FX・株で負ける理由とは?ポジポジ病や投資・ギャンブルの違いから解説!

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回は大衆トレーダーがなぜFX勝てないのか、ポジポジ病投資における期待値の考えからお話していきます。

初心者もこちらの記事を読むことで、損失からポジポジ病に陥ってしまう原因や投資ギャンブル違い、そして期待値の高いところだけを狙う重要性について理解できますので、

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

ポジポジ病はギャンブルと同じ!?投資の本質についても解説!

スミさん
オーリーさん、こんにちは!

 

オーリー
スミさん、こんにちは!今日はどうされたんですか?

 

スミさん
今日は私のトレードの悩みがありまして・・・それで相談に参りました。

 

オーリー
具体的に、どのようなことでお悩みでしょうか?

 

スミさん
私、実はオーリーさんが狙われてるパラジウム、勇気出して狙ってみたんです。

オーリー
おぉ!パラジウム狙ったんですね!

 

スミさん
1946ドルで天井から入れたんですが、実は戻ってきた時にビビッて利食いしちゃったんです。

スミさん
結局2万円は利食いできた形です。

 

オーリー
まぁ、利益は取れただけでも良しとしましょう!

 

スミさん
そうですよね。でも、実は今月の損失が累計30万円ぐらいあるんです。

 

スミさん
本当はパラジウムで勝って全部損失分をチャラにしようと思ってたんですが・・・・

 

スミさん
焦って利食いしてちょっとしか取り返せなかったから、いろんな通貨にエントリーしまくったんです。

 

スミさん
それでここ数日、ずっとチャートに張り付いてはエントリーせずにはいられず、ノーポジだと焦ってしまう・・・という感じになっています。

※ノーポジ・・・ポジションを保有していない状態のこと

オーリー
スミさん、恐らくポジポジ病にかかってるかなと思います。

 

スミさん
ポジポジ病・・・・?

 

オーリー
次に説明していきますね!

スポンサーリンク

ポジポジ病から脱出する方法について解説!

オーリー
さて、ポジポジ病とは根拠の無いポジションをたくさん持っていないと気が済まない・・・といった心理状況です。

 

スミさん
あぁ・・・・確かに今、私ポジション6つぐらい持ってます。

 

スミさん
でも、ポジション持っていないと安心できなくて・・・・。

 

オーリー
恐らく、無駄に多くポジションを持ってしまう心理としては以下のパターンが考えられますね。
1. 早く損失を取り返したい

スミさん
あ、私はまさにこれです。

 

オーリー
FXや株で何回もトレードすると、大半の人は負けることが多いです。

オーリー
ただ、人は「利益は欲しいけど、損はしたくない」という生き物です。

 

スミさん
すごく分かります・・・。損するのは一番怖いです。

 

オーリー
これをプロスペクト理論と言います。詳しくはこちらの記事をご覧くださいませ。

→FXで勝てない原因とは?プロスペクト理論から解説します!【初心者必見】

 

スミさん
ありがとうございます!

 

オーリー
しかし、損失を取り返そうとむやみにポジションを持ってポジポジ病になると、結果的に余計に損失を膨らませるリスクがあります。

スミさん
ひぇえええ!!

 

オーリー
なので解決策としては、「損失はすぐに取り返そうとせず、中長期的にトレードして取り返そう」と考えるといいですね。

 

スミさん
うーん、具体的にはどんな感じでしょうか?

 

オーリー
8月にオーストラリア株で一撃1億円取りましたが、その前は損失がありました。

 

オーリー
それを最後の勝負で一気に取り返し、大きく利益も出したということです!

スミさん
すごいじゃないですか!オーリーやや神!!

オーリー
つまり、期待値の高い通貨で最後にドカンと勝って大きく利益を出す、これもポジポジ病への解決策の1個と考えてます。

 

スミさん
なるほど〜。やっぱり慌てちゃダメなんですね。

 

オーリー
ちなみに8月のオーストラリア株の一撃1億円のお話はこちらの記事で行っておりますので、ぜひご覧くださいませ。

→オーリーが一撃1億円達成!オーストラリア株の利食い根拠を詳しく解説!

