ついに株価暴落!?FX・株で儲けるコツとは?【2019・予想】

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回はオーリーがなぜ株価で積極的に売り増しをしたのか、連動性を交えて解説していきます。

初心者もこちらの記事を読むことで、FXのトレードにおける臨機応変さやタイミングの重要性について理解ができますので、ぜひ最後までお読みくださいませ^^

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

オーリーが積極的に売り増しする根拠とは?

リナさん
オーリーさん、こんにちは!株価で天井取られたんですか!?

 

オーリー
リナさん、こんにちは!天井から売り増しでエントリーしたら、バッチリ落ちてくれました!

 

リナさん
おぉおおお!オーリーやや神!

 

オーリー
嬉しいお言葉ありがとうございます^^

 

リナさん
実は私、売り増しとか怖くて・・・というかリスク抱えるようで怖くてできませんでした。

 

リナさん
というかオーリーさん、以前Youtubeで売り増しはそこまでしないって言ってませんでした!?

 

オーリー
結果論になるようですが、今回は売り増しをすることで大きく利益を出すことができました。

 

リナさん
うーん・・・・普通、FXや株って正解があるものじゃないですか?売り増ししないなら、しないで突き通すのが普通だと思いますが・・・・。

 

オーリー
トレードというものは常に状況は変わります。その中で売り増しをすべきかしないか考えるわけです。

 

リナさん
じゃあ、何で今回は売り増しで攻めたんでしょうか?

 

オーリー
今日はそこをメインにお話していきますね!

 

リナさん
はい、よろしくお願いします!

 

スポンサーリンク

連動性を見て売り増しするか判断した。

 

オーリー
さて、まず売り増しとは「既に天井で売りポジションを保有しているが、戻りで上昇したら天井で追加エントリーすること」です。

 

リナさん
そこは分かります。

 

リナさん
あれ・・・・?前はポジション画面に「NSDQ」「SP」なんて無かった気がしますが!

オーリー
NSDQアメリカ株ナスダックSPSP500になります。

 

リナさん
SP500・・・?初めて聞きました。

 

オーリー
SP500アメリカ株の一種で、アメリカ株ダウとナスダックの仲間です。

 

リナさん
なるほど!

 

リナさん
オーリーさん、アメリカ株ダウに入ってましたよね?

 

リナさん
なぜアメリカ株ダウではなく、アメリカ株ナスダックSP500で売り増しをしたんでしょうか?

 

オーリー
アメリカ株ダウ、ナスダック、SP500はアメリカ株同士なので同じ動き、すなわち順相関になります。

 

リナさん
ふむふむ。(メモメモ)

 

オーリー
実は先日、アメリカ株ダウは下落してアメリカ株ナスダックとSP500は上昇していました。

 

オーリー
つまり、どれかが嘘をついていると考えたわけです。

 

リナさん
ほうほう。

 

オーリー
アメリカ株ダウは天井から離れてしまったので、売り増しするには天井からエントリーする手法に合いませんでした。

 

オーリー
しかし、アメリカ株ナスダックとSP500は上昇していたので僕の手法にピッタリ合ったわけです。

 

リナさん
だから、アメリカ株ナスダックとSP500で売り増しされたんですね!

 

オーリー
そういうことです。

 

リナさん
どのエントリーもピッタリ天井からじゃないですか!さすがオーリーさんです!

 

オーリー
ありがとうございます^^これでアメリカ株ダウも含めて合計90ロットです。

 

リナさん
オーリーさん攻めますねぇ!私にはとても真似できそうにないです!

 

オーリー
リナさん、実は売り増しの根拠にマクドナルド株も見ていたんです。

 

リナさん
マクドナルド・・・?もしや、あのハンバーガーの!?

リナさん
でも、アメリカ株ダウ・ナスダック・SP500とは何の関連性があるんでしょうか?

オーリー
次に説明していきますね!

 

スポンサーリンク

マクドナルド株の暴落も売りましの根拠になった。

 

オーリー
マクドナルド株アメリカ株ダウを構成する、寄与度7%の個別株です。

 

リナさん
ふむふむ。

 

オーリー
つまり、アメリカ株ダウの動きはマクドナルド株に連動する傾向があるわけです。

 

リナさん
確かに、大体同じ動きで連動していますね。

オーリー
更にマクドナルド株はヘッド・アンド・ショルダーが出現しており、形通りに暴落しました。

 

リナさん
えっと、ヘッド・アンド・ショルダーって何でしょうか?

 

オーリー
ヘッド・アンド・ショルダーについてはこちらで説明しています!

