FXや株で爆益を出す資金管理法は?【2019年・予想】勝ち組の手法を公開!

【オーリーch公式ブログ】ーFX・株 リアルチャート予想ー
こんにちは!オーリーです。

今回はFXで、天井から大きく爆益を出すための考え方や資金管理についてお話していきます。

初心者もこちらの記事を読むことで、グランビルの法則エリオット波動、大きなチャンスで爆益を出す資金管理法が身につきますので、ぜひ最後までお読みくださいませ^^

↓↓↓YouTubeのチャンネル登録はこちら↓↓↓
⇒オーリーの公式動画配信

 

では、今日のお話に入ります!!

ぜひ最後までお読みください^^

スポンサーリンク

なぜオーリーはいつもトータルで勝てる?その秘訣とは?

タカシさん
オーリーさん、こんにちはぁ

 

オーリー
タカシさん、こんにちは!顔色悪いですけど、大丈夫ですか!?

 

タカシさん
アメリカ株ダウを26876でエントリーしてたんですが・・・

 

タカシさん
もう4連敗して、もう心が折れました。

オーリー
あらら・・・それは本当に辛いですね。

タカシさん
なのにオーリーさんは僕と違って、なぜ損切りを喰らっても利益を出して攻められるんでしょうか・・・?

 

オーリー
僕も損切りを喰らいましたが、アメリカ株ダウの利益でしっかりプラスになっています。

タカシさん
いやいや、凄すぎますよ!神トレードできるオーリーさんに勝てるように教えてほしいです!

 

オーリー
分かりました!今回はグランビルの法則エリオット波動資金管理を中心にお話していきますね。

 

タカシさん
はい!よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

現在のオーリーのポジション状況は?

 

オーリー
まず、アメリカ株ダウは先日、再び上昇ししました。

オーリー
しかし、僕は天井の27232のポジションはまだまだ保有しています。

タカシさん
オーリーさん、天井のポジションでかなり利益になってるじゃないですか!オーリーやや神!

 

オーリー
ありがとうございます。僕が天井で入れた根拠は覚えてますか?

 

タカシさん
えっと・・・あ!グランビルの法則4番ですね。

 

オーリー
正解です!ちなみにグランビルの法則4番はこちらで説明しています。

 

グランビルの法則4番についてはこちらをクリック!
グランビルの法則4番は、上昇トレンド中で勢いよく移動平均線から乖離したポイントを狙っていきます。 つまり、相場が過熱し上昇トレンドが続く中売りを仕掛けるということになります。

初心者の方なら、みんなが買ってるから買うという心理で取引をするのはスムーズに取引できても、みんなが買っているポイントで売りを仕掛けるこの4番はどこが天井か?という不安感もあり中々手を出しずらいポイントでもあると思います。

一体どんな法則となるのか見ていきましょう!

グランビルの法則4番とは?
グランビル4番は右肩上がりの移動平均線に沿って価格帯が上昇していく中、
移動平均線から大きく離れたポイントを売りで狙う目安としてみていきます。

4番の特徴として、右肩上がりの移動平均線から大きく乖離した時、自立反発し移動平均線まで戻るという特性を狙ったものになります。

ここでもポイントは、大きく乖離しているというところです。もちろん、ここで買いで狙っていってはいけません。

売りシグナルとなるので注意しましょう!

タカシさん
ありがとうございます!

 

オーリー
そしてアメリカ株ダウにエントリーした根拠は、他にも下記の記事でお話しています。

 

→金から見た根拠はこちら

→恐怖指数から見た根拠はこちら

→10月の法則から見た根拠はこちら

→今後のアメリカ株ダウの動向はこちら

タカシさん
あ、あとオーリーさんはも入ってましたよね?

 

オーリー
僕はも狙われてると勘違いされがちですが、実はマイナーな貴金属のパラジウムを狙ってます。

 

タカシさん
パラジウムって何でしたっけ?

 

オーリー
パラジウムについては、こちらの記事でお話しています。

→金ではなくパラジウムを狙った理由はこちら

→パラジウムについての説明はこちら

タカシさん
ありがとうございます。

タカシさん
あれ?オーリーさん先日パラジウムも上昇しましたが、そこはどうなってるんでしょうか?

オーリー
次に説明しますね!

 

スポンサーリンク

損切り分は「経費」と割り切れ!再エントリーでより天井から攻めるワケとは?

 

オーリー
パラジウム、僕は何度か損切りしました。

 

オーリー
しかし、パラジウムは上昇してもトータルでアメリカ株ダウで利益が出るように「すくみ」で狙いました。

タカシさん
すくみ・・・?