スミさん
ありがとうございます!

 

2.数打っちゃ当たる(ギャンブル的な思考)

 

オーリー
ポジポジ病の原因としてもう一つ考えられるのが、「とりあえずポジション持ってればどれか1個は当たるだろう」という思考停止から来る行動だと思います。

 

スミさん
あ、つい最近そんな考えにもなってましたね。

 

オーリー
こうなってくると、FXが投資というよりもはやギャンブルになってしまいます。

オーリー
というのも、チャートは単純に上がるか下がるかだけで考えると、勝率は50%になります。

 

スミさん
えっと、コイントスみたいなものですね。

 

オーリー
そうですね!特にギャンブル的な思考になるのは以下のパターンが考えられます。

 

・とりあえずポジションを持っとけばどれか勝つやろ → 適当にたくさんポジションを持つ

・損失を重ねてどうしようもない! → 早く取り返さなきゃ! → 慌ててポジションに入るが、だんだん思考停止で無闇にポジションを持ってしまう。

 

スミさん
私、まさに後者のパターンですね。

 

オーリー
特にFXは投資と分かってても、損失を取り返そうと思うあまりにポジションを持ち、気がついたらギャンブルみたいになってた・・・というパターンをよく見かけますね。

 

スミさん
うーん、じゃあ投資ギャンブルがどのような違いがあるか理解しておきたいですね。

 

オーリー
わかりました!次に説明していきますね!

スポンサーリンク

投資とギャンブルの違いとは?改めて投資の本質を理解しよう!

オーリー
さて、投資ギャンブルの一番の違いは何か、考えてみてください!

 

スミさん
うーん・・・・・・・いや、もう私はポジポジ病になってるので頭混乱してよく分からないです・・・。

 

オーリー
まず、先にギャンブルについて考えてみましょう。

 

スミさん
はい!

 

オーリー
よくカジノとかありますが、カジノはどうして長く経営できてるか考えてみてください。

スミさん
えっと・・・・、カジノの利益は、ギャンブルで負けた人から取っている・・・ということですよね?

 

オーリー
そうですね!そもそもギャンブルで勝率が80%とかだと、カジノ側はどんどん損して経営ができなくなります。

 

オーリー
なのでギャンブルをする人の勝率を小さくして、カジノ側が有利に儲かる仕組みになっているわけです。

 

スミさん
なるほど・・・・確かに、ギャンブルだけやって食っていく人なんてほとんど聞いたことないです。

 

オーリー
特に大事なのは、期待値は予め決められているので、ギャンブルをする人にとって有利な選択をできる機会が少ないというところです。

 

スミさん
ふむふむ(メモメモ)

 

オーリー
それに対して、投資は有利な選択をできる部分がギャンブルに比べて多いです。

 

スミさん
ほうほう・・・つまり、どういうことなんでしょうか?

 

オーリー
投資は「期待値の高い通貨や企業株を買ったり売ったりして、資産形成をする」というのが本質です。

 

オーリー
分かりやすい例としては、今僕が狙っているパラジウムは月足グランビルの法則4番になってます。

オーリー
このグランビルの法則4番は、期待値がかなり高いと見ることができます。

 

スミさん
えっと、グランビルの法則4番って何でしょうか?

 

オーリー
グランビルの法則4番についてはこちらで説明しています。
グランビルの法則4番についてはこちらをクリック!
グランビルの法則4番は、上昇トレンド中で勢いよく移動平均線から乖離したポイントを狙っていきます。 つまり、相場が過熱し上昇トレンドが続く中売りを仕掛けるということになります。

初心者の方なら、みんなが買ってるから買うという心理で取引をするのはスムーズに取引できても、みんなが買っているポイントで売りを仕掛けるこの4番はどこが天井か?という不安感もあり中々手を出しずらいポイントでもあると思います。

一体どんな法則となるのか見ていきましょう!

