すでにワシントンは閉鎖されていた!?WHOがマスク着用必要なしと発表!

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回はワシントンホワイトハウス閉鎖されていることと20日就任式一斉逮捕が行われなかった原因、WHOマスク着用必要なしという発表について解説していきます。

テレビ新聞などが情報を流す情報戦争の中で「真実」の情報をつかむキッカケになると思うので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

ワシントン・ホワイトハウスはすでに閉鎖されてた!?

リナさん
オーリーさん、こんにちは!ここ数日で凄まじい情報が入ってきて、何が何だか分からない状態になってます。

リナさん
もうアメリカや、そしてトランプさんの動きがすごいですよね!一体どうなっているんでしょうか!?

オーリー
リナさん、こんにちは!最近ホワイトハウス・ワシントンが閉鎖されているという情報があって保留にしてたんですが、かなり現実味を帯びてきています。

リナさん
え!?ホワイトハウスが閉鎖ですか!?一体何が・・・・!

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

現在、ホワイトハウス地下施設から子供を救出中!?

オーリー
ホワイトハウスが存在するワシントンはもともとアメリカとは違う国扱いで、イギリス内のシティ・オブ・ロンドン、イタリア内のバチカンと同じ扱いでした。

リナさん
ワシントンは「ワシントン州」だとこれまで思ってました!

オーリー
現在ワシントンを51番目の州にしようという流れは出ていますが、まだ確定はしていません。

 

ワシントンのアメリカへの併合については、こちらの記事をご覧くださいませ。

→恐怖指数(VIX)が一気に上昇で株価暴落!?テキサス州がバイデン政権に反撃で独立する!?

オーリー
バイデン氏が大統領となる前に株式会社アメリカ合衆国は破産したので、ワシントンはアメリカに返されるべき土地となっています。

リナさん
これば勉強になります。

オーリー
GoogleMapの英語版ではワシントンの表記から「D.C」が抜けており、さらにホワイトハウスも「永久閉鎖」となっているそうです。

リナさん
もうこれは異常事態じゃないですか!

オーリー
就任式前にワシントンを有刺鉄線フェンスで囲みましたが、これが国境という意味と取れます。

リナさん
たしかに、なんで有刺鉄線のフェンスで囲むの?と思ってたんですが、国境扱いなら納得行きます!

オーリー
さらにワシントンにも地下施設があり、悪魔崇拝のために誘拐された子供を救出しているとの情報もあります。

リナさん
悪魔崇拝のために子供が支配層に生贄にされるとか聞いたことあります・・・・本当にひどすぎます。

リナさん
でも救助されているなら良かったですね!

オーリー
実は支配層残党がワシントン地下の子供を人質に取って脅したため、20日の就任式で一斉逮捕ができなかったという説があります。

 

20日の就任式の一斉逮捕計画については、こちらの記事をご覧くださいませ。

→20日にバイデン氏就任式を行わせ一斉逮捕か!?大阪・愛知なども緊急事態宣言へ!

リナさん
もしそれが本当なら卑怯です!卑怯すぎます!

オーリー
今行われているワシントンの救助が終わり次第、ワシントンを巨大収容所にするという計画もあるそうです。

リナさん
これまでのホワイトハウスがあるワシントンのイメージが一気に崩れましたね・・・。

リナさん
あ!でもこれだと矛盾が生じますよ。

リナさん
ホワイトハウスが閉鎖されているのに、テレビでバイデンさんがホワイトハウスにいる映像が流れてます。

リナさん
これはどう整合性が取れるんでしょうか?

オーリー
バイデン氏がホワイトハウスにいる映像は、就任式に引き続き撮影スタジオで撮影されたものではないかと情報があります。

 

就任式動画の録画疑惑については、こちらの記事をご覧くださいませ。

→トランプ氏の大統領任期終了へ!就任式への米軍動員数が6万人突破!?

リナさん
もしこれも本当だったら、ワシントン閉鎖と辻褄合いますね!

オーリー
さらにワシントン閉鎖に伴い、一週間停電となっています。

リナさん
これはワシントン閉鎖の可能性、根拠としても揃ってきましたね。

オーリー
バイデン氏はすでに破産した株式会社アメリカ合衆国の大統領なので、何の権力もありません。

 

株式会社アメリカ合衆国については、こちらの記事をご覧くださいませ。

→すでに「アメリカ合衆国」は存在していない!?NESARA・GESARAのカギを握る「ある人物」とは。

オーリー
なので今のバイデン政権に関するニュースもほとんどが茶番の可能性が高いです。

リナさん
あ!そういやWHOがついにマスク着用は意味がないと発表したそうなんですが・・・・これはどうなんでしょうか?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

WHOがマスク着用は必要ないと発表か!?

