ついに大統領令が発令!ワシントン・コロンビア特別区も緊急事態宣言へ!

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回は大統領令発令して不正選挙関与したウクライナ個人企業経済制裁を行ったことと下院議長ナンシー・ペロシ氏逮捕、そしてコロンビア特別区緊急事態宣言となったことについて解説していきます。

テレビ新聞などが情報を流す情報戦争の中で「真実」の情報をつかむキッカケになると思うので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

ついにトランプ氏が大統領令を発令へ!

ユウスケさん
オーリーさん、こんにちは!ついにトランプさんが大統領令を発動したと情報がありましたよ!

ユウスケさん
ここから一気にトランプさんの反撃来ますね!

オーリー
ユウスケさん、こんにちは!今日、トランプ氏が大統領令(EO)13848を発令しました。
自動翻訳文はこちらをクリック

プレス
ステートメントMICHAELR。POMPEO、国務長官
2021年1月11日

今日、米国は、大統領令(EO)13848に従って、2020年9月10日に指名されたアンドレイデルカッチに関連するロシアにリンクされた外国の影響ネットワークの一部である7人の個人と4つのエンティティに制裁を課しています。 2020年の米国大統領選挙に影響を与えるため。ウクライナ議会のメンバーであるデルカッチは、10年以上にわたって活発なロシアのエージェントであり、ロシアの諜報機関との緊密な関係を維持しています。元ウクライナ政府高官のコンスタンティン・クリク、オレクサンドル・オニシェンコ、アンドレイ・テリシェンコ、そして現在のウクライナ議会のメンバーであるオレクサンドル・ドゥビンスキーは、米国の政治候補者を巻き込んだ詐欺的または根拠のない主張の調整された普及と促進を通じて、デルカッチに公に現れた。彼らは、米国政府当局者がウクライナで腐敗した取引に従事しているという悪意のある物語を進める公の声明を繰り返し行っています。これらの努力と物語は、2020年の米国大統領選挙に影響を与えるというデルカッチの目的と一致しているか、それを支持しています。そのため、これらの個人は、2020年の米国選挙を弱体化させるために、直接的または間接的に外国の影響力に関与、後援、隠蔽、またはその他の方法で加担したとして、EO 13848に従って指定されています。NabuLeaks、Era-Media、Only News、とSkeptikTOVは、デルカッチとその仲間の要請で虚偽の物語を広めるウクライナのメディアフロント企業です。それらは、デルカッチまたは彼のメディアチームによって所有または管理されているとして、EO13848に従って指定されています。今日の行動には、デルカッチに対する財政的、物質的、または技術的支援、あるいは商品またはサービスを実質的に支援、後援、または提供したことに対するペトロジュラベル、ドミトロコワルチュク、およびアントンシモネンコの指定も含まれます。

本日の行動の詳細については、財務省のプレスリリースをご覧ください。

ユウスケさん
えっと、今回発令した大統領令はどんなものなんでしょうか?

オーリー
大統領令13848号は2018年9月12日に発効しており、外国勢力が不正選挙に干渉したのが明確になった場合に経済制裁できるというものです。

オーリー
先日、不正選挙は中国共産党に加えて真の黒幕はバチカンだと解説しましたが、他にもウクライナも関与していました。
自動翻訳文はこちらをクリック

米国の選挙指定における外国の干渉

特別に指定された国民リストの更新

以下の個人がOFACのSDNリストに追加されました。
DUBINSKY、Oleksandr(キリル文字:ДУБІНСЬКИЙ、Олександр)(別名DUBINSKY、Alexander)、ウクライナ; DOB 1981年4月18日; POBキエフ、ウクライナ;国籍ウクライナ;性別男性(個人)[選挙-EO13848]。

コワルチュク、Dmytro Volodymyrovych(キリル文字:КОВАЛЬЧУК、ДмитроВолодимирович)、Str。 9 A Grushevskogo Apt V 5 1、キエフ01021、ウクライナ; DOB 1987年6月13日; POBウクライナ;国籍ウクライナ;性別男性;識別番号3194020675(ウクライナ)(個人)[ELECTION-EO13848](リンク先:DERKACH、Andrii Leonidovych)。

