【FX・投機筋チャート】機関投資家が円を爆買いか。ドル円は140円台へ再度向かう?

スポンサードリンク

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回はドル円週足移動平均線反発したことや機関投資家爆買いしたこと、再度ドル円140円台へ向かう可能性について投機筋チャート投機筋RSIから解説していきます。

トレード初心者にもわかりやすく解説していくので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサードリンク

ドル円は週足の移動平均線で反発か。

リナさん
オーリーさん、こんにちは。ドル円は投機筋チャートの予想通り下がりましたよね!

リナさん
しっかり的中させられててすごいです!

オーリー
リナさん、こんにちは。ドル円は139円台を直近の最高値としてつけた後に130円台まで下げました。

リナさん
9円落ちたということですね!

オーリー
およそ半月で9円変動したことになります。

リナさん
ドル円はいつも変動が穏やかな通貨というイメージがあったから、こんなに短期間で動くなんてなかなか見られないですよね!

オーリー
現在ドル円は週足の移動平均線に当たって反発してきています。

リナさん
たしか投機筋チャート見てもかなり円が買われてたから、これはもっとドル円下がるんじゃないんですか!?

オーリー
次に説明していきます。

スポンサードリンク

機関投資家が円を爆買いか。投機筋チャートから解説。

オーリー
こちらはドル円に対する円の投機筋チャートですが、機関投資家が大きく円の売りポジション量を解消しました。

 

投機筋チャートの見方については、こちらの説明をご覧くださいませ。

投機筋チャートの見方についてはこちらをクリック!

投機筋チャートとは大口投機筋・機関投資家・レバレッジファンドの「相場を操る御三家」のポジション量をまとめたチャートになります。

また相場を操る御三家に加え、小口投機筋のポジション量も掲載しています。

オーリー
投機筋チャートでは普通のチャートからは見ることができない、中長期的な相場の動きを見ることができます^^
相場を操る御三家について
大口投機筋・機関投資家・レバレッジファンド → 大口資金で動かす存在でチャートの動きに大きく影響を与える。

小口投機筋 → 個人投資家のことであり、相場の操る御三家に比べて資金力は圧倒的に不利。

オーリー
小口投機筋は資金力で不利なことから、相場を操る御三家の動きによってロスカットを喰らいやすい傾向にあります。
投機筋チャートはCFTCという海外のサイトからデータを取っており、それを和訳した上でチャートにまとめています。
 

CFTCのサイトはこちらからご覧くださいませ。

ここで投機筋チャートで掲載しているポジション量は「NETポジション」という形式を採用しています。

オーリー
NETポジションとは、買いポジション数から売りポジション数を差し引いたものになります。
NETポジションの定義
・NETポジション = 買いポジション数 − 売りポジション数
NETポジションは0より上、すなわちプラスの値を取ると買いポジション量が多いということになります。
逆に0より下、つまりマイナスの値を取ると売りポジション量が多いということになります。

またNETポジションには限界値が存在し、限界値に当たると反発する傾向があります。

次に投機筋チャートの見方は以下のようになります。

ブログで公開している投機筋チャートにはもう一つ、総ポジション量チャートがあります。

総ポジション量全NETポジションを合計したものになります。

ブログで公開している投機筋チャートは一部除いて直近1年分のNETポジションをまとめています。

しかしMT4版であれば過去約10年分の投機筋チャートを使うことができます。

 

リナさん
かなり大幅に解消してますよね!

オーリー
また大口投機筋・小口投機筋ともに円の売りポジション量を解消してきています。

リナさん
いつも小口とは逆の動きに行くと言われてますよね?

リナさん
もしかして小口投機筋を狩りに今度は円売りの方向へ行きますかね?

オーリー
小口投機筋僕らのような個人投資家を指し、大口投機筋・機関投資家・レバレッジファンドと比較して資金面で圧倒的に不利です。

オーリー
このことから小口投機筋の動きと逆に行く場合もあります。

オーリー
しかし今回は全体的に円の売りポジション量を解消していることから、ここだけ見たら円売りに行かない可能性も考えられます。

リナさん
今ここだけと言いましたよね?

リナさん
もしかして円売りに傾く可能性は別のところを見たらわかるということでしょうか?

オーリー
次に説明していきますね。

ドル円は140円台へ再度向かう?投機筋RSIから解説。

オーリー
こちらはドル円の投機筋チャートに対する投機筋RSIになります。

 

投機筋RSIの見方については、こちらの説明をご覧くださいませ。

投機筋RSIの見方についてはこちらをクリック!

