかったですよね?

オーリー
よく勉強されていますね!なので2021年からはこの特例措置がなくなります。

オーリー
イギリスにとって移行期間中にFTA(自由貿易協定)を結んで、EUとの取引に関税がかからないようにすることが課題でした。
 
FTA(自由貿易協定)については、こちらの記事をご覧くださいませ。

リナさん
結局FTAは間に合ったのでしょうか?

オーリー
年末ギリギリにイギリス議会はEUとのFTAを承認したことで間に合いました。

リナさん
かなりギリギリでしたね!でも間に合ったようで良かったです。

リナさん
しかし、2021年に入って世界が怒涛のように動きますね!

オーリー
また大きな動きが出てくるので、ブログでまとめていきます。

リナさん
楽しみにしております!今日もありがとうございました♫

 

今回はバイデン氏大統領就任式中止になったこととペンス副大統領辞任ニュースである根拠、さらにイギリスEU離脱ブレグジット」が完了したことについてお話しましたが、いかがでしたか?

テレビ新聞などが情報を流す情報戦争の中で「真実」の情報をつかむキッカケとしてぜひ活用してくださいね!

 

無料サインツールプレゼント

 

公式LINEに友達追加すると
無料サインツール
《投機筋インジケーター》をプレゼント!

↓↓オーリーch公式LINE 友達追加↓↓

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク


おすすめの記事