ドル円が投機筋ラインでドンピシャで反応!株価も弱気相場へ!【FX・初心者】

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回は株価世間的にも弱気相場へ突入したことやドル円投機筋ラインでドンピシャで反応したこと、株価暴落原因は厳密にはウクライナ情勢ではないことについて考察していきます。

トレード初心者にもわかりやすく解説していくので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

株価は世間的にも弱気相場へ突入!?

リナさん
オーリーさん、こんにちは!株かなり下がりましたね!

オーリー
リナさん、こんにちは。相場は全体的に弱気相場に入ったこともあり、サポートラインを下に抜け始めてきました。

リナさん
ずっと前から株に関して、投機筋チャートから下がると言われてましたね!

オーリー
株については恐怖指数の投機筋チャートを見ているのですが、現在過去の株価暴落時の動きに当てはまっています。

リナさん
しかも恐怖指数の動きが去年から出てたから、世間が強気相場のときから株価暴落を見られててすごいなと思いました!

リナさん
というか、ドル円の予想ドンピシャすぎませんでした!?ぜひドル円がどんな感じで予想当てたか、詳しく解説してほしいです!

 

オーリー
次に説明していきます。

スポンサーリンク

ドル円が投機筋ラインでドンピシャで反応!

オーリー
こちらは円の投機筋チャートですが、レバレッジファンドは先々週の時点で含み損を抱えていました。

 

 

投機筋チャートの見方については、こちらの説明をご覧くださいませ。

投機筋チャートの見方についてはこちらをクリック!

投機筋チャートとは大口投機筋・機関投資家・レバレッジファンドの「相場を操る御三家」のポジション量をまとめたチャートになります。

また相場を操る御三家に加え、小口投機筋のポジション量も掲載しています。

オーリー
投機筋チャートでは普通のチャートからは見ることができない、中長期的な相場の動きを見ることができます^^
相場を操る御三家について
大口投機筋・機関投資家・レバレッジファンド → 大口資金で動かす存在でチャートの動きに大きく影響を与える。

小口投機筋 → 個人投資家のことであり、相場の操る御三家に比べて資金力は圧倒的に不利。

オーリー
小口投機筋は資金力で不利なことから、相場を操る御三家の動きによってロスカットを喰らいやすい傾向にあります。
投機筋チャートはCFTCという海外のサイトからデータを取っており、それを和訳した上でチャートにまとめています。
 

CFTCのサイトはこちらからご覧くださいませ。

ここで投機筋チャートで掲載しているポジション量は「NETポジション」という形式を採用しています。

オーリー
NETポジションとは、買いポジション数から売りポジション数を差し引いたものになります。
NETポジションの定義
・NETポジション = 買いポジション数 − 売りポジション数
NETポジションは0より上、すなわちプラスの値を取ると買いポジション量が多いということになります。
逆に0より下、つまりマイナスの値を取ると売りポジション量が多いということになります。

またNETポジションには限界値が存在し、限界値に当たると反発する傾向があります。

次に投機筋チャートの見方は以下のようになります。

ブログで公開している投機筋チャートにはもう一つ、総ポジション量チャートがあります。

総ポジション量全NETポジションを合計したものになります。

ブログで公開している投機筋チャートは一部除いて直近1年分のNETポジションをまとめています。

しかしMT4版であれば過去約10年分の投機筋チャートを使うことができます。

 

リナさん
なぜレバレッジファンドが円の含み損を抱えていたとわかったんでしょうか?

オーリー
投機筋チャートではレバレッジファンドは先々週、円の売りポジション量を増加させました。

オーリー
しかし先々週の投機筋ラインでドル円が下がったことでレバレッジファンドの円の売りポジションは含み損となりました。

リナさん
えっと、まずドル円が下がると円買いになるんですよね?

オーリー
そうですね。FXの通貨ペアは右側の通貨が買われると下落し、売られると上昇する傾向にあります。

オーリー
また投機筋ポジション量のデータ元となるCFTCは毎週火曜日締めでデータを集計するため、大口投機筋・機関投資家・レバレッジファンドといった相場を操る御三家は火曜日の終値を意識します。
 

CFTCのサイトはこちらからご覧くださいませ。
→CFTCはこちら

リナさん
だから投機筋ラインが重要になるわけなんですね!

オーリー
そして先週の動きとして、レバレッジファンドは円の含み損を解消するために円の売りポジション量を増やすことでドル円価格を上げ、投機筋ラインで利確するのではと予想していました。

 

先週の予想については、こちらの記事をご覧くださいませ。

→【FX・株・投機筋チャート】NYダウは二番天井をつけて下落!?今後のドル円はどう動く?

リナさん
そこでドンピシャで反応してきましたよね!本当にオーリーさんすごいです♫

 

オーリー
レバレッジファンドが円の売りポジションを利確することによって反対の円の買い注文となり、その結果ドル円が投機筋ラインで反応したと思われます。

リナさん
でもオーリーさん、昨日更新されたレバレッジファンドの円の売りポジション量は減ってますよ?

リナさん
これはどのように整合性を取るんでしょうか?

オーリー
先日更新した投機筋チャートは先週火曜日締めで集計されたものなので、先週の水曜日~金曜日の動向はまだ不明です。

オーリー
なのでここは今週土曜日の発表で明確になります。

リナさん
わかりました!

リナさん
あと株暴落はウクライナ情勢が原因なんですよね!?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

株価暴落の原因は、厳密にはウクライナ情勢ではない!?

オーリー
株価もドル円も金(ゴールド)などもすべて取引するときはテクニカル分析のみで見ています。

リナさん
え、じゃあブログでいつも考察されているファンダメンタルズは別物なんですか!?

オーリー
今回株価が暴落した原因はウクライナ情勢と考えているのが世間一般だと思います。

オーリー
しかしテクニカル分析であれば恐怖指数の投機筋チャートの動向はもちろん、円の売りポジション量が全体的に長い間限界値に到達していて、そこから反発することなどから見ていました。

リナさん
投機筋チャートは中長期的な見方ができるんですよね?

オーリー
そうですね。特に投機筋チャートは普段のチャートでは見えない、相場を操る御三家の動きを知ることができます。

オーリー
なのでテクニカル分析が先に来て、あくまでウクライナ情勢といったファンダメンタルズは答え合わせになります。

リナさん
なるほどですね!私ももっと投機筋チャートを活用してみたいですが、どこから入手できますか?

オーリー
こちらから入手することができます。

リナさん
ありがとうございます♫

オーリー
投機筋チャートの更新はこちらのメルマガに登録していただけると通知を受けることができます。

リナさん
今から登録してみます!

オーリー
また今回の内容はこちらの動画でも解説しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

リナさん
はい!今日も勉強になりました♫

 

今回は株価世間的にも弱気相場へ突入したことやドル円投機筋ラインでドンピシャで反応したこと、株価暴落原因は厳密にはウクライナ情勢ではないことについて考察しましたが、いかがでしたか?

トレード初心者にも理解できたかと思います。

ぜひこれからのトレードに活用してくださいね!

 

 

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

おすすめの記事