【FX】オーリーが口座から1億円出金!理由は?今後の株価の動向を説明!

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー

こんにちは!オーリーです。

この前1億円利食いしましたが、ついにその1億円出金しました!

 

さて、ここで「複利を使って更に増やせたのではないのか?」と思われた方もいると思いますが、実はオーリーが出金したのには、ちゃんとした理由があります。

 

今回はFX初心者でもわかりやすいように、出金の理由から今後の株価動向について詳しく

お話していきますので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね!

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

スポンサーリンク

利食いした1億円を出金!その理由とは?

 

ノブさん
オーリーさん、こんにちは!

 

オーリー
ノブさん、こんにちは!

 

ノブさん
えっと...1億円出金されたって本当なんですか!?

 

オーリー
はい!先日オーストラリア株で利食いした1億円を出金しました!

 

1億円出金

 

ノブさん
どひぇええ!!1億円って、札束並べるとどれぐらいになるんですか?

 

オーリー
実は昨年の11月にアメリカ株ナスダックでも1億円出金したんですが、札束ピラミッドができますよ(笑)

 

 

ノブさん
えぇええ!?普通、僕らのようなサラリーマンなら数十年働いてやっと手に入れる額じゃないですか・・・・!

 

オーリー
そうですね!昨年のアメリカ株ナスダックの1億円と合わせると、サラリーマンの生涯年収ぐらいになりますよ!

 

ノブさん
えぇえ!?すごすぎて言葉に出ないですよ・・・・・オーリーさんの次元高すぎる・・・!

オーリー
また1億円利食いしたお話については、下記の記事をご覧くださいませ!

 

ノブさん
あ、でもオーリーさん、この1億円を出金せずに「複利」で更に増やしたら良かったじゃないですか

 

ノブさん
どうして今回利食いされたんですか?

 

オーリー
利食いの理由について、次にお話していきますね!

スポンサーリンク

出金してメリハリをつける!

 

オーリー
ノブさん、僕が出金した理由は「メリハリをつけるため」なんです。

 

ノブさん
メリハリ・・・?

 

オーリー
たとえば普段のトレードや、10年に一度の大相場で打診的にエントリーするときは、実は口座に入れる額を少なくしています。

 

普段のトレードのときには、口座にあまりお金を入れない。

 

 

オーリー
そして、「今ここがチャンスだ!」というときに資金を口座に追加して、大きなロットで狙います。

 

チャンスのときに、口座に多くお金を入れる。

ノブさん
なるほど・・・・・。

 

オーリー
そして今回はメリハリの「ハリ」を終え、「メリ」に戻すために、出金をしたんです!

 

ノブさん
そういうことだったんですね!

 

ノブさん
でも、ここで複利を使わない理由ってなんでしょうか?

 

オーリー
ノブさん、ここで口座に10万円あったと仮定します。
毎月月利150%出して翌月出金しないとして、3ヶ月先まで計算してみてください!

 

ノブさん
えっと・・・・このように計算してみました。

 

1ヶ月目:10万円✕1.5倍(150%)=15万円

2ヶ月目:15万円✕1.5倍(150%)=22.5万円

3ヶ月目:22.5万円✕1.5倍(150%)=33.75万円

 

オーリー
正解です!複利でプラスになれば、このように指数関数的に増加していきます。

 

オーリー
しかし!もし4ヶ月目に50%負けたらどうなるか、計算してみてください!

 

ノブさん
計算してみます!

 

〜1分後〜

 

4ヶ月目:33.75万円✕0.5倍(50%)=16.875万円(168,750円)

 

ノブさん
あれれ?一気に1ヶ月目の15万円ぐらいに減ってしまいました。

 

オーリー
実は複利を使って勝てばいいんですが、負けると一気に利益を失います。

 

オーリー
だから、僕は一ヶ月ごとにFXや株で出した利益は出金するんですよ!

 

ノブさん
なるほど!じゃあ、オーリーさんは複利は使わないということなんでしょうか?

 

オーリー
いえ、実は先程説明したメリハリのやり方で、複利を使うんですよ。

 

ノブさん
えぇえ!?じゃあ、本暴落のときに口座に資金を入れて大きく攻める・・・これが複利ってことなんですか!?

 

オーリー
そうです!そして出金することで、利食いした1億円は減らさずに守ることができるんです。

 

ノブさん
だから、オーリーさんは長年相場で生き残ってきたんですね!本当にオーリーやや神です!