 

ヘッド・アンド・ショルダーについてはこちらをクリック!

オーリー
ヘッド・アンド・ショルダーは以下の図のような形のことを指します。

 

オーリー
仏像が三尊並んでいるように見えるため、 別称「三尊」とも呼びます!

 

オーリー
赤い線をネックラインと呼びますが、 右肩がネックラインを下に突き抜けてくると大暴落が起きやすいんです!!

リナさん
ありがとうございます!

 

リナさん
これでオーリーさんが売り増しされた理由に納得がいきました!

 

オーリー
他にも売り増しした時の記事を載せておきますので、ぜひ併せて見てみてくださいね!

 

→エリオット波動からの売り増しについてはこちら

→10月13日のアメリカ株ダウの売り増しについてはこちら

→9月22日のアメリカ株ダウの売り増しについてはこちら

 

リナさん
そういやオーリーさん、私アメリカ株ダウを26978でエントリーしたんですが・・・

リナさん
正直ロスカットになるの怖くて、逆指値入れずに戻って利益出たのはいいんですけど、利益はわずかなんです。

 

リナさん
オーリーさん、トレードの正解を教えて下さい!

 

オーリー
次に説明していきますね。

 

スポンサーリンク

トレードに正解は無い

 

オーリー
リナさん、結論を言うと「トレードに正解は無い」です。

 

リナさん
えぇえ!?1+1=2になるように、トレードにも正解はあると思いますよ!?

 

リナさん
だって、リスク取るのって危険だから、なるべく安全にトレードすべきだと考えてるんですが・・・?

 

オーリー
トレードの世界では、1+1=2のように絶対的な正解なんてありません。

 

リナさん
でもリスクを抱えるのは良くないと思うんですが?

 

オーリー
リナさん、トレードにはどれもリスクはつきものです。

 

オーリー
大事なのは、「場によって自分も臨機応変に適応していく」ことになりますね。

 

オーリー
詳しくはこちらの記事でもお話してるので、ぜひご覧くださいませ。

→【FX】再現性のある必勝法で勝てるのか!?億トレーダーのスイングトレードの考え方とは?

リナさん
確かにすごく説得力あります。でも、オーリーさんは資金管理が大事って仰られてるし、一体どうしたらいいんでしょうか?

 

オーリー
まずは、僕の資金管理法についてしっかり読んでみてください。

→FXで負ける落とし穴とは!?勝てる資金管理を伝授!【初心者必見】

リナさん
ちょっと読んでみます!

 

〜数分後〜

リナさん
あれ?当たり前の事言ってるじゃないですか!?

 

オーリー
実は当たり前の事を話しています。しかし、負けてる人の大半は「当たり前の資金管理」ができていないんです。

 

リナさん
ギクッ・・・!

 

オーリー
多分リナさんにも心当たりがありますよね?

 

リナさん
確かに・・・・私は資金管理が大事・・・と思い込んでる割には、負けたときはロット数大きすぎましたね・・。

 

リナさん
あれ?なのにオーリーさんはロット数大きくして勝っている・・・?一体何が私と違うんでしょうか!?

 

オーリー
それはつまり、タイミングです。ロット張るにもタイミングを間違えればロスカットに繋がります。

 

リナさん
もう頭が混乱してきたじゃないですか・・。もっと詳しく説明していただけると嬉しいです。

 

オーリー
タイミングの重要性についてはこちらの記事でも説明してるので、ぜひご覧くださいませ!

→初心者がFXで勝てるには?【2019・株価予想】勝ち組の手法を教えます!

リナさん
ありがとうございます!また今日の話を整理しながら、復習として読んでみますね。

 

オーリー
今回の内容はこちらの動画でも解説してるので、ぜひご覧くださいませ。

 

リナさん
またしっかり見させていただきますね!

 

 

今回はオーリーがなぜ株価で積極的に売り増しをしたのか連動性を交えて解説しましたが、いかがでしたか?

これで初心者FXのトレードにおける臨機応変さやタイミングの重要性について理解ができたかと思います。

これからのトレードにぜひ活かしてくださいね!

億トレーダーが相場を実況中継!

日々相場の予想を配信していますので、
ぜひフォローよろしくお願いします♫

↓↓オーリーch Twitterフォローする↓↓

無料サインツールプレゼント

LINE@を友達追加すると
億トレーダーが作ったサインツール
《オリスキャ2》をプレゼント!

↓↓オーリーchLINE@ 友達追加↓↓


最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

 

おすすめの記事