サインツール『オーリーアイランド3』の使い方 〜エントリーから決済まで〜

こんにちは!オーリーです。

今回はサインツール「オーリーアイランド3」の詳しい使い方を説明します!

エントリーは手動ですが、エントリーまで行えば後は自動売買で何もしなくても

FXで決済・損切りまで行ってくれます!

重要なポイントは「エントリーする手順」ですので、ここだけしっかり押さえておけば大丈夫ですよ。

 

↓↓↓↓↓まだ、僕のサインツールのことを知らない方はこちらからご覧ください↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓オーリーアイランド3のダウンロードがまだの方はこちら!↓↓↓↓↓

 

オーリーアイランド3についての紹介動画はこちら!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

オーリーアイランド3の使い方実践編はこちら!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

エントリーポイントは矢印で教えてくれる!

まず、こちらのチャート画面を見ると、赤い矢印と黄色い矢印が出ていると思います。

これらの矢印の意味をそれぞれ説明していきます。

1.赤い矢印

赤い矢印は「逆張り」を意味していて、グランビルの法則4番が出たら下矢印⇩が出て「売り」

グランビルの法則8番が出たら上矢印⬆が出て「買い」で入ることを示してくれます!

 

 

逆張りの赤い矢印、上昇トレンドの最中にグランビル4番、下降トレンドの最中にグランビル8番で反応します!

グランビル4番とういうのは、価格帯が安値を2つ数えて、移動平均線から大きく離れてから移動平均線を上から下に割り込んでくることを言います。

このグランビルの4番において重要となってくるのが

移動平均線から価格帯がどれくらい大きく離れたかになってきます。

 

また、グランビル8番とういうのは、

価格帯が高値を2つ数えて、移動平均線から大きく離れてから移動平均線を下から上に割り込んでくることを言います。

さっきのグランビル4番を上下反転した形になりますね!

 

2.黄色い矢印

黄色い矢印は「順張り」を意味していて、上昇トレンド中に上矢印⬆が出れば「買い」、下降トレンド中に下矢印⇩が出れば「売り」で狙うことを示してくれます。

 

しかし、矢印が出たから無闇に入るべきではありません。矢印が出たらもう一つ確認すべきころがあります。

それは「ダイバージェンス」です!

ダイバージェンスと矢印が重なったらエントリー!

では、いよいよ「ダイバージェンス」という見慣れない言葉が出てきましたね。

この説明をする前に、まずMACDという指標について解説する必要があります。

 

MACDとは、「Moving Average Convergence Divergence」の略で、期間が異なる2種類の移動平均を用いた指標です。

 

FXのMT4にもデフォルトで使えるツールの一つでもあります。

ただ、MACDについて厳密に説明すると難しいと思うので

「山が上に高いほど買いの圧力が高く、下に高いほど売りの圧力が高い」

と認識してもらえれば大丈夫です。

ダイバージェンスというのはチャートの価格帯が下げてきているのに、

MACDが切り上がっている、矛盾した動きのことを言います。

 

チャートが下げているということは売られ続けているが、

MACDが切り上げているということは「買いの圧力が強くなっている」ということですね!

つまり、このときに一気にトレンド転換する傾向があるということになります!

 

そして、ダイバージェンスが発生しているところでチャート画面を見ると黄色い線が出ていると思います。

 

この黄色い線は「トレンドライン」と呼び、価格が上昇時に安値を結んだ、下落時に高値を結んだものになります。

つまり、赤い矢印+トレンドライン+ダイバージェンスの形になれば、エントリーの絶好のチャンスになります!

エントリーのポイント
赤い矢印+トレンドライン+ダイバージェンスの形を狙う!

エントリーの手順について

さて、ここで初心者の方にとっては「MT4でどのようにエントリーすればいいか分からない」という方もいると思いますのでこちらで詳しく説明します。

 

サインツールの矢印はローソク足で出た瞬間は点いたり消えたりすると思うので、

次のローソク足に移行して矢印が「確定」した瞬間に入るといいですね!

 

◎PCの場合

1.取引したい通貨ペアのチャートを開いて、「新規取引を押します。

2.エントリーに必要な項目を入力します。

「成行注文」になっているか確認する。

自分が入りたい通貨ペアになっているか確認する。

ロット数を入力する。

④入力に間違いが無ければ、売りで入る場合は「成行売り」、買いで入る場合は「成行買い」を押す。

 

◎スマホの場合

1.取引したい通貨ペアのチャートを開いて、右上の「トレード」を押します。

2.エントリーに必要な項目を入力します。

自分が入りたい通貨ペアになっているか確認する。

「成行注文」になっているか確認する。

ロット数を入力する。

④入力に間違いが無ければ、売りで入る場合は「成行売り」買いで入る場合は「成行買い」を押す。

 

このときに、PC版MT4で自動売買がONになっているか、必ず確認をしてください!

自動売買がONになっていれば、チャート画面の右上が以下のように表示されます。

あとは放置で自動決済

エントリーが無事に終われば、あとは移動平均線にタッチした段階で、利食いも損切りも自動で行ってくれます!

 

ただし、注意点として

・エントリーした通貨ペアの時間足を変えないこと(時間足を変えると、想定していた決済・損切りポイントからずれます)

・MT4は終了させない。(=PCの電源を落とさない)

こちらが重要になっていきます。

 

オーリーの場合は常にPCでmt4を起動させてスリープさせています!

スリープ状態であればそのまま自動決済は機能するので、画面をつけっぱなしが嫌な方はスリープをオススメします。

サインツールを使うに当たってのポイント
MT4は起動させたままにする!(PCはスリープで大丈夫)

 

いかがでしたか?

これで初心者の方もオーリーアイランド3で、しっかりFXの取引をすることができるようになったと思います!

 

MACDとダイバージェンスをもとにエントリーする方法については、こちらをご覧くださいませ!

→【オーリーアイランド3】エントリーサインとダイバージェンスによる、エントリータイミングの解説

 

オーリーアイランド3はこちらから入手できますので、ぜひダウンロードしてみてくださいね!

 

オーリーアイランドで使える証券会社はこちらになります!

こちらで開設できますので、ぜひご活用くださいませ!


 

億トレーダーが相場を実況中継!

日々チャンスを配信していますので、

ぜひ友達追加よろしくお願いします♫

↓↓オーリーchLINE@ 友達追加↓↓

友だち追加

おすすめの記事