オーリー
先日、WHOが「マスク着用は必要ない」と発表しました。

自動翻訳文
WHO:マスクを着用する必要はありません

ジョン・オサリバン

世界保健機関は、健康な人が病院の外でマスクを着用する科学的な医学的理由はないことを認めています。悲しいことに、私たちの腐敗した政治家と主流メディアは悪いニュースだけを語っています。

発熱、咳、鼻水などの呼吸器症状がない場合は、医療用マスクを着用する必要はありません。マスクを単独で使用すると、誤った保護感が生じる可能性があり、正しく使用しないと感染源になる可能性もあります。

www.who.intでプレス発表のビデオを見る

更新と修正(2021年1月26日):上記の参照を省略してしまったことをお詫びします。以下は、現在のWHOのアドバイスの証拠として追加されています。

先月(2020年12月)、WHOは、マスクが他のさまざまな手段と組み合わせて使用​​され、価値が限られている場合にのみ、ある程度の利益があるという次のアドバイスを発表しました。

WHOは次のように語っています。

…マスクを単独で使用することは、正しく使用された場合でも(以下を参照)、感染していない個人に適切なレベルの保護を提供したり、感染した個人からの感染を防ぐには不十分です。」[1]

博士ジョゼフ・マーコーラWHOのアドバイスがで指摘解析し、 未クリアマスク防止ウイルス感染」:認めるWHO

「…。文献は、マスクの有用性は、タイプ、適合性、使用期間、目的、状況など、公共のユニバーサルマスキングポリシーでは事実上説明できないかなりの数の要因に依存することを強く示唆しています。

科学は、私たちが攻撃された無知な態度に反して、普遍的なマスキングがウイルスの封じ込めに効果的であることを証明しておらず、代わりにそのような政策に対する懐疑論の実質的な根拠を提供しました。

リナさん
ですよね!私はもうわかりきってましたが、日本じゃ99.9%の人が今でもマスク着用してますよ。
 
マスクの本質については、こちらの記事をご覧くださいませ。

オーリー
WHOという公的機関が発表したことで、権威でしか判断しないテレビ信者も納得のいく説明になると思います。

オーリー
しかしWHOが発表したにも関わらず、マスコミはこの事実を一向に発表していません。
 
マスコミを信じてはいけない理由については、こちらの記事をご覧くださいませ。

リナさん
もうマスコミいい加減にしてくださいよ・・・・・・。

リナさん
しかし、なぜこのタイミングでWHOがマスク着用が意味ないと発表したんでしょうか?

オーリー
以前、トランプ氏は「2020年のパンデミック詐欺対策法」に署名しており、コロナ自体が詐欺であることが証明されました。

オーリー
さらにアメリカなど海外では脱マスクの動きが高まっており、このままだと自分らも大量逮捕の標的になると恐れて「マスクは必要ない」と発表したのかもしれませんね。

リナさん
脱マスクが進んでいる国うらやましいです・・・・。日本じゃテレビでガツンと言ってくれないとマスク外しそうにないですよ!

オーリー
このように、これまで陰謀論と言われてきたことがどんどん表に出てきています。

リナさん
たしか、陰謀論というのが支配層が作った概念ですよね?

オーリー
そうですね。なので陰謀論とレッテル貼りをせず自分で調べることで、リアルタイムで情報を得ることができます。

リナさん
本当に仰る通りです!私もこれからの世界の動き、しっかり見ていきます。

リナさん
今日もありがとうございました!

 

今回はワシントンホワイトハウス閉鎖されていることと20日就任式一斉逮捕が行われなかった原因、WHOマスク着用必要なしという発表について解説しましたが、いかがでしたか?

テレビ新聞などが情報を流す情報戦争の中で「真実」の情報をつかむキッカケとして、ぜひ活用してくださいね!

 

 

無料サインツールプレゼント

 

公式LINEに友達追加すると
無料サインツール
《投機筋インジケーター》をプレゼント!

↓↓オーリーch公式LINE 友達追加↓↓

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

おすすめの記事