オーリー
RSIは30以下で売られすぎ70以上で買われすぎと判断します。(※)

※ブログで掲載している投機筋RSIはグラフの仕様上、3367になっております。

 

オーリー
投機筋RSIは、NETポジションに対する買われすぎ・売られすぎを判断する指標になります。
 

NETポジションについては、こちらの説明をご覧くださいませ。

投機筋チャートとは大口投機筋・機関投資家・レバレッジファンドの「相場を操る御三家」のポジション量をまとめたチャートになります。

また相場を操る御三家に加え、小口投機筋のポジション量も掲載しています。

オーリー
投機筋チャートでは普通のチャートからは見ることができない、中長期的な相場の動きを見ることができます^^
相場を操る御三家について
大口投機筋・機関投資家・レバレッジファンド → 大口資金で動かす存在でチャートの動きに大きく影響を与える。

小口投機筋 → 個人投資家のことであり、相場の操る御三家に比べて資金力は圧倒的に不利。

オーリー
小口投機筋は資金力で不利なことから、相場を操る御三家の動きによってロスカットを喰らいやすい傾向にあります。
投機筋チャートはCFTCという海外のサイトからデータを取っており、それを和訳した上でチャートにまとめています。
 

CFTCのサイトはこちらからご覧くださいませ。

ここで投機筋チャートで掲載しているポジション量は「NETポジション」という形式を採用しています。

オーリー
NETポジションとは、買いポジション数から売りポジション数を差し引いたものになります。
NETポジションの定義
・NETポジション = 買いポジション数 − 売りポジション数
NETポジションは0より上、すなわちプラスの値を取ると買いポジション量が多いということになります。
逆に0より下、つまりマイナスの値を取ると売りポジション量が多いということになります。

またNETポジションには限界値が存在し、限界値に当たると反発する傾向があります。

次に投機筋チャートの見方は以下のようになります。

ブログで公開している投機筋チャートにはもう一つ、総ポジション量チャートがあります。

総ポジション量全NETポジションを合計したものになります。

ブログで公開している投機筋チャートは一部除いて直近1年分のNETポジションをまとめています。

しかしMT4版であれば過去約10年分の投機筋チャートを使うことができます。

 

リナさん
あ、これは普通のチャートのRSIとはまた違うんですよね?

オーリー
そうですね。普通のチャートでは見えない部分を投機筋チャートで見れますが、投機筋チャートでも見えない部分を投機筋RSIで見ることができます。

オーリー
今回注目したいのは大口投機筋レバレッジファンドのRSIで、両方とも円が買われすぎになっています。

リナさん
ほんとですね!

オーリー
RSIは買われすぎに行くと反発する傾向があり、ここから円売りの方向へ行く可能性も考えられます。

リナさん
でも普通のチャートだけで見たら円が買われすぎだとは感じられませんけどね!

オーリー
なのでドル円は再度140円台で向かう可能性も否めないでしょう。

リナさん
そうなると円が売られてドルが買われる展開がもう少し続くかもしれないということですね。

オーリー
またドルがもう1段階買われるとなれば、ユーロドルももう少し下がる可能性も考えられます。

 

ユーロドルを狙う根拠については、こちらの記事をご覧くださいませ。

→ドル円は円高へ転換か。ユーロドルは0.97~0.98ドルまで下がる可能性がある?【FX・投機筋チャート】

リナさん
ということはもう少し下がればオーリーさんがロングで狙うポイントに来るというわけですね!

リナさん
あと投機筋RSIを他の通貨でも見てみたいんですが、どこから見れますか?

オーリー
投機筋RSIは現在配布しておりませんが、投機筋チャートは引き続き配布しています。

リナさん
ほんとですか!?どこから見れますか?

オーリー
こちらから見ることができます。

リナさん
ありがとうございます!

オーリー
また投機筋チャートとブログの更新通知は下記メルマガに登録していただけると受け取ることができます。

リナさん
こちらも登録してみます。

オーリー
また今回の内容はこちらの動画でも解説しております。

リナさん
復習として見てみます。今日もありがとうございました!

 

今回はドル円週足移動平均線反発したことや機関投資家爆買いしたこと、再度ドル円140円台へ向かう可能性について投機筋チャート投機筋RSIから解説しましたが、いかがでしたか?

トレード初心者にも理解できたかと思います。

ぜひこれからのトレードに活用してくださいね^^

 

 

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

おすすめの記事