【FX・株・初心者】秋に株価暴落が来る可能性が!?3分でわかる「アノマリー」とは?

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

FXアノマリーといった相場における経験則都市伝説といったものがありますが、今回は夏枯れ相場彼岸底がどのくらい機能しているか検証していきます。

初心者アノマリーをどのぐらい信用したらよいのか理解できるので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

これから「彼岸底」で秋に株価暴落の可能性はある!?アノマリーについて解説!

カナエさん
オーリーさん、こんにちは!この前、日経平均株価が投機筋チャートから落ちると言われてたじゃないですか?

カナエさん
週明け早々に落ちてきたので、空売り仕掛けて利食いしました!

カナエさん
ついでに欲張って、押し目買いもしました!

カナエさん
オーリーさんのおかげで、安いところで買えてよかったです!

オーリー
カナエさん、こんにちは!すごいですね!ちょうど先日、ツイッターでも日経平均株価について配信しておりました。

 

日経平均株価が一旦修正で落ちる可能性の根拠については、こちらの記事をご覧くださいませ。

 

カナエさん
いつもオーリーさんが有益な情報を出していただけるおかげです♫

カナエさん
それで、日経平均株価どこまで伸ばせると思いますか?

オーリー
実はアノマリーで、秋に株が落ちるというものがあるんですよ。

カナエさん
アノマリー・・・・?すごく気になります。

オーリー
アノマリーというのは相場において「特にテクニカル的な根拠はないけど、経験則でこう動く傾向がある」といったものです。

オーリー
いわば都市伝説みたいなものですね。

カナエさん
え!?相場にも都市伝説みたいなものがあるんですか!?

オーリー
アノマリーに含まれるものとして、以前には5月から株は売り目線になっていくといった「セルインメイ」についてお話しておりました。

カナエさん
なるほど〜。あ!たしかタピオカブームが来ると株価暴落が来るというウワサもありましたよね?

カナエさん
去年タピオカブームで、今年コロナショック来たからビックリしましたよ。

オーリー
タピオカブームはこれまで大きく3回あって、どれもその後に大きな株価暴落となっています。
タピオカブームと株価暴落
・第1次タピオカブーム(1992年) 
    → バブル崩壊

・第2次タピオカブーム(2008年) 

    → リーマンショック

・第3次タピオカブーム(2019年) 

    → コロナショック

カナエさん
偶然にしては不思議ですね〜。

カナエさん
というか、これから起こるアノマリーについて知りたいんです。

オーリー
わかりました!次に説明していきますね。

スポンサーリンク

7〜8月は「夏枯れ相場」で株価下落しやすい?

オーリー
アノマリーといってもかなりの量があるので、今回はメジャーなものから2つ紹介していきます。

カナエさん
はい♫

オーリー
現在の時期で当てはまるアノマリーは「夏枯れ相場」ですね。

カナエさん
夏枯れ・・・・というのは、何かが暴落するということでしょうか?

オーリー
7月から8月にかけて市場が閑散期になり、株の取引量が減って株価は停滞か下落しやすくなるというものです。

カナエさん
ふむふむ。でもナスダックは夏枯れ相場なんて知るかという感じでどんどん爆上げしてるから、今年は夏枯れ相場なんてないんじゃなんですか!?

オーリー
ナスダックだとたしかに上がっていますが、日経平均株価は今年7〜8月にかけて停滞していました。

カナエさん
たしかに!

オーリー
先週に日経平均株価が修正で一旦下落する可能性と投機筋チャートから予想していましたが、たまたまこのアノマリーと重なった可能性もありますね。

カナエさん
夏枯れ相場については理解できたんですが、秋に株価暴落が来るアノマリーについても知りたいです!

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

9〜10月は「彼岸底」で株価暴落のアノマリーがある!?過去チャートから検証!

オーリー
夏枯れ相場のあと、9〜10月は世界的に株安になりやすいというアノマリーがあります。

オーリー
このアノマリーは「彼岸底」とも呼ばれています。

カナエさん
これは実例はあるんでしょうか?

オーリー
2年前のナスダック大暴落はちょうど10月始めだったので、このアノマリーと重なります。

カナエさん
あ!このときオーリーさん、ナスダックで6,700万円獲得されたときですね!

