株にテクニカル分析が効かなくなった理由はなぜ!?日本では実体経済はさらに悪化か。

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回はNYダウS&P500などがずっと右肩上がりになっているファンダメンタルズ的要素暗号資産6億ドルハッカーによって流出したこと、コロナ破たん日本悪化している現実について考察していきます。

テレビ新聞などが情報を流す情報戦争の中で「真実」の情報をつかむキッカケになると思うので、ぜひ最後までお読みくださいませ。

 

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

株にテクニカル分析が効かなくなったのはなぜ!?

アユミさん
オーリーさん、こんにちは!この前の動画見たんですけど、大丈夫ですか・・・?

 

オーリー
アユミさん、こんにちは!とりあえずナスダックを最後まで空売り狙ってたんですが、8,000万円ロスカットしました。

 

 

アユミさん
えぇ!?プロトレーダーのオーリーさんでもそこまでやられたんですか!?一体何が原因だったんでしょうか?

 

オーリー
NYダウやナスダックなどアメリカ株は月足でグランビルの法則4番となっています。

 

 

 

グランビルの法則4番については、こちらの説明をご覧くださいませ。

グランビルの法則4番についてはこちらをクリック!
グランビルの法則4番は、上昇トレンド中で勢いよく移動平均線から乖離したポイントを狙っていきます。 つまり、相場が過熱し上昇トレンドが続く中売りを仕掛けるということになります。

初心者の方なら、みんなが買ってるから買うという心理で取引をするのはスムーズに取引できても、みんなが買っているポイントで売りを仕掛けるこの4番はどこが天井か?という不安感もあり中々手を出しずらいポイントでもあると思います。

一体どんな法則となるのか見ていきましょう!

グランビルの法則4番とは?
グランビル4番は右肩上がりの移動平均線に沿って価格帯が上昇していく中、
移動平均線から大きく離れたポイントを売りで狙う目安としてみていきます。

4番の特徴として、右肩上がりの移動平均線から大きく乖離した時、自立反発し移動平均線まで戻るという特性を狙ったものになります。

ここでもポイントは、大きく乖離しているというところです。もちろん、ここで買いで狙っていってはいけません。

売りシグナルとなるので注意しましょう!

アユミさん
たしかに、月足での移動平均線からの乖離率は史上最大ですもんね。

 

 

オーリー
しかし最近になって株に関してテクニカル分析が効かなくなっており、何か大きな力が働いているように思えます。

 

アユミさん
ニュースでも聞いたんですが、NYダウが連日最高値をまだまだ更新してるみたいですよね。

オーリー
NYダウやS&P500はチャートでも最高値を更新し続けておりますが、投機筋チャートからは恐怖指数の売りポジション減少や円高になって株価暴落になる兆候はすでに出ています。

 

投機筋チャートの見方については、こちらの説明をご覧くださいませ。

投機筋チャートの見方についてはこちらをクリック!

オーリー
NETポジションとは、買いポジション数から売りポジション数を差し引いたものになります。
NETポジションの定義
・NETポジション = 買いポジション数 − 売りポジション数

 

オーリー
NETポジションが0から上に行くと、買いポジションが多いということになります。

 

オーリー
逆にNETポジションが0から下に行くと売りポジションが多いということになります。

 

 

オーリー
ポジション数には限界があるので、NETポジションが最大数になるとチャートが転換する傾向があります。

 

 
投機筋チャートから見た恐怖指数と円高の兆候については、こちらの記事をご覧くださいませ。

アユミさん
絶対おかしいですよね!テクニカル的に暴落する根拠は以前から揃っているのに、ずっと右肩上がりですよね。

オーリー
なので僕は一旦切り替えて、テクニカル分析が効きやすいFXで挽回していこうと思います。

アユミさん
FXのほうがテクニカル分析効きやすいんですね!

アユミさん
それと、日本だと実体経済がますます悪くなっているのに、株は上がり続けるのも変だと思います。

オーリー
ファンダメンタルズ的に上がる要因としては、アメリカでは雇用の改善が引き金となっているようです。

アユミさん
他にも若者たちの間で投資ブームだそうですよね?

オーリー
アメリカではロビンフッドというアプリでの投資が人気です。

アユミさん
ロビンフッドというのは日本じゃ聞きませんね。

オーリー
今のところ日本では対応してないですが、アメリカではコロナ禍から若者たちの間で一気にブームになりました。

オーリー
なので株を押し目買いして気軽に勝てる相場からも、ブームを加速させた要因になっていると思われます。

アユミさん
たしかロビンフッドの株価が一気に上がったとかも聞きました!

