【FX・株】3分でわかる勝ちやすい「オーバーシュート」とは?

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回はFXでよく使われる「オーバーシュート」が勝てるチャンスになる理由を解説していきます。

初心者の方も大きく利益をだせる考え方を身につけることができますので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

3分でわかる「オーバーシュート」とは?

ケンジさん
オーリーさん、こんにちは!

オーリー
ケンジさん、こんにちは!今日はどうされたんですか?

ケンジさん
あの、Youtubeで「オーバーシュート」って言われてましたよね?

ケンジさん
オーバーシュートって新型コロナウイルスのニュースでもよく耳にするのですが、なぜ相場の説明で使われたんでしょうか?

オーリー
オーバーシュートはニュースでは「新型コロナウイルスの感染拡大」の意味でよく使われてます。

オーリー
ただ本来の意味は、FXや株の大きな相場変動のことになります。

ケンジさん
なるほど、そうだったんですね。

ケンジさん
じゃあ、相場で使われるオーバーシュートについて、詳しく説明お願いします!

オーリー
では次に説明していきますね!

ケンジさん
はい!

スポンサーリンク

オーバーシュートの定義をわかりやすく解説!

オーリー
FXや株などのオーバーシュートは、下図のように崖のように上昇or下降する現象です。

ケンジさん
あ!これはわかりやすいですね!

オーリー
最近だとアメリカ株ダウのコロナショックによる下落の上昇、そして上昇直前の下落に当てはまります。

ケンジさん
でも、このときどこまでも上がるor下がるで怖くて、ベストなタイミングでエントリーできなかったんです。

オーリー
大衆トレーダーは、オーバーシュートのときビビってなかなかエントリーできません。

オーリー
なので「ある程度見えてから」エントリーする傾向にあります。

ケンジさん
あ、これ僕の行動そのまんまじゃないですか・・・・・。

オーリー
しかし、飛びつきでエントリーすると逆行したときに一気に含み損になるリスクがあります。

ケンジさん
そうなんです、僕これに何度も苦しめられてるんです。

オーリー
なので僕はオーバーシュートで上昇してたら売り、下落してたら買いの大チャンスと見ています。

ケンジさん
マジですか!?オーリーさん、そこでエントリーできるなんで本当にオーリーやや神!

オーリー
ありがとうございます!それもジャブではなく、右ストレートでエントリーして今含み益も乗ってます。

ケンジさん
さすがオーリーさんです!

ケンジさん
えっと、でもオーバーシュートを見分けるのって難しそうなんですけど・・・・初心者の僕でもできますか?

オーリー
次に説明しますね!

スポンサーリンク

オーバーシュートは移動平均線の乖離で見分けやすい!

オーリー
実は移動平均線からの乖離を見れば、初心者でも簡単に見分けることができます。

ケンジさん
ほうほう・・・・移動平均線ですか。

オーリー
たとえば移動平均線から乖離、かつ崖のようにどこまでも上がるor下がる動きになると高確率でヒゲで戻してきます。

ケンジさん
なるほど!ちなみに使える時間足は決まってますか?

オーリー
これはどの時間足でも通用しますね。

オーリー
ただ月足など大きな時間足のオーバーシュートになるほど、ボラティリティも大きいので小ロットでも大きく利益を出せます。

ケンジさん
ん?ボラティリティって何でしょうか?

オーリー
ボラティリティ相場の変動幅のことになります。詳しくはこちらの記事をご覧くださいませ。

ケンジさん
ありがとうございます!

ケンジさん
ちなみに僕もオーリーさんよりエントリー価格は上ですが、アメリカ株ダウに買いでしがみついてます。

ケンジさん
どこでアメリカ株ダウは利食いした方がいいと思いますか?

オーリー
次に説明しますね!

スポンサーリンク

アメリカ株ダウの利食いポイントについて解説

オーリー
アメリカ株ダウは、週足の移動平均線に当たって意識されるのではないかと見ています。

ケンジさん
ほうほう。

オーリー
なので僕はアメリカ株ダウは25000〜26000辺りが利食いポイントの1つの目安になると考えています。

ケンジさん
なるほど!

ケンジさん
てか、3週間で5000ドルも動くなんてすごい相場でしたね!

ケンジさん
いつもこんな大きく動く相場だったらいつでも爆益出せそうですよね!!

オーリー
実はボラティリティ(以下、ボラと略す)が大きいのはトレンドの初動に多い傾向があります。

ケンジさん
え・・・・・マジですか。

オーリー
コロナショックでの下落も初動が一番ボラが大きく、そして次の上昇も初動のボラが大きいことがわかります。

ケンジさん
え、じゃあこれからどうなるんですか?

オーリー
初動で大きく動くと、あとはダラダラ・・・と動くことが多いんです。

オーリー
なので、僕にとってボラが大きい初動が一番美味しいと考えています。

ケンジさん
あ、もしかして初動でエントリーできないから大衆トレーダーは勝てない・・・ということなんでしょうか!?

オーリー
その可能性もありますね。なので初動をしっかり取るなら、今回話した「オーバーシュート」をしっかり意識していきましょう。

ケンジさん
今日の話、すごく勉強になりました!

オーリー
あと今回の内容はこちらの動画でも解説しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

ケンジさん
復習として見させていただきますね!今日もありがとうございました!
 

 

今回はFXでよく使われる「オーバーシュート」が勝ちやすいチャンスになる理由を解説しましたが、いかがでしたか?

これで初心者の方も大きく利益をだせる考え方を身につけることができたと思います。

ぜひこれからのトレードに活用してくださいね!

 

 

無料サインツールプレゼント

 

公式LINEに友達追加すると
無料サインツール
《投機筋インジケーター》をプレゼント!

↓↓オーリーch公式LINE 友達追加↓↓

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク


おすすめの記事