KULYK、コンスタンチン(キリル文字:КУЛИК、Костянтин)(別名KULIK、コンスタンチン;別名KULYK、Konstantyn Hennadiyovych;別名KULYK、Kostiantyn;別名KULYK、Kostyantyn)、ウクライナ; DOB 1977年11月3日;国籍ウクライナ;性別男性(個人)[選挙-EO13848]。

ONYSHCHENKO、オレクサンドルОНИЩЕНКО、Олександр:カディロフ、アレクサンドルRomanovych別名(キリルОНИЩЕНКО、Олександр();カディロフ、オレクサンドル別名;カディロフ、オレクサンドルRomanovych別名; ONISHCHENKO、アレクサンドルRomanovych別名; ONISHCHENKO、オレクサンドル別名ONISHCHENKO、オレクサンドルRomanovych(キリル別名Романович);別名ONYSHCHENKO、Oleksandr Romanovych)、ドイツ; Redutnyi Pereulok 10A、キエフ、ウクライナ; UL。ナタリーUshvii4Gアプリ。 36、キエフ04108、ウクライナ; DOB 1969年3月31日; POBロシア;国籍ウクライナ;性別男性;パスポート2529210098(ウクライナ)の有効期限は2021年3月29日です。 alt。 2013年10月1日に発行されたパスポートEX600377(ウクライナ)は2023年10月1日に失効します。国民ID番号2529210098(ウクライナ)(個人)[ELECTION-EO13848]。

SIMONENKO、Anton Oleksandrovych(キリル文字:СІМОНЕНКО、АнтонОлександрович)、Mishugi 2 App 361、キエフ02140、ウクライナ; DOB 1987年1月8日; POBロシア;国籍ウクライナ;性別男性;パスポートFE229065(ウクライナ)(個人)[選挙-EO13848](リンク先:DERKACH、Andrii Leonidovych)。

TELIZHENKO、Andrii(キリル文字:ТЕЛІЖЕНКО、Андрій)(別名TELIZHENKO、Andrii Grygorovych(キリル文字:ТЕЛІЖЕНКО、АндрійГригорович)ウクライナ、Ki Stepana Rudanskogo 3A、Apartment 170、キエフ04112、ウクライナ; DOB 1990年9月2日; POBキエフ、ウクライナ; 国籍ウクライナ; 性別男性; 2015年11月10日に発行されたパスポートDU000524(ウクライナ)は2020年11月10日に失効します。alt。2014年11月13日に発行されたパスポートES505702(ウクライナ)は2024年11月13日に有効期限が切れます。国民ID番号3311706819(ウクライナ)(個人)[ELECTION-EO13848]。

ZHURAVEL、Petro Anatoliyovich(キリル文字:ЖУРАВЕЛЬ、ПетроАнатолійович)、キエフ、ウクライナ; DOB 1988年11月4日; 国籍ウクライナ; 性別男性(個人)[選挙-EO13848](リンク先:DERKACH、Andrii Leonidovych)。

以下のエンティティがOFACのSDNリストに追加されました。
ERA-MEDIA TOV(キリル文字:ЕРА-МЕДІАТОВ)、Bul。 Verhovnoe Radi 20、キエフ、Dniprovskyi RN 02100、ウクライナ;ウェブサイトeramedia.com.ua;識別番号37292551(ウクライナ)[ELECTION-EO13848](リンク先:DERKACH、Andrii Leonidovych)。

INFORMATSIYNE AGENSTVO ONLI N'YUZ TOV(キリル文字:ІНФОРМАЦІЙНЕАГЕНСТВООНЛІН'ЮЗТОВ)(別名「ONLYNEWS」)、Vul。 Hotkevicha Gnata 12、の。 177、キエフ、Dniprovskyi RN 02094、ウクライナ;ウェブサイトonmedia.io;識別番号42283491(ウクライナ)[ELECTION-EO13848](リンク先:ZHURAVEL、Petro Anatoliyovich)。

NABULEAKS、ウクライナ;ウェブサイトnabu-leaks.com; alt。ウェブサイトnabu-leaks.org; alt。ウェブサイトnabu-leaks.info; alt。ウェブサイトnabu-leaks.net;メールアドレスdemocorruption2020@gmail.com; alt。メールアドレスnabu.leaks@gmail.com [ELECTION-EO13848](リンク先:DERKACH、Andrii Leonidovych)。