グランビルの法則4番とは?
グランビル4番は右肩上がりの移動平均線に沿って価格帯が上昇していく中、
移動平均線から大きく離れたポイントを売りで狙う目安としてみていきます。

4番の特徴として、右肩上がりの移動平均線から大きく乖離した時、自立反発し移動平均線まで戻るという特性を狙ったものになります。

ここでもポイントは、大きく乖離しているというところです。もちろん、ここで買いで狙っていってはいけません。

売りシグナルとなるので注意しましょう!

スミさん
ありがとうございます!

 

オーリー
そして僕は利食い幅を大きく、損切り幅を小さくしています。

オーリー
利食い幅を9、損切り幅を1とすると理論上の勝率は10%になりますが、期待値がとても大きいので一回でも勝てば大きな利益を得られます。

 

スミさん
でも、それじゃギャンブルとあまり変わりないんじゃないんですか?

 

オーリー
よくそういう質問をいただきますが、「期待値が大きいところだけ狙う」「最悪引き分けで逃げられる」というところがギャンブルと大きく異なる点です。

 

オーリー
ギャンブルの場合はカジノ側が有利になるように、意図的に期待値は下げられてます。

 

スミさん
つまり、ギャンブルでは期待値が大きくなるところを選択できない・・・ということですか?

 

オーリー
そうですね!では、宝くじを例に説明してみましょう。

 

オーリー
まず、トレードの場合は期待値が大きい地点でエントリーしますが、エントリー後に期待値が小さくなる時もあります。

 

スミさん
ふむふむ。

 

オーリー
もし期待値が小さくなったと判断したらその場で利食いして逃げるか、またはエントリー指値で切って引き分けにできます。

 

オーリー
つまり、トレードなど投資には引き分けで逃げられる手段があるわけです。

 

スミさん
なるほど!

 

オーリー
一方、宝くじを買うと結果発表まで逃げることができません。

オーリー
つまり、勝つか負けるかの二択なので引き分けが無いということです。

 

スミさん
なるほど!確かにギャンブルは勝つか負けるかですもんね。

 

スミさん
そう考えると、トレードは引き分けでも逃げるという有利な手段も選べますね!すごく理解できました!

 

 

オーリー
FXや株でトレードするときは「いかに期待値が高いところだけを狙うか」「途中で期待値が小さくなっても最悪引き分けで逃げられるか」が重要になります。

 

オーリー
期待値や状況が変わった場合の手段など何も考えずポジポジ病になってしまうと、結局チャートが上がるか下がるかだけのギャンブルみたいになってしまう・・・ということなんです。

 

スミさん
これは心に刻んでおかないとですね・・・・。

 

スミさん
でも、いきなり頭を切り替えるなんで難しいですよ。またポジション画面を見るとポジポジ病になりそうです。

 

オーリー
そんな時はトレードから離れて、一旦リフレッシュしてもいいかもしれませんね!

 

スミさん
リフレッシュ・・・・いいかもですね!

 

オーリー
僕、ちょうど先日リフレッシュとしてピアノを弾いてました!

 

スミさん
お、オーリーさんのピアノですか!?ぜひ聴かせてください♫

 

オーリー
こちらの動画でピアノ弾いておりますので、ぜひご覧ください!

 

スミさん
ありがとうございます!

 

オーリー
そしてリフレッシュできたら、改めて先程話した「投資の本質」を思い出してみてください。

 

スミさん
これからどうするべきか、答えが見えてきたかもです!私もリフレッシュして初心に返ってみます♫

 

スミさん
今日もありがとうございました!

 

 

今回は大衆トレーダーがなぜFX勝てないのか、ポジポジ病投資における期待値の考えからお話しましたが、いかがでしたか?

これで初心者損失からポジポジ病に陥ってしまう原因や投資ギャンブル違い、そして期待値の高いところだけを狙う重要性について理解できたと思います。

ぜひこれからのトレードに活用してくださいね!

 

億トレーダーが相場を実況中継!

日々相場の予想を配信していますので、
ぜひフォローよろしくお願いします♫

↓↓オーリーch Twitterフォローする↓↓

無料サインツールプレゼント

LINE@を友達追加すると
無料サインツール
《投機筋チャート》をプレゼント!

↓↓オーリーchLINE@ 友達追加↓↓


最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 


おすすめの記事