オーリー
ただロビンフッドで投資がブームになっている中、まだ若者たちの間で経験していないことがあります。

アユミさん
一体何なのでしょうか?

オーリー
それはコロナショック並の株価暴落なんです。

アユミさん
たしかに、今の株の上がり方だと誰でも買えば勝てるイメージがありますよね。

オーリー
コロナショック前も誰もが株を買えば絶対に勝てる、永遠に上がるという風潮でした。

オーリー
なので株価が一気に崩れた場合、ロビンフッドの投資ブームに乗っかった者たちが大ダメージを喰らう可能性もあります。

アユミさん
彼らからしたらまだ体験していないから、いざ来たときに大ダメージはありえそうですね。

オーリー
さらに仮想通貨で大きな事件が起こりました。

アユミさん
次は仮想通貨ですか!?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

暗号資産6億ドルがハッカーによって流出か!?

オーリー
先日、ハッカーによって暗号資産約6億ドル分が盗まれました。

アユミさん
え!?6億ドルは日本円で660億円ぐらいあるじゃないですか!

オーリー
これは2018年のコインチェックで発生した580億円の暗号資産流出を上回り、史上最高額となります。

アユミさん
で、結局その盗まれた暗号資産は返ってきたのでしょうか!?

オーリー
12日に盗まれた暗号資産の4割がハッカーから返還されました。

アユミさん
でもハッキングされてすぐに返ってきたんですよね?なぜこんなことになったんでしょうか。

オーリー
盗んだ暗号資産に加えて50万ドルの支払いがあれば、今回の事件について責任を問わないことを約束したからです。

アユミさん
なるほど、つまり全額返還と50万ドルの支払いと引き換えにこれ以上罪を問わないという感じだったんですね。

アユミさん
ところで、株は上がっているのに実体経済は悪化している感じですが、これに関して何かニュースはないんでしょうか?

オーリー
次に説明していきますね。

スポンサーリンク

日本では実体経済はさらに悪化!?コロナ破たん、東京が4分の1を占める

オーリー
日本ではコロナ破綻が累計1916件に上っており、東京が全体の4分の1を占めています。

アユミさん
これはコロナ禍で経営破たんしたものでしょうか?

オーリー
そうですね。ここからも実体経済の悪化が見えますが、今後さらに悪化する要因があります。

アユミさん
え、まだあるんですか!?

オーリー
現在出ている緊急事態宣言は9月に延長される案も出ています。

アユミさん
これじゃまん防も延長じゃないでしょうか!?

オーリー
その可能性もあります。まん防なども含めて9月まで延長となればコロナ破たんはさらに拡大する可能性もあります。

アユミさん
なんというか、仕事もどんどんなくなっていきますよね。

オーリー
ただこのようなコロナ不況の中でもFXであれば稼ぐことができます。

アユミさん
たしかに、FXだと買いと売りでも両方利益出せますもんね!

オーリー
最初でも話した通り、毎週更新している投機筋チャートでは大きな円高になる兆候が出ています。

オーリー
なので円の通貨ペアであるクロス円がこれから熱くなるかもしれません。

アユミさん
私もFX始めてみようと思います!あと投機筋チャートも見てみたいです。

オーリー
明日また投機筋チャートを更新しますので、ぜひ確認してくださいね!

オーリー
FXなどトレードの基礎知識はこちらにまとめていますので、ぜひご覧くださいませ。

 

 
FXの基礎知識については、こちらの記事をご覧くださいませ。

 

アユミさん
ありがとうございます!ぜひ活用してみますね!

今回はNYダウS&P500などがずっと右肩上がりになっているファンダメンタルズ的要素暗号資産6億ドルハッカーによって流出したこと、コロナ破たん日本悪化している現実について考察しましたが、いかがでしたか?

テレビ新聞などが情報を流す情報戦争の中で「真実」の情報をつかむキッカケとして、ぜひ活用してくださいね!

 

無料サインツールプレゼント

 

公式LINEに友達追加すると
無料サインツール
《投機筋インジケーター》をプレゼント!

↓↓オーリーch公式LINE 友達追加↓↓

ブログの更新通知を受け取る

 

ページ左下のこちらのアイコンを押せば
ブログ更新時に通知を受け取れます!
(※iPhoneには対応しておりません。)
また、メルマガでもブログ更新のお知らせを配信しています。
ぜひこちらからご登録ください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

おすすめの記事