 

オーリー
すくみとは両建ての進化形です。すくみについてはこちらの記事でお話しています。

 

→すくみについてはこちら

タカシさん
ありがとうございます。つまり、どのような状況でもアメリカ株ダウでプラスになるような仕組みだったんですね!

 

タカシさん
さすが億トレーダーオーリーさんです!

 

オーリー
ありがとうございます。もちろんパラジウムの損切り分は経費として割り切って、最初よりも高値天井で再エントリーできました。

 

タカシさん
おお!!

 

オーリー
そして再エントリー後、しっかり落ちてきてくれました。

※エントリー時は2019年10月17日。現在は頭を冷やすため、一旦撤退しています。

 

タカシさん
オーリーやや神!

 

オーリー
アメリカ株ダウやパラジウムの暴落を取り切れば、損切り分に合わせて大きな利益も出せるわけです。

 

タカシさん
でもオーリーさん、なぜ上昇しても攻め続けることができるんでしょうか?

 

オーリー
次に説明していきますね。

 

スポンサーリンク

諦めずに攻め続けられる2つの根拠を紹介!

オーリー
僕が諦めずに攻めていける理由には、2つの面があります。

 

タカシさん
2つの面とは何でしょうか?

 

1.資金管理面

 

オーリー
まず、僕は口座にはそこまでお金を入れてませんでした。

 

タカシさん
え?なぜ口座に入れるお金を少なくしてるんでしょうか?

 

オーリー
もし口座に多くお金があると、欲張ってロットを大きく張ってしまうからです。

 

タカシさん
確かに、8月のオーストラリア株に比べたらロット数小さいですもんね。

 

オーリー
イメージでは1000万円の束をいくつも持ってて、1回に口座に入れるお金は1000万円1束を入れるイメージです。

 

オーリー
つまり損切りになってもまだ1000万円のセットがあるので、グランビルの法則4番の反発で大きく攻める力を温存できるんです。

 

タカシさん
なるほど!!だからオーリーさんは折れずに攻め続けることができるんですね!

 

オーリー
そしてもう一つ、エリオット波動から見た面があります。

 

タカシさん
エリオット波動?

 

オーリー
次に説明します!

 

スポンサーリンク

2.エリオット波動から見た面

 

オーリー
実はパラジウムは、月足でエリオット波動5波形成を描いてます。

 

オーリー
5波目トレンドのクライマックスで、そこからバブル崩壊する傾向があります。

 

タカシさん
つまり、エリオット波動が出てるからオーリーさんは自信があるというわけですか?

 

オーリー
そうです!オーストラリア株も、実は月足のエリオット波動5波目を狙って一撃1億円取れたんです。

タカシさん
そういうことだったんですね!

 

オーリー
ちなみにエリオット波動の特徴については、下記の記事でお話しています。

→【FX・株】エリオット波動で株価暴落を取るコツを伝授!

オーリー
そしてオーストラリア株一撃1億円取ったことは下記の記事でお話しています。

→オーリーが一撃1億円達成!オーストラリア株の利食い根拠を詳しく解説!

 

タカシさん
ありがとうございます!

 

タカシさん
オーリーさん、エリオット波動やすくみについて詳しい解説ありがとうございました!

 

タカシさん
でも、正直自分一人でこれから勝ち続けられるか、自信が無いんです。

 

オーリー
実は、オンライン型のコミュニティ「オーリーサロン」を始めました!

 

タカシさん
え!?オーリーサロンって何ですか!?

 

オーリー
サロンではタカシさんのトレードを、僕以外にも全国のトレーダーに見てもらえます。

 

タカシさん
おお!それはすごく興味あります!

 

オーリー
オンラインサロンでより深くテクニカル分析の勉強をしています。詳細はこちらで説明しています!

 

タカシさん
ありがとうございます!

 

オーリー
そして今回の内容は、こちらの動画でもお話しています。

 

タカシさん
復習として、しっかり見させて頂きますね!

 

 

今回はFXで、天井から大きく爆益を出すための考え方や資金管理についてお話してましたが、いかがでしたか?

これで初心者グランビルの法則エリオット波動、大きなチャンスで爆益を出す資金管理法がしっかり理解できたかと思います。

ぜひこれからのトレードに活かしてくださいね!

億トレーダーが相場を実況中継!

日々相場の予想を配信していますので、
ぜひフォローよろしくお願いします♫

↓↓オーリーch Twitterフォローする↓↓

無料サインツールプレゼント

LINE@を友達追加すると
億トレーダーが作ったサインツール
《オリスキャ2》をプレゼント!

↓↓オーリーchLINE@ 友達追加↓↓


最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

おすすめの記事