SKEPTIK TOV(キリル文字:СКЕПТИКТОВ)(別名BEGEMOT MEDIA)、Vul。Harkivske Shose 201/203、キエフ、Darnitskyi RN 02121、ウクライナ; ウェブサイトsceptic.online; alt。ウェブサイトbegemot.media; メールアドレスbegemot.media@gmail.com; 識別番号39988031(ウクライナ)[ELECTION-EO13848](リンク先:ZHURAVEL、Petro Anatoliyovich)。

オーリー
今回の大統領令の発令で、ウクライナの不正選挙に関与した個人・企業の資産凍結を行いました。

ユウスケさん
まずはウクライナの経済制裁から始まったんですね。

オーリー
ここから中国共産党やバチカン・イタリアにも大統領令が及んでいく可能性があります。

オーリー
他にも大統領令で不正選挙に関与したマスコミやSNS会社を国家反逆罪で財産没収・処刑にすることも可能になり、先日トランプ氏は反乱法・戒厳令にも署名した可能性があります。

 

反乱法・戒厳令への署名については、こちらの記事をご覧くださいませ。

→トランプ氏が「戒厳令」「反乱法」に署名か!?不正選挙の「真の黒幕」はバチカンだった!?

ユウスケさん
じゃあ日本のマスコミもいよいよ終わりってことですね!?

オーリー
その可能性が高まっています。日本だけでなく、バイデン氏だけを持ち上げトランプ氏を批判した全世界のマスコミが国家反逆罪となる日も近いと感じます。

オーリー
現在、日本では横田基地に特殊部隊が次々と来ており、日本国内の大量逮捕が加速している可能性があります。

ユウスケさん
どんどん動き出してますね!

ユウスケさん
というか、トランプさんやリンウッド弁護士がTwitterを永久凍結されたあと、別のSNS「Parler」に移動してましたよね?

オーリー
実はそのParlerもついに潰されました。

ユウスケさん
え!?どういうことなんでしょうか!?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

SNS「Parler」も潰された!?過度な言論統制によって「無法地帯」へ。

オーリー
まずトランプ氏がSNS「Parler」に移行した流れから、Google・Apple社の圧力を受けて両社のストアから削除されました。

ユウスケさん
この時点でひどすぎます!

オーリー
そして先日、Parlerはサイトごと削除を受けて一切の閲覧・書き込みが不可能になりました。
ParlerのURL:https://parler.com

ユウスケさん
これって、もう法律とか憲法も違反してますよね?

ユウスケさん
本来は表現の自由が守られているはずなのに・・・・・。

オーリー
現在行われている言論統制は憲法も法律にも違反しており、その様子は無法地帯に相応しいです。

ユウスケさん
ですよね!!だって、大統領選に関してもどちらの候補者を応援しようが自由なはずなのに!

オーリー
そもそもTwitterやFacebookといった大手SNS会社は支配層に乗っ取られており、その支配層は中国共産党を使ってアメリカを乗っ取ろうとしています。

オーリー
中国共産党や支配層のやり方は「都合の悪い人物や勢力を力で排除する」ので、それがまかり通る世界になればディストピア一直線です。
 
ディストピアについては、こちらの記事をご覧くださいませ。

 

ユウスケさん
そんな世界は絶対に嫌です!

オーリー
このような最悪の世界になるのを防ぐために、トランプ氏が今反撃をしているわけです。

オーリー
そして現在は支配層側が優勢に見える「闇の10日間」に入っていますが、実際のところはトランプ陣営が優勢です。
 
闇の10日間でもトランプ陣営が優勢であることについては、こちらの記事をご覧くださいませ。

ユウスケさん
それは良かったです。

オーリー
そもそも支配層側がトランプ支持者やトランプ氏を強引に排除してますが、彼らの目論見が逆に国民にバレている結果となっています。

オーリー
この時点で国民がどんどん世界が異常であることに気づいているので、支配層側の作戦は破綻してると捉えられます。

ユウスケさん
まるでナチス・ドイツの全体主義をリアルで見ているかのようですね・・・。

オーリー
さらに、米議会ではトランプ氏の弾劾裁判が行われようとしてます。

ユウスケさん
え、それはどういうことなんでしょうか!?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

下院議長ナンシー・ペロシ氏は逮捕された可能性あり?コロンビア特別区に緊急事態宣言を発令!

ユウスケさん
そもそも弾劾ってなんでしょうか?

