【FX・株・投機筋チャート】NYダウは二番天井をつけて下落!?今後のドル円はどう動く?
Stock crisis red price drop down chart fall / Stock market exchange analysis or forex graph business and finance crash money losing moving economic investment loss

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回はNYダウ二番天井をつけて下落する可能性や恐怖指数投機筋チャートが過去の大暴落と類似の動きになっていること、
今後のドル円について考察していきます。

トレード初心者にもわかりやすく解説していくので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

NYダウは二番天井をつけて下落か。

リナさん
オーリーさん、こんにちは!株もいい感じに落ちてきて私も含み益乗って来ています♫

オーリー
リナさん、こんにちは。NYダウは下図のように二番天井をつけました。

オーリー
なので二番天井からNYダウをショートでポジションを入れました。

リナさん
さすがオーリーさんです!

オーリー
週足では単純移動平均線(期間:20)が上昇から横ばいになっており、上昇トレンドが落ち着いたことが明確になっています。

リナさん
じわじわと移動平均線も下げてきそうですよね。

オーリー
また一回落ちて半値戻しとなったものの、週足の移動平均線に当たったところで再度下落しています。

リナさん
移動平均線に当たると反発しやすいのでしょうか?

オーリー
基本的に移動平均線が意識されやすい傾向にあります。

オーリー
日足では移動平均線に当たったところでグランビルの法則6番となり、売りサインとなりました。

 

グランビルの法則6番については下記の説明をご覧くださいませ。

グランビルの法則6番についてはこちらをクリック!

グランビルの法則6番の定義は次の通りとなります。

グランビルの法則6番
6番は右肩下がりの移動平均線に沿って、急速に移動平均線をローソク足が割り込むときが、売りシグナルのポイントです。

ポイントは右肩下がりの移動平均線を急速に割り込むことです。

もしローソク足がだらだら割り込んでいったとき移動平均線は過去ローソク足20本分なので移動平均線は、横ばいになっていきます

すると、右肩下がりの移動平均線ではなくなってしまうので要注意です!

 

リナさん
グランビルの法則6番はあまり知らなかったですね。

リナさん
あと投機筋チャートの動きをまた知りたいです♫

オーリー
次に説明していきます。

スポンサーリンク

恐怖指数が過去の大暴落と類似の動きに!?投機筋チャートから解説。

オーリー
まず投機筋チャートは毎週土曜日に更新しており、先日の更新ではNYダウ・恐怖指数・日本円に大きな動きが見られました。

リナさん
どんな感じでしょうか?

オーリー
こちらはNYダウの投機筋チャートですが、全体的に買いポジション量が解消されてきています。

 

投機筋チャートの見方については、こちらの説明をご覧くださいませ

投機筋チャートの見方についてはこちらをクリック!

投機筋チャートとは大口投機筋・機関投資家・レバレッジファンドの「相場を操る御三家」のポジション量をまとめたチャートになります。

また相場を操る御三家に加え、小口投機筋のポジション量も掲載しています。

オーリー
投機筋チャートでは普通のチャートからは見ることができない、中長期的な相場の動きを見ることができます^^
相場を操る御三家について
大口投機筋・機関投資家・レバレッジファンド → 大口資金で動かす存在でチャートの動きに大きく影響を与える。

小口投機筋 → 個人投資家のことであり、相場の操る御三家に比べて資金力は圧倒的に不利。

オーリー
小口投機筋は資金力で不利なことから、相場を操る御三家の動きによってロスカットを喰らいやすい傾向にあります。
投機筋チャートはCFTCという海外のサイトからデータを取っており、それを和訳した上でチャートにまとめています。
 

CFTCのサイトはこちらからご覧くださいませ。

ここで投機筋チャートで掲載しているポジション量は「NETポジション」という形式を採用しています。

オーリー
NETポジションとは、買いポジション数から売りポジション数を差し引いたものになります。
NETポジションの定義
・NETポジション = 買いポジション数 − 売りポジション数
NETポジションは0より上、すなわちプラスの値を取ると買いポジション量が多いということになります。
逆に0より下、つまりマイナスの値を取ると売りポジション量が多いということになります。

またNETポジションには限界値が存在し、限界値に当たると反発する傾向があります。

次に投機筋チャートの見方は以下のようになります。

ブログで公開している投機筋チャートにはもう一つ、総ポジション量チャートがあります。

総ポジション量全NETポジションを合計したものになります。

ブログで公開している投機筋チャートは一部除いて直近1年分のNETポジションをまとめています。

しかしMT4版であれば過去約10年分の投機筋チャートを使うことができます。

 

リナさん
えっと、買いポジション量が解消されているということは売りの方向でいいんでしょうか?