 

オーリー
嬉しいお言葉ありがとうございます!

 

ノブさん
あと、今後の株価の動きが気になるんですが、どのような動向になるんでしょうか?

 

オーリー
次に説明していきますね!

スポンサーリンク

今後の株価はどうなる?

 

オーリー
現在、オーストラリア株はエリオット波動でいうと1波目が終わり、2波目を描いています。
現在、オーストラリア株はエリオット波動でいうと1波目が終わり、2波目を描いています。

 

ノブさん
エリオット波動について、ちょっとうろ覚えです。

 

オーリー
エリオット波動については、下記で説明しています!

 

エリオット波動についてはこちらをクリック!
エリオット波動というのは一言でいうと

「相場にはサイクルがあり、値動きには一定のサイクルがある」という考えがあります。

このサイクルのパターンというのはいくつかありますが、まずは基本的な形から最初に図を見ていきましょう。

まず、上の図を見ると

1波・2波・3波・4波・5波5つの波で構成されているのがわかると思います。

次に、a波・b波・c波3つの波で構成されています。

この1波・2波・3波・4波・5波の5つの波を推進波」

a波・b波・c波「修正波」と呼びます。

エリオット波動については下記の記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧くださいませ!

→初心者でもわかる!【FX】エリオット波動を理解して勝ち組へ!

 

ノブさん
ありがとうございます!じゃあ、次は3波目が来ると見てるんですね。

 

オーリー
正解です!

 

ノブさん
そしたらオーリーさん、また狙ってもいいんじゃないんですか?

 

オーリー
実は今から落ちても僕は狙わないですね。

 

ノブさん
えぇえ!?これから暴落きたらチャンスなのに、もったいないですよ!?

 

オーリー
もし2波目で大きく上がってきたら、また売りで狙っても良いと考えてます。

 

ノブさん
なぜ、大きく上がったら狙おうと考えるんですか?

 

オーリー
僕の手法は基本的に、グランビルの法則4番で天井からエントリーする手法です。

 

オーリー
グランビルの法則4番について分からない方は下記の説明を見てみてください!

 

グランビルの法則4番についてはこちらをクリック!
グランビルの法則4番は、上昇トレンド中で勢いよく移動平均線から乖離したポイントを狙っていきます。 つまり、相場が過熱し上昇トレンドが続く中売りを仕掛けるということになります。

初心者の方なら、みんなが買ってるから買うという心理で取引をするのはスムーズに取引できても、みんなが買っているポイントで売りを仕掛けるこの4番はどこが天井か?という不安感もあり中々手を出しずらいポイントでもあると思います。

一体どんな法則となるのか見ていきましょう!

グランビルの法則4番とは?
グランビル4番は右肩上がりの移動平均線に沿って価格帯が上昇していく中、
移動平均線から大きく離れたポイントを売りで狙う目安としてみていきます。

4番の特徴として、右肩上がりの移動平均線から大きく乖離した時、自立反発し移動平均線まで戻るという特性を狙ったものになります。

ここでもポイントは、大きく乖離しているというところです。もちろん、ここで買いで狙っていってはいけません。

売りシグナルとなるので注意しましょう!

 

オーリー
天井からエントリーすることで、損切り幅を小さくできます。だからオーストラリア株の売り増しも、以下のように天井付近でしかしてないんです。

 

ノブさん
なるほど・・・・損切り幅を小さくすることで、リスクも小さくしてるんですね!

 

オーリー
そういうことです!つまり、今から落ちてしまうと損切り幅を大きく取ることになり、僕の手法に反するので狙わないんです。

 

 

ノブさん
すごくわかりやすかったです!今回も勉強になりました!オーリーさん、ありがとうございます。

 

オーリー
いえいえ^^下記の動画でも解説してるので、良かったらぜひ見てみてくださいね!

 

 

今回はオーリーが1億円出金した理由を複利メリハリの面から説明したり、株価今後の動向を説明しましたが、いかがでしたか?

これでメリハリを意識してしっかり複利を使ったトレードができると思います。

これからのFXなどでぜひ活かしてくださいね!

億トレーダーが相場を実況中継!

日々相場の予想を配信していますので、
ぜひフォローよろしくお願いします♫

↓↓オーリーch Twitterフォローする↓↓

無料サインツールプレゼント

LINE@を友達追加すると
億トレーダーが作ったサインツール
《オリスキャ2》をプレゼント!

↓↓オーリーchLINE@ 友達追加↓↓


最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

おすすめの記事