オーリー
弾劾大統領や裁判官といった役職の者を議会が罷免し、追放することです。

オーリー
しかし、今回行われようとしている弾劾裁判は支配層側の最後の悪あがきに見えます。

ユウスケさん
そうですよね!だってトランプさんはこのおかしい世界を正そうと頑張った偉大な人物ですよ!

ユウスケさん
トランプさんが追放される理由はどこもないと思います!

オーリー
その中で下院議長であるナンシー・ペロシ氏が逮捕されたという情報が先日流れておりましたが、これに関してはデマの可能性も高く保留としておりました。

オーリー
しかし今日の議会にてナンシー・ペロシ氏が欠席したという情報があり、逮捕説の可能性が浮上しつつあります。

ユウスケさん
たしかに、下院議長が突然の欠席って怪しく感じますよね。

オーリー
さらにサンフランシスコ公式の逮捕者リストにナンシー・ペロシ氏の名前があったことから、逮捕説はかなり有力なものだと捉えられます。

ユウスケさん
公式サイトの逮捕者リストに載ってるなら信ぴょう性高いですね!

オーリー
1月6日のワシントンでのデモ時に、トランプ陣営はナンシー・ペロシ氏のラップトップ(ノートPC)を押収しておりました。

オーリー
その中に「トランプ氏をなんとしても弾劾して追放するように」とやり取りがあった証拠が見つかりました。

ユウスケさん
本当に、どこまでも腐敗しきってますね!

オーリー
この流れを受け、今日トランプ氏はワシントンが位置するコロンビア特別区に緊急事態宣言を発令しました。
自動翻訳文はこちらをクリック

ドナルド・J・トランプ大統領がコロンビア特別区の緊急宣言を承認

本日、ドナルドJ.トランプ大統領は、コロンビア特別区に緊急事態が存在することを宣言し、2021年1月11日から1月24日までの第59回大統領就任式に起因する緊急事態のため、連邦政府の支援を要請しました。

大統領の行動は、国土安全保障省、連邦緊急事態管理庁(FEMA)が、地域住民の緊急事態によって引き起こされる困難と苦痛を軽減することを目的としたすべての災害救援活動を調整し、必要な人々に適切な支援を提供することを承認します。スタッフォード法のタイトルVに基づいて認可された緊急措置。人命を救い、財産と公衆の健康と安全を保護し、コロンビア特別区での大災害の脅威を軽減または回避します。

具体的には、FEMAは、緊急事態の影響を軽減するために必要な機器とリソースを特定し、動員し、その裁量で提供することを許可されています。直接の連邦支援に限定された緊急保護措置は、100パーセントの連邦資金で提供されます。

国土安全保障省の連邦緊急事態管理庁(FEMA)の管理者であるPete Gaynorは、Thomas J.Fargioneを被災地での連邦復興活動の連邦調整官に任命しました。

詳細については、メディアは(202)646-3272またはFEMA-NEWS-DESK@FEMA.DHS.GOVでFEMAニュースデスクに連絡する必要があります。

ユウスケさん
おぉおおお!!どんどんトランプさん反撃してますね!

オーリー
この緊急事態宣言は1月20日の大統領就任式に起因する緊急事態のため、連邦政府の支援を要請したという内容です。

オーリー
先日の反乱法・戒厳令への署名の可能性もあり、米軍主導でのトランプ氏の反撃が進んでいます。

ユウスケさん
このまま腐敗しきった闇勢力を掃除してほしいですね!

オーリー
これからマスコミも最後の悪あがきで、トランプ支持者を攻撃して撹乱してくると思います。

オーリー
敵は最後の散り際に道連れにしようと大きな反撃を行う傾向があるので、対立などで彼らの手に堕ちないようにしてくださいね!

ユウスケさん
はい!最後の最後までトランプさんを応援していきます!

ユウスケさん
今日もありがとうございました!

 

今回は大統領令発令して不正選挙関与したウクライナ個人企業経済制裁を行ったことと下院議長ナンシー・ペロシ氏逮捕、そしてコロンビア特別区緊急事態宣言となったことについて解説しましたが、いかがでしたか?

テレビ新聞などが情報を流す情報戦争の中で「真実」の情報をつかむキッカケとして活用してくださいね!

 

無料サインツールプレゼント

 

公式LINEに友達追加すると
無料サインツール
《投機筋インジケーター》をプレゼント!

↓↓オーリーch公式LINE 友達追加↓↓

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク


おすすめの記事