オーリー
そうですね。ただ株の動きを見るには恐怖指数の投機筋チャートも役に立ちます。

リナさん
恐怖指数とは何なのでしょうか?

オーリー
恐怖指数上昇するほど株価暴落の確率が高くなります。

オーリー
こちらは10年分の恐怖指数の投機筋チャートになりますが、過去の大暴落時には恐怖指数の売りポジション量が解消されるパターンが確認できます。

リナさん
あ、こういう前例がまとめられてるとありがたいですね!

オーリー
そして現在の動きも売りポジション量をじわじわ解消しており、過去の暴落パターンに似通ってきています。

リナさん
えっと、恐怖指数の売りポジション量が解消されているから恐怖指数が買われ、それで恐怖指数そのものが上がるから株価暴落に結びつくんでしょうか?

オーリー
そのような流れになります。

オーリー
また日本円の投機筋チャートではレバレッジファンドの売りポジション量が先週増えたことがわかります。

リナさん
あれ?株が売られると円は買われるから、レバレッジファンドも円の売りポジション量を解消するはずですよね?

リナさん
なぜこのタイミングで円の売りポジション量を増やしたのでしょうか?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

今後のドル円はどう動く?投機筋チャートの応用法を解説。

オーリー
ここからは投機筋チャートを応用した相場の予想方法について1つ紹介します。

オーリー
少しむずかしい内容ですので、何度も見返すことをおすすめします^^

リナさん
わかりました!

オーリー
レバレッジファンドが円の売りポジションを増やしたということですが、実はレバレッジファンドが含み損を抱えていることになります。

リナさん
その、なぜレバレッジファンドが含み損を抱えていることがわかったんでしょうか?

オーリー
根拠としては先週の火曜日(2022年2月15日)の終値でドル円が反落していることにあります。

リナさん
えっと、ドル円が下がると円は買われているということですよね?

オーリー
そうですね。FXの通貨ペアは右側の通貨が売られると上昇し、買われると下落する傾向にあります。

リナさん
でもなぜ火曜日の終値が出てきたんでしょうか?

オーリー
投機筋チャートは海外の公式サイトCFTCのポジション量をもとに和訳してまとめています。
 

CFTCのサイトはこちらからご覧くださいませ。
→CFTCはこちら

オーリー
このCFTCのポジション量は毎週火曜日に集計されるので、大口投機筋・機関投資家・レバレッジファンドの相場を操る御三家は火曜日の終値を強く意識します。

リナさん
だから火曜日の終値が出てきたんですね!

オーリー
ドル円のチャートより、火曜日の終値で反発したことでレバレッジファンドは日本円の売りポジション量で含み損を抱えたことが考察できました。

オーリー
ここから取りうる行動としては、この日本円の売りポジションの含み損を解消することです。

リナさん
ということは円の売りポジションをもっと入れるんでしょうか?

オーリー
その可能性が考えられます。なのでさらにレバレッジファンドが日本円の売りポジション量を増やし、先週の火曜日の終値のラインで決済することもありえます。

オーリー
そうなると売りポジションが決済された時点で買い注文として処理されるので、日本円が買われることとなり結果的にドル円は先週の火曜日の終値ラインで反落する動きも考察できます。

リナさん
なるほどですね!投機筋チャートで未来の動きが予想できるんですね。

リナさん
私も投機筋チャートをもっと活用してみたいですが、どこから手に入りますか?

オーリー
こちらから入手することができます。

リナさん
ありがとうございます!

オーリー
投機筋チャートやブログ記事は更新タイミングで下記メルマガで通知しております。

リナさん
私も登録しましたよ♫

オーリー
今回の内容はこちらの動画で解説しておりますので、ぜひご覧くださいませ^^

リナさん
また復習として記事とともに見てみます。今日もありがとうございました♫

今回はNYダウ二番天井をつけて下落する可能性や恐怖指数投機筋チャートが過去の大暴落と類似の動きになっていること、
今後のドル円について考察しましたが、いかがでしたか?

トレード初心者にも理解できたかと思います。

ぜひこれからのトレードに活用してくださいね!

 

 

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

おすすめの記事