オーリー
そうですね!このときは雇用統計の結果は良かったけど、予想より悪かったから株価が落ちました。

カナエさん
それもアノマリー込みということなんですかね・・・・・?

カナエさん
というか、アノマリーって実際どれぐらい機能しているんでしょうか?

オーリー
過去の価格変動からアノマリーを検証していきましょう。

オーリー
まず、こちらが過去13年分の9〜10月のNYダウの価格変動を抽出したものです。

カナエさん
2008年と2018年はわかりやすく落ちていますね!

オーリー
意外にも明確に下落している年が多いかといえばそうでもなく、持ち合いになっていたり上昇している年もあります。

オーリー
これは夏枯れ相場における7〜8月のNYダウ価格変動でも同様です。

カナエさん
うーん、じゃあアノマリーってどれぐらい信用できるんでしょうか?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

アノマリーは頭の片隅に置いて、テクニカル分析を優先しよう!

オーリー
最初に話した通り、アノマリーはあくまで「経験則」でとくにテクニカル的な根拠はないです。

オーリー
なのでアノマリーだけで判断してしまうのはかなりリスクがあるかなと僕は考えています。

カナエさん
じゃあ、やっぱりテクニカル分析が一番ってことでしょうか?

オーリー
そうですね!僕は移動平均線からの乖離で、グランビル4番・8番で分析しています。

 

グランビルの法則についてはこちらをクリック!
グランビルの法則4番は、上昇トレンド中で勢いよく移動平均線から乖離したポイントを狙っていきます。

つまり、相場が過熱し上昇トレンドが続く中売りを仕掛けるということになります。

初心者の方なら、みんなが買ってるから買うという心理で取引をするのはスムーズに取引できても、みんなが買っているポイントで売りを仕掛けるこの4番はどこが天井か?という不安感もあり中々手を出しずらいポイントでもあると思います。

一体どんな法則となるのか見ていきましょう!

グランビルの法則4番とは?
グランビル4番は右肩上がりの移動平均線に沿って価格帯が上昇していく中、
移動平均線から大きく離れたポイントを売りで狙う目安としてみていきます。

グランビルの法則4番の特徴として、右肩上がりの移動平均線から大きく乖離した時、自立反発し移動平均線まで戻るという特性を狙ったものになります。

ここでもポイントは、大きく乖離しているというところです。もちろん、ここで買いで狙っていってはいけません。

売りシグナルとなるので注意しましょう!

また、グランビルの法則4番を上下反転させた形がグランビルの法則8番になります!

グランビルの法則8番とは?
グランビル8番は右肩下がりの移動平均線に沿って価格帯が下降昇していく中、
移動平均線から大きく離れたポイントを買いで狙う目安としてみていきます。

グランビルの法則8番の特徴として、右肩下がりの移動平均線から大きく乖離した時、自立反発し移動平均線まで戻るという特性を狙ったものになります。

こちらもポイントは、大きく乖離しているというところです。もちろん、ここで売りで狙っていってはいけません。

買いシグナルとなるので注意しましょう!

カナエさん
あ!これはオーリーさんお得意のパターンですね!

オーリー
他にも長期トレンドを見るときは投機筋チャートを使っています。

オーリー
僕は常にテクニカル分析1本だけを信じるようにしているので、アノマリーはあくまで頭の片隅に置くという感じです。

カナエさん
なるほどですね〜。じゃあ、今年はアノマリー通りに秋に株価暴落は来ると思いますか!?

オーリー
現在はリスクオン相場(※)なので、まだまだ株価は上昇する可能性はあります。

※リスクオン・・・リスクを取ってでも株価などに投資する傾向のこと

オーリー
ただ、これから投機筋チャートでも動きが見えてくるかもしれないので、そのときに考察していきますね!

カナエさん
わかりました!今日の内容とても勉強になりました!

カナエさん
ありがとうございます♫

 

今回は夏枯れ相場彼岸底がどのくらい機能しているか検証しましたが、いかがでしたか?

これで初心者アノマリーをどのぐらい信用したらよいのか理解できたと思います。

ぜひこれからのトレードに活用してくださいね!

 

無料サインツールプレゼント

 

公式LINEに友達追加すると
無料サインツール
《投機筋インジケーター》をプレゼント!

↓↓オーリーch公式LINE 友達追加↓↓

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク


おすすめの記事